【ナクソジャン]聖書の中の賢い女たち

0

過去の家父長的な社会だったら、今日はフェミニズムが強気を成しています。 実際に、韓国だけでも、憲政史上初めて女性が国の首長である大統領を務めており、米国の場合、ヒラリー・クリントンが民主党の大統領候補として出てきて、米国初の女性大統領の座を狙っているので、現代社会では、女性のパワーについてあえて論ずる必要はないでしょう。

聖書には、数多くの人が登場します。 その中には名前だけ一度登場しては '再見ることができない」人物がいれば、ダビデやアブラハムのように、多くの分量にわたって詳細に言及されている人物もいます。 そして、カイン(カイン)やから、ユダのように呪いを受けた人物がいれば、ノア、イサク、ヤコブなど祝福を受けた人物も出てきます。 聖書の中に記録された歴史は単に過去の事で終わるのではなく、「すでにあったことが後に再度イトゲトゴすでに仕事をした後、再ハルチなさい」(伝道の書3:9)とか「何でも前に記録したバーでは、私たちの教えのための記録されたのだから "(ローマ15:4)という言葉のように、過去の記録から教訓を得ることができるようになっています。

聖書の中に多くの女性が登場し、その中では賢い行動や勇敢な行動に家を求めても国に求める歴史も記録されています。

賢い女を愛したダビデ

ダビデは、神が「私の心に合わせた人」とするほど、神の目にすべての行為が正しい人物でした。 そんなダビデが、ダビデが王になるまで多くの困難を経験しました。

ダビデが王になる前に、600人もの群れを率いてマオンという地方に住む頃のことでした。 そこには、ナバルという金持ちと美しく賢い妻のアビガイルが住んでいました。 ダビデは、その場所にかばうながら盗賊から周囲の人々の財産を保護しました。

ダビデは多くの群れを率いていたので、経済的に困難な中にいた模様です。 そんな中、ナバルが羊の毛を切るという知らせに負荷を送って、経済的な支援を与えることをお願いします。 しかし、ナバルは「ダビデは誰とエッサイの息子はヌグニョ?近日にそれぞれの所有者から、無理に残し紙たくさんある。私はどうして私のパンと私の羊毛刈り者のためにとった肉を持ってどこにからなのかも知らない人たちにくれるの?」という言葉ダビデとその部下をマスターを裏切って去っ些細不法集団に戦略させ嘲笑されます。

ダビデとアビガイル| Antonio Molinari
ダビデとアビガイル| Antonio Molinari作

ダビデは激怒して、軍事400を連れてナバルとその家全体を殺すことに決めています。 このようなニュースが種を介してナバルの妻であるアビガイルに伝わり、アビガイルは餅(パン)とワインなどを急いで用意してダビデに捧げるされ、これにより、家の中全体が滅族危機から外です。

しかし、ナバルは、このような事実も知らないままごちそうを施し、大きく取って楽しく遊んで翌朝にお酒が覚めた後に、妻から前日にあったことについて聞かされてナバルは熱流した後死ぬされます。 このニュースを聞いたダビデは、若い者を送り、アビガイルに提案して彼女を妻に迎えます( "賢い女を愛したダビデ| ダビデとアビガイル(ダビデの恋愛)"参照)。

一人の女性の知恵行動に家全体の人々の命を救うことができたし、その女性は、後で王になるダビデの妻までされている栄誉を享受されます。

姑を最後まで鳳陽して、イスラエルの系譜にまで上がったルツ

ルツ記は孝行を尽くして祝福を受けた一人の女性の話が記録されています。 エリメレクという人がその妻であるナオミと二人の息子マーロンとギロンを連れてモアブの野に行って住んでいました。 エリメレクが死に、二人の息子は、その地方の女性の中で妻を取りましたが、その名前はオルパとルツでした。

後にマーロンとギロン両方死んナオミは二人の嫁と一緒に残ります。 ナオミは故郷であるユダのベツレヘムに戻るにして嫁に自分の家に帰ることをお勧めします。 今日見ると、息子が死んで子がない場合は、ほとんどの女性が再婚を選択することになるでしょう。 したがってナオミの勧誘は極めて合理的なものと思われます。 姑の券面にオルパは泣きながら戻りますが、ルツは「母が行かれるところ私も行き、母が収容されるところで私収容挑戦である。あなたの民はわたしの民となり、母の神が私の神となられる」と言わしめされてルツの決意を確認したナオミは、嫁のルツと一緒に故郷に戻ります。

