金持ちと一般人の違い - 必要なものvs. ほしいもの

今日のユニークな考え方を持っている人に接するようになりました。 ドメインを生涯無料で使用する方法を見つけることの方がたんです。 Freenomようなサイトから無料でドメインを登録することができますが、テストの目的で使用するのに適しています。 .com、.co.krなどのドメインは有料で登録する必要が、その期間中に使用することができます。 無料でこんなドメインを登録してくれるところは見たことがありません。

古代ディ 同じメーカーを使用すると、ドメインを安価に登録することができます。 Bluehost(Bluehost)の場合は、Webホスティングに加入すると、ドメインが無料ですが、ドメイン登録料は、Webホスティング費用に含まれていたと解釈することが合理的である。

VPNを使用して米国のIPアドレスでGoogleにアクセスして「cheap domain registration」を検索すると、1ドル程度でドメイン登録が可能なところもあります。 この方法を教えてくれると、「無料の安いもの」という異色的な答えをしますね。

無料サービス

少し考えてみると、程度の違いはありますが、無料を望む心理は誰にでもあるようです。 このサイトには「サービスお問い合わせ」ページがあります。 多くの人が「サービス=無料」という認識を持って無料でサービスをしてほしいと要請しています。

そんなお問い合わせをいただくとサービスは有料なので、一般的なお問い合わせはこのブログのいずれかの投稿にコメントでつけていただければ回答をいただくと返信します。 どんな方がこんな返信に対して「じゃあお金をあげればサービスを提供してくれるの?」というように聞いてきたことがありました。 私が必ずお金を明らかにする人であるかのように扱い、まったく返事をくれませんでした。

「世界に無料はない」という言葉がありますが、「無料を望む人は多い」ことを感じる時があります。

次は150万人以上の者を置いているイギリス人黒人有チュボの金持ちと一般人の間の違いについて知らせているYouTubeの映像です。

数ヶ月前にこの映像を報告するのを忘れていましたが、今日は突然思いました。 この方が指摘する金持ちと一般人の違いの一つは、「必要なものを購入するのか、それとも欲しいものを購入するのか」です。

Rich people only buy what they need。 Normal people on the other hand buy what they want。

「金持ちは必要なものだけを購入しますが、一般の人は欲しいものを購入します。」 クマが考えてみると本当に合うようです。

大学生時代の時、「学生なのでお金がない」という言葉をよくしましたが、少し詳しく覗いてみると「学生なのでお金がないのではなく、欲しいものにお金を消費してみると必要なものを購入するお金がないこと」がファクトのようです。

私は実際にそうでした。 お酒を飲んだり、無駄なものを購入することを最小化し、お金を惜しんだが、必要なものがあるとき購入すべきですが、普段の私が欲しいものを購入してみると、いざ必要なものを購入していないことが多かったようです。

数千ウォンを与え、コーヒーを飲み、数万ウォンを与え、お酒を飲むお金は惜しみなくドメインを登録する費用が惜しく思われるなら、「金持ちは必要なものだけを購入するが、一般人は欲しいものを購入する」という言葉を覚えているするといいと思います。

私は金持ちになることに興味がありません(実際にはそう能力がありません)、不必要な消費を減らすために、もう少し気を使わなければならという思いがしますね。

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

1のコメント

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます