ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

米国線、iPhone 7無料... 韓国では?

Last Updated:2020年11月15日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

米国移動通信会社であるベライゾン、AT&T、Tモバイルは16日、iPhoneの7一般販売を控えて一斉に「無料フォン」のマーケティングを広げて、以前のモデルであるiPhoneの6を返却し、2年契約をすると、iPhone 7新製品を無料で与えるプロモーション行事を進行したとします。

日本でも2年契約で新規加入した顧客を対象にした破格的な割引プロモーションを実施して、iPhone 7 32ギガバイト(GB)の製品を1万800円(約11万7300ウォン)で販売したとしますね([出処:中央日報] [イシューインサイド] iPhone 7 2年約定に美」無料」、日'11万ウォン」、韓国は?)。

しかし、我が国では、小ロット法(端末流通構造改善法)の補助金上限額(現在33万ウォン)のためにそのような利点を享受するには、不可能と思われます。

しばらく前に、携帯電話を変えながら、iPhone 6Sを調べてみたが、高割賦元金のための他の携帯電話を選択しました。 今見てみると(SK基準で)、iPhone 6S 64Gの割賦元金がプランによって93万〜96万ウォンの間で、プランを高いものを使っても、公示支援金が6万ウォンしかないですねㅠㅠ

結局小ロット法はみんな認識しているように、全国民をホゲンにする悪法であることには間違いないようです。 それにもかかわらず、政府は家計通信費が減少したとし小ロット法が成功したと自評しています。 ガギェビが減った理由は小ロット法のために、最新の携帯電話を購入できず、比較的安価なスマートフォンを選択しもたらされた結果のように見えるのです。

月平均家計通信費の変化。 (Photo:韓国経済)
月平均家計通信費の変化。 (Photo: 韓国経済)

一方、今回の国政監査では、「国内移動通信加入者5人のうち4人が移動通信端末装置の流通構造改善に関する法律(小ロット法)の導入以来、通信費引き下げ効果を体感していないという調査結果が出た。小ロット法が実質的な家計通信費の削減効果をもたらした政府の主張と相反する。」という主張が提起されました。

しかし、いくつかの論文では、小ロット法の修正が消費者に不利益をもたらすことができるという奇妙な論理を伸ばしながら小ロット法をシールドしていますね。 おそらく政権が変わるまでは、小ロット法は変更または廃止される可能性は低く見えますね。

iPhoneの7は、米国で無料の携帯電話に解けたことに関連して、他の角度で分析したhackyaサイトの "アップルとサムスンが隠したい秘密「文も参照してください。



コメントを残す

コメント