お金をかけずに私の競争力を高める方法 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

お金をかけずに私の競争力を高める方法

Last Updated:2022年7月11日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

挨拶は非常に重要です。 しかし、最近、子供たちはあいさつをしないと言われています。 また、職場ではMZ世代が挨拶をうまくいかないと訴える場合もあります。

ある開発者コミュニティに挨拶をしない新入社員に関する質問に上がってきたことを見たことがあります。 挨拶をしない理由をそれなりに論理的に反論できるかもしれませんが、そんな人は重要なことを逃しているといえます。

挨拶をしない人が多い場合、挨拶はお金をかけずに私の価値を高め、競争力を高める良い方法になることができます。

お金をかけずに私の競争力を高める方法

お金をかけずに私の競争力を高める方法

ご存知のように、挨拶は礼儀の基本であり、人間関係の始まりと言えます。 挨拶は上司には尊敬を表し、同僚間には友愛を、そして顧客には信頼を形成する上で非常に重要な役割を果たします。

開発者コミュニティに挨拶をしないMZ世代についての文を見ながら多くの考えをするようになりました。 該当文で上司が該当職員を静かに歌って「朝に来るときに他の方々に挨拶したらどうだろうか?」と言ったら、該当新入社員が「あいさつは誰でも先にできるのでしょうか?

相手が先に挨拶すれば挨拶をするという意味で受け入れられますが。 おそらくそうすることが合理的だと思うようです。 しかし、その従業員はXNUMXつだけ知っていて、XNUMXつはわからないと言えます。

その従業員はお金がかかりやすく自分の価値を高める機会を逃しており、むしろ実力に比べて自分の価値を落としています。

挨拶をしないことは事実合理性の問題ではなく、基本的な家庭教育と靭性と関連があるとも言えます。

まず笑顔で「こんにちは」、「おはようございます」… 一言で言うことは大変ではなく、相手に良い印象を与え、人間関係をスムーズにすることができます。

挨拶をしないと、礼儀を知らず安くない人で烙印を撮られ、業務に関しても良い評価を受けることができない場合があります。 たとえば、上司の立場でXNUMX人の従業員のうちのXNUMX人を推薦する必要がある場合、実力に大きな違いがない場合は、挨拶をしない安価な従業員よりも人事性が明るい礼儀正しい従業員をお勧めします。

あいさつは習慣です。 最初はぎこちなく感じることができますが、どんどん見ると自然に挨拶を先に渡せるはずです。

挨拶は、職位告下を問わず、まず見れば挨拶することをお勧めします。 上司であれ、仲間であれ、または部下であれ、最初に挨拶をすることは、相手に良い印象を与えることができます。

挨拶をしないと、自分だけでなく両親まで悪口を食べさせることができます。

挨拶をしなければならないという考えを持っていたり、挨拶するのがぎこちないか恥ずかしい場合は、まず笑いながら挨拶することを試してみてください。 そうすれば、明らかに人間関係がより良くなり、雰囲気も良くなります。

最後に、

国語教科書や英語または他の言語教材で最初に扱う部分が挨拶です。 テレビで放映される旅行プログラムでも、挨拶は人間関係を形成する魔法の言語です。

そしてドラマでも成功する人は、まず挨拶を渡して相手に肯定的な印象を残す人物として描かれています。

あえて挨拶の重要性について詳しく説明しなくても、みんなよく知っているはずです。 挨拶をしない習慣を持っているなら、一度変えてみてはいかがでしょうか? 些細なように見えるかもしれませんが、小さなものが大きな違いを生み出すかもしれません。

参照



コメントを残す

コメント