ボアズの畑で穂を拾うルツ| 図:Sweet_Media(Wikimedia commons)
ボアズの畑で穂を拾うルツ| 図:Sweet_Media(Wikimedia commons)

後にルツは豊かなボアズという人のお気に入りになって、最終的に結婚までになります。 ボアズはルツを介してオベデを生み、オベデはエッサイを生んエッサイはダビデをよくされます。 このようにルツの体を介して、ダビデの祖父であるオベデが生まれます。 それだけでなく、イスラエルの系譜に異邦の女として名前が上がるの名誉を得られます。

サルモンはラハブによってボアズを生み、ボアズはルツによってオベデを生み、オベデはエッサイを生んエッサイはダビデ王を産むなく(マタイXN​​UMX:1-5)

イスラエルは家父長的な社会だったため、女性の名前が系図に上がるのは非常に珍しいことです。 (ラハブ、ルツ、マリア程度ですね。)そして、ルツ記という別の本を介してルツの孝行が記録されています。 このように、ルツは死ぬまで姑を鳳陽する孝行によって、祝福を受けて、イスラエルの系譜にも上がってルツ記という本の主人公とまで登場することになります。

イスラエル民族を救った一人の女性の勇敢な行動

最近数年間TVをほとんど見なくてが、以前にTVを見ると、時折「エスター」という名前を持った芸能人や有名人がたまに登場することを見たことがあります。 エステルは、聖書に出てくる人物にエスドソに出てくる主人公でもあります。 エステルは、ペルシャ王国のアハシュエロスという王時王妃まで上がった女性です。 アラスに王は「クセルクセス1歳」であることが有力な説があります。 映画300に出てくるペルシャの王がクセルクセス1歳ですね。

エスドソはモルデカイという忠実なユダヤ人とハマンという取組みが登場します。 ハマンはアハシュエロス王の信任を得て全権をフィヅ正しくされなけれモルデカイというユダヤ人だけがハマンにひざまずかず窃盗ません。 これハマンが怒りてモルデカイだけでなく、ペルシャ帝国内のユダヤ人のすべてを全滅させるせようとする陰謀を飾るされ、王の調書を受けことになります。

このように、ユダヤ人全体が死ぬことができる絶体絶命の危機からモルデカイはエステルに助けを求めます。 エステルは3ことを断食し死ぬことに決心して王のもとに進めます。 ペルシャ王が呼ばれていない状態で王に進むと、王がグムホルを出さなければ殺すこと法でした。 当時エステルは30日間王の呼びかけを受けていない状態でした。 エステルは死ぬを覚悟して3こと断食後王のもとに進めます。

王宮中庭に来たエステルを見て、王はその姿が深く愛しっぽいのでグムホルを出すことされて、王はエステルにどんな庁かどうかを言葉だけと両方が含まれてくれるとします。 エステルはごちそうを施すので、王とハマンが参加することをお願いします。 ハマンは王妃の宴に招待された人は自分が唯一だと言い、好きですが、王侯の宴に参加したハマンは、その罪が明らかになり、むしろ殺されるようになります。 王はモルデカイに調書を再作成するようにして、ユダヤ人たちが消滅する危機に残します。 イスラエルの季節の一つであるプリムがこの事件に由来します。

エステルは王妃として、イスラエル民族が消滅を受ける状況を無視せずに死ぬと覚悟して王のもとに、ひいては、イスラエル民族を求めます。 このように一人の女性の勇敢な行動が、イスラエル全体を求めたものです。

凡そ賢い女性は、その家を建てれ愚かな女は自分の手でそれを許のである(箴言14:1)

凡そ賢い女は家を建てて国を起こし立てるために大きな役割をすることができますが、その逆の場合もあります。 歴史からも女性のために国が滅びた場合もたまに見ることができます。

現在、朴槿恵大統領に対して、多くの人の評判があまり良いはないようです。 おそらく最善を尽くしていらっしゃるが惜しいものもあるのが事実です。 この時までに、韓国の大統領の中で良い評価を受ける大統領はほとんどないようです。 残りの任期中賢く国政を施し列強の狭間の中できわどい綱引きをしているこの国をより部局に生まれ変わることができる基盤を用意することをフイマンヘます。