私は価値のある仕事をしているのだろうか?

3

テーブル

ほとんどの人が生活のために仕方なく行き当たりばったりの仕事をしています。 誰もが一度は自分がすることが何を意味があるか疑問を持って見たことがないだろうかと考えますね。

最近聞いた話が一つありますが、感じるところがあって思うようにプロットをここに書いてみます。

いくつかの作家に演劇演出をする友人がいました。 演出家の友人が家を自分が演出した演劇に招待しました。 作家は友人がいることが気にして快諾をして約束した日には少し早く劇場を見つけました。

しかし、あまりにも早く劇場に到着しました。 俳優たちがリハーサルをしながら練習をしていました。 ところが一方側での代謝もなく、テーブルにテーブル情報を広げる人が目立ちました。 作家は友人に「あそこのテーブル情報を広げる人もの俳優か?」と聞いてみるとそうだとします。 テーブル情報を広げる人は、いくつかの方法でテーブル情報を伸ばしながら練習をしていました。

演劇が始まると、作家はテーブル情報を広げる俳優が戯曲をするのか不思議に思っています。 最終的にテーブル情報を広げる俳優が肩にテーブル情報を担いました。 そして、テーブルと製法の距離でテーブル情報を投げることがありますか? ところが... 驚くべきことに、テーブル情報が文字で分類されたように、テーブルを覆っています。

ちょっとの静的... そして嵐のような拍手が巻き起こりました。

テーブル情報を広げる学ぶ短い時間出演して代謝一言せずテーブルを伸ばしていく役割を務めました。

俳優なら誰代謝があり、比重の役割をすることをお勧めします。 テーブル情報を広げる役割を担っ学ぶセリフ一言なく10秒程度出演することに不満をすることもあっただろうが、彼の学習自分に与えられた役割を軽く些細思わなかった。

テーブル情報を張っていく役割であれば、何回の練習をする必要もありませんでしだが、その学習10秒の間演技のためにいくつかの時間テーブル情報を伸ばし折りたたみ練習を黙々としました。 だからたとえ端役だが、自分の役割に最善を尽くして、観客から大きな拍手を受けました。

私していることの価値は誰が正か?

オーケストラには、バイオリンのような華やかな楽器がある反面、シンバルのように注目されない楽器もあります。 しかし、いくつかの曲で一回音を出すシンバルが間違った場所に音を出すならいくらバイオリンが素敵演奏をしたとしても、その曲の演奏は台無しになってしまうことです。

私は今していることを些細ここなら私の細事をしている人になります。 しかし、仮にコピーすることを引き受けている場合不平不満を持って仕事をするよりは、たとえ他の人が些細思うかもしれない私はコピーを正しくして伝達しなければ、他の人々が仕事を進めていないという考えを持っている私は引き受けた仕事に最善を尽くしている場合は明らかに私は価値のあることをするではないかと思われます。

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント3件
  1. Word

    言われたサイトは、マルチサイトをテストするために作られたサイトです。(笑)

    まずHomeを押すと、 https://www.thewordcracker.com に接続するように修正しました。

    参考までに、古代ディ場合は、サポートを依頼すると、英語でサポートを受けるか、または韓国語でサポートを受けるかを選択することができます。

    韓国語を選択すると、韓国語に少し下手な韓国人(あるいは朝鮮族?)のように見える方が相談をしてね。 英語の発音が良いと見同胞ではないかと思いもあります。

  2. マシュー

    私10年前にいた悩みです。 果たして私は今何をしているのか? 私は価値のある人生を生きているのか?

    まあお金は惜しくないのにで稼いが、このように弁護士に人生種ばなるの? これに成功した人生を生きだろうみなすことができるか? 私設立した法律事務所は、最終的には、他の弁護士の手に渡るものですが、晩年に私はただ静かに消えてしまうだろうし... 。 このような生活の中で一体どの価値を感じるている?

    最大の、決定的な問題が、私は弁護士の仕事を楽しみ、または楽しいと感じずあったと思います。 今でも非常にたまに弁護士の仕事をすることになる時がありますが、完全にストレス... 。 弁護士の仕事の難易度自体は簡単なcss作成するよりも簡単です。 ところが、むしろのでより一層する嫌いストレスになる? (さらに弁護士の仕事は仕事自体がちょっと邪悪だ。だから、常に良心に付くことをしなければならするんです。)

    私下した定義は、「私は仕事の価値は、その仕事を楽しんでいるのか楽しまないかにかかっている」です。 ワード様体では、他の人が評価する価値を言っておられますが、私は他の人々の評価ではなく、自分自身の幸せをより優先順位とすることです。

    一日24時間中平均16時間目を覚ましていて、その16時間の10時間程度を仕事に消費するとすれば、人生の2 / 3は仕事に消費する見てもなるようです。

    ところが、人生の2 / 3を無味乾燥な、ことも嫌な仕事をしながら生きる? これあまりにも悲劇的な人生だと思います。 人生を二度生きることもないのに、一度楽しくすることができることをしなければならないと私は考えています。 それ真の価値の尺度と思います。

    1. Word

      人々が理解しやすい例を挙げるみる上記のような例え話を引用したものですっ... Matthew様の御言葉通り、他の人がどのような評価をしても、それよりも重要なのは、自分がどのように評価しているが、より重要なことです。