【ナクソジャン]コンスと狙い

Last Updated:2023年07月17日| | コメントを残す

ああモルラン

囲碁には定石、潰水、狩猟水という用語があります。 定石とは、白黒が置かれたときに互いにバランスをとる数で、どちらか一方が有利になるか不利にならない数を意味します。 サンクは数自体がダメであることで相手をだましたり、相手のミスを誘発する数です。 狩猟水は吸水と違って数が成立し、相手の弱点を覗いて狙う数として「機会を狙って書く酒酒」と一般的に書かれています。 そして「罠」というものもあります。 艦艇は詐欺のような厄介な指数ではありませんが、罠を掘って相手が引っ掛かりたいという一種の「暗水」なのです。

昨日、朴槿恵大統領の談話を見ながら、大統領の提案がコンスのか狙いなのか、少し考えてみました。 それなりに下した結論は、コンスとハムジョンスの中間ではないかです。 ごり押し似ているが、野党が間違って対応することと、弾劾は、水渡っセヌリ党との交渉をするために時間を無駄にすることになると思われる。 そして法の枠の中で、大統領が退いていくことができる方法は、弾劾や改憲だが、たとえ改憲をしても、現職の大統領に適用することができるかどうかは別の争点になるので、事実上弾劾が唯一の道です。 このような点を考慮してみると、朴槿恵大統領が出した提案は、大きな狙いを持っていると思います。 (もちろん、朴槿恵大統領の頭から出てきたことが同じではありません。)

危機を免れるしようと一種の勝負を投げたが、むしろ国民の怒りを育てた結果が、取得した結果となりました。 囲碁では完全なゲームであれば、XNUMXつの反応を見せます。 きれい石を投げる人がいれば、局面を混乱作っ勝負を反転する勝負を投げたがないと、石を投げる人がいます。 最後に勝負が失敗して到底勝つことができなくても、最後まで汚くておく人がいます。 完全なゲームを最後まで握り場合悪口だけ入って食べます。

今あまり険しい目に遭いながら降りることができる機会がますます減るようです。

メモ: コンスは「もともとはならない樹脂だけ相手をだましたり、相手のミスを誘発するために作成することができ」という意味で囲碁置かれたとき多く使う言葉です。 主に「ケチ手段や方法」を称する意味で使います。 しかし、事前にケチ手段や方法」という意味がなく、「チェチェハン手段や方法」を指す言葉は「コンス」ではなく「コムス」と呼ばれます(参照).


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy