ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

パク・クネ大統領弾劾憲法裁判所ソンゴムン[プロ]

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
パク・クネ大統領弾劾宣告
3月10日、ソウル鍾路区憲法裁判所で開かれたパク・クネ大統領の弾劾審判要点肉日に参加したイ・ジョンミ憲法裁所長権限代行が判決文を読んでいる場面。 写真=フォーカスニュース

以下はグンヒェ大統領弾劾憲法裁判所ソンゴムン専門です。

ソンゴムンが無駄がなく、必要な事項のみよく表現されているようです。 宣告よ指紋は李政美権限代行が最後まで修正をしたね。 例えば、メディアに実際に配置したことは、「今まで 大韓民国国民方も多いの焦燥と苦​​悩の時間を過ごしたのだ」とされているが李政美代行が読んだシーンでは、 「国民の皆様もお裁判所と同様に」という表現がより入っていて、憲法裁判所の宣告が激しい過程を通じて出てきただけに公平であるということを迂回的に表現したかったようです。

裁判所ソンゴムンが難しい用語が多く使われて「故意がないとないていないことができない」のようにあいまいな表現を使用して責任回避性フレーズがたまに使用され、憲法裁判決は、理解しやすく、比較的明確に作成された印象を受けました。


今から2016ホンナ1大統領朴槿恵弾劾事件の判決を開始します。 宣告の前に、この事件の進行経過について申し上げます。 私たちの裁判官は、過去90余日間、この事件を公正かつ迅速に解決するために全力を尽くしてきました。 今まで大韓民国国民方もお裁判所と同様に多くの焦燥と苦​​悩の時間を送られたであろうと思います。 私たちの裁判官は、この事件が裁判所に受理された昨年12 9.以降、今日まで休日を除く60日間毎日裁判官評議を行いました。 裁判の過程の中で行われたすべての進行との決定に裁判官全員の議論を経ていない事項はありません。 私たちは、その行った三回の準備期日と十七回の弁論期日を開いた。 その過程で、請求人側証拠甲第174号証に至る書証と5人の証人、1件の文書送付嘱託決定と60件の事実照会決定、被請求人側証拠を第17号証に至る書証と十七人の証人(アンジョンボム重複する6人)、68件の文書送付嘱託決定と48,000件の事実照会の決定を通じた証拠調査をし訴追委員との両方の代理人の弁論を聞くしました。 証拠調査された資料は、40以上の方に達し、当事者以外の方が提出した嘆願書などの資料もXNUMX箱の分量に達します。 大韓民国国民皆知っているように、憲法は大統領を含め、すべての国家機関の存立根拠であり、国民はそのような憲法を作り出す力の源です。 裁判所はこの点を深く認識しつつ、歴史の法廷の前に立つ当事者の心情では宣告にあるたいと思います。 当裁判所は、国民から与えられた権限に基づいて行われる今日のこの宣告が、それ以上の国論分裂と混乱を終息させ、調和と癒しの道に進む基礎になることを願います。 また、いずれの場合も、法治主義は揺れてはならない、我々はすべて一緒に守っていくべき価値があると思います。

今から宣告を開始します。 まず、この事件弾劾訴追案の可決手順に関連して欠陥がないか調べてみましょう。 訴追議決書に記載された訴追事実が具体的に特定されないした点について説明します。

憲法上の弾劾訴追事由は、公務員がその職務の執行に憲法や法律に違反した事実であり、ここで、法律は刑事法に限定されません。 そして弾劾決定は、対象者を公職から罷免することであって刑事責任を問うことは、ありません。 したがって、被請求人[朴槿恵]この防御権を行使することができ、審判対象を確定することができるほど事実関係を記載します。 この事件訴追議決書の憲法違反行為の部分が明らかにタイプ別に区分されていない側面がなくはない、法律違反行為の部分と総合してみると、訴追理由を特定することができます。

次に、この事件弾劾訴追案を議決した当時、国会法制司法委員会の調査もせずに控訴状と新聞記事程度の証拠として提示されたことについて説明します。 国会の意思手続きの自律は、権力分立の原則を尊重する必要があります。 国会法によっても弾劾訴追発議時事由調査するかどうかは、国会の裁量で規定しているので、その議決が憲法や法律に違反したものと見ることができません。

次の事件訴追議決が何の議論なしに進行された点について説明します。 議決当時の状況を見ると、議論せずに採決が行われたことは事実や、国会法上必ずしも議論を経なければならないという規定はなく、事前に賛成または反対の意を国会議長に通知し、議論することはできます。 ところが、当時の議論を希望した議員は一人もいませんでしたし、国会議長が議論を希望するようにしたこともありませんでした。

弾劾事由は、個々の事由別の議決手続きを経なければならなのに複数の弾劾事由全体に対して一括して議決したのは違法であるという点について説明します。 訴追事由が複数ある場合事由別採決するのか、いくつかの理由を一つの訴追案に投票するかは訴追案を発議する国会議員の自由な意思に付いものであり、投票の方法に関するいかなる明文規定もありません。
8人の裁判官による宣告が9人で構成され、裁判所から公正な裁判を受ける権利を侵害したという点について見てみましょう。 憲法裁判所は、憲法上のXNUMX人の裁判官で構成されています。 ところが、現実的に裁判官の公務上の出張や病気や裁判官退任後、後任裁判官任命まで間のスペースなど、いくつかの理由で、一部の裁判官が裁判に関与することができない場合は、発生する可能性しかありません。 憲法と法律では、このような場合に備えた規定を設けています。

弾劾の決定をするときは、裁判官6人以上の賛成がなければならず、裁判官7人以上の出席で事件を審理すると規定しています。 XNUMX人の裁判官がすべて参加した状態で裁判をすることができるまで待たなければならないという主張は、現在のように大統領権限代行が憲法裁判所長を任命することができるか議論がされている状況では、最終的には心理をしないという主張であって、弾劾訴追による大統領の権限停止状態という憲政危機的状況をそのまま放置する結果になります。 XNUMX人の裁判官で、この事件を審理して決定するために、憲法と法律上何の問題もない以上、憲法裁判所としては憲政の危機状況を継続して放置することはできません。 次に、国会の弾劾訴追可決手順に憲法や法律に違反した違法がなく、他の適法要件にどのような欠陥もありません。

今弾劾事由について説明します。 まず弾劾事由別被請求人の職務の執行において憲法や法律に違反したのか見てみましょう。

公務員任免権を濫用して職業公務員制度の本質を侵害したという点について説明します。 文化体育観光部ノ局長となった課長が被請求人[朴槿恵]の指示に従ってムンチェクソン挨拶をされて、ノー局長は、最終的に名誉退職し、長官だったユジンリョンは免職され、大統領秘書室長ギムギチュンが文化体育観光部第1次官に指示して1級公務員六人から辞表を提出させて、そのうちの1人の辞表が受理されたという事実は認められます。 しかし、この事件に現れた証拠を総合しても、被請求人がノー局長となった課長がチェソウォンサイクス追求の妨げになったので、挨拶をしたと認めには乏しく、ユジンリョンが解任された理由やギムギチュンが六人のXNUMX級公務員から辞表を提出受ける理由も明らかではないです。

言論の自由を侵害したという点について説明します。 請求人は、被請求人が圧力を行使して、世界日報社長を解任したと主張しています。 世界日報が青瓦台民政首席秘書官室で作成したジョンユン回文書を報道した事実と被請求人が、これらの報道について、大統領府文書の外部への流出は国旗乱れ行為であり、検察が徹底的に捜査して真実を明らかにすべきだとし、文書の流出を非難した実際には認められます。 しかし、この事件に現れたすべての証拠を総合しても、世界日報に具体的に誰が圧力を行使したのか明らかでなく、被請求人が関与したと認めるに足りる証拠はありません。

