ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

発展のために定石を忘れなさい

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

生活の中で、定石(定石)という用語が頻繁に使用んですが、この用語は、囲碁に由来したもので、事前に次のように定義されています。

  1. 囲碁で攻撃と守備に最善という、一定の方法で石を置く方法。
  2. 物事の処理において、一定に決められた方式。

囲碁の入門と定石から学びます。 しかし、一方では、「定石を忘れてしまえ」という教えがあります。

以下は、囲碁新聞に記載された「定石を知っている私次は忘れてしまえ」という囲碁エッセイです。

定石を知っている私次は忘れてしまえ

BC 227年。 日剛性なる秦の威勢に恐れを感じた燕国太子団は秦王チョン(後秦の始皇帝と称号を得たもの)を暗殺しようと暗殺者形加減を送った。 型いく始皇帝の歓心を買うために秦の燕国に亡命してきた回来る将軍の頭と秦に捧げるという燕国の肥沃な土地の地図をプレゼントに持っていった。
「オホ! 健気て······。 さあ単位で出てくる私の近くに来なさい!」
始皇帝は満足げな微笑を浮かべて、自分を殺してきた形加減を友好た。 ところが、秦の始皇帝が地図を広げた瞬間、その中にこっそり隠しておいた短剣が床で取引落ち型いくまっすぐ走って、その短剣を拾って、始皇帝の胸に向かってじっくり刺した。 しかし、地市況の袖も長くずっと破れる風に刃先が彼の体に触れなかった。
びっくりした始皇帝は椅子から立ち上がって大きな柱の間の間逃げ、型いく彼を殺し者追いかけた。 しかし、家臣と護衛武士は誰も敢えて単位に上がって、始皇帝を助けてくれなかった。 秦の国の法律には、誰でも王がある壇上の上に登ることができないようになっていたからである。
秦の始皇帝が小さなナイフを持った形加減に単相上で前後に追い続け記者どの臣下が緊急声で叫んだ。
「早くガレージのある刀を抜いソーサー!」
しかし、始皇帝は鞘が長すぎてナイフを抜くことができなかった。
「など多外装を背負ったままのナイフを抜くドゥェオプニダ!」
誰かまたこう叫んだ。
始皇帝はその言葉を聞くやいなやいち早く、長い切れ目を磁気などの背後に向かって剣を上にすっと保持抜いた。 そうは短剣を拾って取り組む形加減に長い剣を利用振り回し致命傷を負わせた。 まもなく飛びつい臣下たちの手によって型いく息が切れた。
ようやく死の峠を越した始皇帝は、その腹いせでわずか下にあった護衛武士を全部殺してしまった。 いくら国の法律がそうだとしても暗殺者に追われる王を助けてくれず見物だけということについて、始皇帝は到底耐えられなかったからである。
囲碁の定石を柔軟ず無条件ありのままだけ行おうとするかのように国の法律に基づいて単位上がらずじっと見てだけいた始皇帝の護衛武士たちはこう虚しい死を迎えてしまったのだ。
定石を知ってからは忘れてしまえ! これ定石自体をお忘れの意味ではなく定石を知って置き、より柔軟に適用するようにという意味だ。

文:囲碁学博士イ・サンフン(原文)

「定石をお忘れ」という言葉は、定石自体をお忘れでは言葉ではなく、定石を身につけて柔軟に適用することを意味するとすることができます。 囲碁で定石を知らなければ、床を見ることができますが、一方で、あまりにも定石通り囲碁をしておくと、一定レベル以上の発展を期待するのは難しいことができます。

最近アルファとの登場で定番の観点にも変化があると思われます。 特にアルファとゼロは、人間の棋譜を生でひたすら囲碁のルールだけを持って自ら学習して、既存のアルファ選ぶ越え話題になっています。

発展のために定石を忘れてしまえ2
アルファとゼロのイメージ。 ソース=ディープマインド

人間が何千年に渡って経験と学習を介して行われたことを短時間で超え人工知能(AI)を見ながら、恐怖さえ感じます。



コメントを残す

コメント