ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

大法量刑上で「覆面デモ、加重処罰対象」と判断し

Last Updated:2020年11月15日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

覆面デモ

今後身元確認を避ける目的で覆うこと、フードなどで体の一部を隠したまま、不法集会・デモをした場合、計画的犯行で見より重く処罰することにしたそうですね。

最高裁判所量刑委員会(委員長イジンガン)は5日、最高裁の会議室で第74回全体会議を開催して 「公務執行妨害罪の量刑基準改正」を確定したとします。

イ・ジュヒ警察官(上等警察署の民願室)は、 "基ロドリゲスのリング、覆面不法集会デモはやめ」というタイトルの寄稿文を通じて「今回の量刑基準の変更に覆面をかぶったまま不法デモを行っ場合、既存の6ヶ月から1年6ヶ月の重い型が宣告されるので、もはや基ロドリゲスのリングの後ろに隠れず平和的なコンプライアンスデモ文化を作って行かなければならない時がないかならない」という意見を上げね。

これに対して 民弁は声明を通じて最高裁判所量刑委員会が議決した量刑基準改正に身元を隠すために、身体の一部を覆って公務執行を妨害した場合、処罰を強化するという内容があるとこれは国民の基本権を侵害する措置として撤回を主張したとします。

個人的には覆面をかぶったままデモするのは一種の匿名性後ろ隠れる行為に感じられて、今回の決定がどの程度妥当であると考えますね。 (参考までに、私は政治を全く好まず、普段の政治の話もほとんどありません。そう私は現在の与党をあまり好きではありません。)



コメントを残す

コメント