次の歳月号事件に関する生存権保護義務と職責誠実義務違反の点について説明します。 2014. 4. 16.歳月号沈没し、304人が犠牲にされる惨事が発生しました。 当時被請求人は、官邸にとどまっていました。 憲法は、国家は、個人が持つ不可侵の基本的人権を確認し、これを保証する義務をなる規定しています。 歳月号沈没事件は、すべての国民に大きな衝撃と苦痛を与えてくれた惨事という点でどのような言葉でも犠牲者を慰めには足りないでしょう。 被請求人は、国家が国民の生命と身体の安全保護義務を忠実に履行することができるように権限を行使して職責を実行しなければならない義務を負担します。 しかし、国民の生命が脅かされる災害の状況が発生したとして被請求人が直接救助活動に参加しなければならするなど、具体的で、特定の行為の義務まですぐ発生すると表示は困難である。 また、被請求人は、憲法上の大統領としての職責を誠実に実行する義務を負担しています。 ところが、誠実の概念は比較的で抽象続い誠実な職務遂行の義務のような抽象的義務規定の違反を理由に弾劾訴追をすることは難しい点があります。 憲法裁判所は、すでに、大統領の誠実な職責遂行義務は規範的で、その履行が貫徹されることがないので、原則として司法判断の対象となることがない、政治的無力や政策決定上の誤りなどの役職実行の誠実かどうかは、それ自体では訴追理由になることがないしました。 歳月号事故は悲惨極まりないないが、年月号惨事当日被請求人が職責を誠実に遂行したかどうかは、弾劾審判手続の判断対象とされていないとします。

これからは被請求人のチェソウォンの国政介入を可能にと権限の濫用について見てみましょう。 被請求人に報告されている書類は、ほとんどの部品秘書官ジョンホソンが被請求人に伝えたが、ジョンホソンは2013年1月頃から2016年4月頃まで、様々な人事資料、閣議の材料、大統領海外歴訪の日程と米国国務長官と会見資料など公務上の秘密を含んでいる文書をチェソウォンに伝えました。 チェソウォンは、その文書を見て、これに関する意見を与えたり、内容を変更したりしており、被請求人のスケジュールを調整するなどの職務活動に関与することもしました。 また、チェソウォンは公職の候補者を推薦することもしたが、そのうちのいくつかは、チェソウォンの利権追求を助けた。 被請求人は、チェソウォンからケイディ・コーポレーションという自動車部品会社の大企業配達を頼まれてアンジョンボムをさせて、現代自動車グループのお取引をお願いしました。 被請求人は、アンジョンボムに文化と体育関連財団法人を設立するように指示をして、大企業から486億ウォンを出演受け、財団法人ミール、288億ウォンを出演受け、財団法人ケイスポーツを設立することにしました。 しかし、二つの財団法人の従業員任免、事業推進、資金執行機関、業務指示など運営に関する意思決定は、被請求人とチェソウォンがし、財団法人に出演した企業は、全く関与していませんでした。 チェソウォンはミールが設立される直前に、広告会社であるプレイグラウンドを設立し、運営している。 チェソウォンは、自分が推薦された役員を介してミールを掌握して、自分の会社であるプレイグラウンドと請負契約を締結するようにして利益を取りました。 そしてチェソウォンの要求に応じて、被請求人は、アンジョンボムを通じてケイティに、特定の人2人を採用することにした後、広告関連業務を担当するように要求しました。 その後、プレイグラウンドはケイティの広告代理店に選ばれケイティから68億ウォンにのぼる広告を受注しました。 またアンジョンボムは、被請求人の指示に現代自動車グループのプレイグラウンド紹介データを送信し、現代と起亜自動車は、新生広告会社であるプレイグラウンドに9億ウォンに達する広告を発注しました。 一方、チェソウォンはケイスポーツ設立日前ブルーケイを設立し、運営している。 チェソウォンは老僧日朴憲永をケイスポーツのスタッフとして採用して、よりブルーケイと業務協約を締結するようにしました。 被請求人は、アンジョンボムを通じてグランドコリアレジャーとポスコがスポーツチームを創立するようにして、よりブルーケイがスポーツチームの所属選手のエージェントや運営を任せるようました。 チェソウォンは、文化体育観光部第2次官キム・ジョンを通じて地域スポーツクラブ全面改編の文化体育観光部の内部文書を渡してもらい、ケイスポーツがこれに関与してブルーケイが利点を取る方案を用意しました。 また、被請求人は、ロッテグループ会長の毒に対して5台の拠点体育人材育成事業と関連河南に体育施設を建設しようとしたら資金を支援くれと要求してロッテはケイスポーツに70億ウォンを送金しました。

