ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

法定負担金未納が違法事項ではない?

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

法定負担金

ナ・ギョンウォン自由韓国党議員が父親所有のホンシン学園法定負担金未納論議について、「違法行為ではない」と釈明した。

法定負担金が何だろう気にして、検索してみると、以下のような説明がありますね。

法定負担金とは教職員年金負担金、健康保険負担金、災害補償負担金など法規に定められた負担金により、学校法人に付与された一定の割合の負担金を未納時不足額は、事実上教育庁で納付しているのが実情である。

ナ・ギョンウォン議員実測は「全国90.5%の法人が法定負担金を完納していないのが現実だ」と説明しました。 「列の九この法律で定められた法定負担金を出さずにいるのに、なぜ自分持ってそうか?」というニュアンスが感じられますね。

法定(法定)負担金とは、文字通り、法で定める(定)した負担金という意味ですが、法定負担金を出さなくても違法ではなく、お前さっさと理解するのは容易ですね。

24億滞納が高かどうかかどうかは不明だが、なぜされた裁判官を務めた方が他の模範となって法律を遵守しなければならが、「法定負担金未納が違法事項ではない」と主張するのはあまり見る良いではないようです。

「ノブレス・オブリージュ」を実践する姿を見せてくれればどのようでしょうか?

ジョー民政首席の自由韓国党の攻撃は、その火の粉がむしろ私議員に弾ける結果につながっていますね。

オウン



コメントを残す

コメント