脳卒中ゴールデンタイム2時間以内、最大で捕まえても3~4.5時間に過ぎない - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

脳卒中ゴールデンタイム2時間以内、最大で握っても3~4.5時間に過ぎない

Last Updated:2022年5月8日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

映画俳優カン・スヨン(55)さんが去る5日脳出血による心停止状態で病院に運ばれて治療を受けて残念ながら7日午後3時目を閉じました。

脳出血は脳卒中の一つで、脳卒中は国内死亡原因4位に該当します。 脳卒中は大きく脳血管が詰まりながら脳の一部が損傷する脳梗塞と脳血管が飛び出すことで脳内に血があふれ、その部分の脳が損傷する脳出血に分かれているそうです。

脳卒中ゴールデンタイム2時間以内、最大で握っても3~4.5時間に過ぎない

脳卒中ゴールデンタイム2時間以内、最大で握っても3~4.5時間に過ぎない

私たちの脳細胞はわずか数分で血液供給が遮断されても損傷を受けることになり、一度死んだ脳細胞は蘇生できないので、脳細胞が周囲の血管から酸素と栄養分を受けて持ち上がることができる時間、つまりゴールデンタイムを守ることが何より重要であると専門家は口を集める。 脳卒中のゴールデンタイムは2時間以内であり、最大で握っても3~4.5時間に過ぎないということで、症状が現れたらすぐに大型病院救急室に行かなければなりません。

しかし、1時間以内に病院に到着しても脳細胞の大部分が損傷する場合もあり、ゴールデンタイムをしばらく経って治療を受けて回復する場合もあるそうです。

私の母親は約7年前の夏、夜明けに畑で仕事をして、脳梗塞に倒れました。 午前7時くらいに倒れたと推定されていますが、午前10時になって近所の人によって発見され、近くの病院に行きましたが、保護者が来てと言って1時間の距離にあった弟が病院に行って麻山の大きな病院に運びました。

その時刻がすでに午後3時を過ぎて、私は午後5時頃に病院で血栓溶解剤を投入して集中治療室に移すことに同意するかどうかを尋ねる電話を受けました。 意識を失った時刻からほぼ10時間が過ぎた時点でした。

午後5時になって初めて血栓溶解剤を投入して集中治療室に入院しました。 翌日、医師先生の御言葉が脳の深いところの大きな血管が詰まって手術が不可能で、あまりに遅く病院に到着したため、生き残る可能性が非常に低いと言っても、全身麻痺が来る可能性が高く、回復の可能性は100万人中1人ということでした。

事実上、回復が不可能だという言葉だったので、私ができる祈りしかありませんでした。 ところが、その日午後に詰まった部位の血栓が溶解し、一般病棟に病室を移すことができました。

以後、麻山で1ヶ月ほど治療を受けましたが、原因が見つからず苦労しています。 幼年期の熱病により、心臓弁の損傷が年齢とともに問題となったと推定された。 昨年5月に心臓弁の交換手術をし、今はたくさん好転しました。

一連の過程を経て、人命は在天という言葉があるように、人間の生死は人がどうすることができない領域であることに気づくようになりました。 20~30年前頃に心臓に異常があるようだという診断結果がありましたが、当時無視したことがこれらの結果を招くようになったようです。

ストロークの危険因子

最近では、若い年齢でも脳卒中の発生が増加すると言われているので、健康なときに正しい生活習慣をかけて危険因子を減らせば、予防に役立つと考えられています。

脳卒中を引き起こすほとんどの原因は、悪い生活習慣や慢性疾患と言われています。

  • 悪い生活習慣:喫煙、肥満、運動不足、誤った食習慣、ストレス、飲み過ぎ
  • 脳卒中を引き起こす慢性疾患:高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病、既存の脳卒中
  • 調節不可能な危険因子:年齢(年齢)、性別、人種、家族歴があり、年齢が多いほど脳卒中発生の可能性が増加し、50代以降は10年ごとにXNUMX倍ずつ高くなります。 男性が女性より高く、東洋人が西洋人に比べて脳卒中発生と脳出血の頻度が高い方です。
  • 調節可能な危険因子:高血圧、糖尿病、心臓疾患(心房細動、冠状動脈疾患など)、高脂血症、喫煙、肥満、頸動脈狭窄などで着実な薬物服用と生活習慣矯正で調節可能で、最も危険な因子は以前に脳卒中を一度と経験したことがある場合です。

ホン・ヘギルのYouTubeチャンネル「医学チャンネル雨の後」ではカン・スヨン氏の脳出血原因を「脳動脈瘤の破裂による脳出血」と強く疑われると明らかにしています。

参照



2のコメント

コメント

  1. 突然カン・スヨンさんが死んだとは実感が出なかったようです。
    我が国の映画を導いた女配位です。
    それだけ脳卒症、脳梗塞が恐ろしく感じられるようです。
    ミリ予防をするしかないようです。

    応答
    • 脳卒中が怖い理由はそれ自体でも怖いですが、経済的な負担も莫大かもしれません。 脳梗塞や脳出血の場合は、集中治療室に入院することがありますが、集中治療室の費用が100日24万ウォン近くになる可能性があるため(これを保証する保険がない場合)、高い病院費を請求することができます。 幸いなことに、数日後に目が覚めて一般の病室に移るとはわかりませんが、そうではなく、満月または数ヶ月の集中治療室に入院すると、経済的な負担が途方もなくなります。 私の母親は、集中治療室に滞在するのにXNUMX時間もかかりませんでした。

      応答