[落書き帳]恥ずかしい大韓民国 - 賃金滞納日本の10倍

Last Updated:2021年6月26日| | コメントを残す

4こと雇用労働部によると、2014年に韓国で賃金をきちんと受けていない労働者は、29万2千558人、未払いされた賃金額は1兆3千195ウォンに達したします。

これは日本と比較して10倍に達する水準で、韓国が経済規模の面で、日本の1分の3である点を勘案すれば、事実上、日本の30倍に達するとね。

事実、韓国で賃金をしたダブルないはがし見た人はないんじゃないと思われます。 周辺の人たちと話をしてみても、最初の社会生活をするときの賃金をきちんと受けていない事例が多いですね。

私も初めて翻訳の仕事を開始するとき、当時の製法大きな仕事件のページを受けられずテインことがあります。 そしてその後も国内企業と仕事する時の費用の支払いに関連して遅延される場合がありました。

現在、私は国内企業とは一切ことはありません。 主に米国と欧州地域の業者と働いて、中国と香港の顧客もあります。 中国とインドで翻訳比を適切に受けられないケースが多いという情報があったが、中国企業と仕事をしてコストを受けていない場合は、わずか1回のに十分信用が良い方です。

なぜ有毒韓国企業や個人が労働に対する正当な対価を与えないという認識を持った良心不良が多いのか理解ができません。 いくら大変でも賃金未払いのため、すぐに暮らすことが難しくなる庶民を考えると賃金未払いは当然消えなければならなります。

経済事情が突然難しくなり、避けられない事情で賃金を滞納する場合もありますが、個人的な経験ではほとんど「常習法」が多かったです。 かつて初心者の翻訳者に仕事を任せて常習的に連絡を切って費用を払わない人がいて記事化されたこともあるほど意外に良心不良者が多いようで残念です。


コメントを残す

コメント