次に、被請求人のこのような行為が憲法と法律に違反するかを説明します。 憲法は、公務員を「国民全体の奉仕者」と規定して、公務員の公益実現の義務を明らかにしており、この義務は、国家公務員法と公職者倫理法などを通じて具体化されています。 被請求人の行為は、チェソウォンの利益のために、大統領の地位と権限を濫用もの公正な職務遂行とすることができず、憲法、国家公務員法、公職者倫理法などに違反したものです。 また、財団法人ミールとケイスポーツの設立、チェソウォンの利権介入に直、間接的に助けを与えた被請求人の行為は、企業の財産権を侵害しただけでなく、企業の経営の自由を侵害したものです。 そして被請求人の指示や放置によって職務上の秘密に該当する多くの文書がチェソウォンに流出したことは、国家公務員法の守秘義務に違反したものです。

今まで見た被請求人の法違反行為が被請求人を罷免するほど大きいのかについて説明します。 大統領は、憲法と法律に基づいて権限を行使しなければならないのはもちろん、公務遂行は透明に公開し、国民の評価を受けてください。 ところが、被請求人は、チェソウォンの国政介入の事実を徹底的に隠し、それに関する疑惑が提起されるたびに、これを否定し、むしろ疑惑提起を非難しました。 これにより、国会などの憲法機関による牽制やメディアによる監視装置が正常に動作することができませんでした。 また、被請求人は、ミールとケイスポーツ設立、プレイグラウンドとブルーケイとケイディ・コーポレーションサポートなどチェソウォンサイクス追求に関与してサポートしました。 被請求人の憲法と法律違反行為は、在任期間にわたって継続的に行われ、国会とマスコミの指摘にもかかわらず、むしろ事実を隠蔽して関係者を取り締まるてきました。 その結果、被請求人の指示に従ったアンジョンボム、キム・ジョン、ジョンホソンなどが腐敗犯罪容疑で拘束起訴された重大な事態に至りました。 これらの被請求人の違憲・違法行為は台民主制の原理と法治主義の精神を毀損しています。 一方、被請求人は、対国民談話で真相究明に最大限協力するとしたが、いざ、検察と特別検査の調査に応じず、大統領府の押収捜索も拒否しました。 この事件訴追事由と関連した被請求人の一連の言動を見ると、法律違反行為が繰り返されないようにすることが憲法守護の意志が現れません。
結局、被請求人の違憲・違法行為は、国民の信任を裏切ったこと憲法守護の観点から容認できない重大な法律違反行為だと見なければします。 被請求人の法違反行為が憲法秩序に及ぼすマイナスの影響と波及効果が大きいので、被請求人を罷免することにより、得る憲法守護の利益が圧倒的に大きいとする。

これ裁判官全員の一致した意見で注文を宣告します。

被請求人の大統領朴槿恵を罷免する。

この決定には、裁判官ギムイス、イ・ジンソン、安昌浩の補充意見があります。 この決定には、年月号の惨事に関連して、被請求人は、生命権の保護義務に違反していないが、憲法上の誠実な職務遂行の義務と国家公務員法上の誠実義務に違反し、ただし、そのような理由だけでは波面の理由を構成するのは難しい裁判官ギムイス、裁判官イ・ジンソンの補充意見があります。

[省略](その趣旨は、被請求人の生存権保護義務違反を認めていないのは、法廷意見と同じで、被請求人が憲法上、大統領の誠実な職責遂行の義務と国家公務員法上の誠実義務に違反したが、この理由だけでは波面の理由を構成する難しいが、将来の大統領が国家危機状況で職務を不誠実に実行しても構わないという誤った認識が、私たちの遺産に残されて多くの国民の生命と安全が失われる不幸なことが繰り返されてはいけない時期に被請求人の誠実な職責遂行義務違反を指摘するという内容です。)

また、この事件弾劾審判は保守と進歩は、理念の問題ではなく、憲法秩序を守護する問題で政治的弊習を清算するために波面の決定をするしかないという裁判官安昌浩の補充意見があります。

これで宣告を終了します。 (11時22分終了)



コメントを残す

コメント