開通令論議、また魔女狩りが始まったのか?

Last Updated:2024年05月23日| | 1のコメント

我が国の人々の特徴の一つは、マスコミから何人かの非難を投げたら、犬の群れのように押し寄せて、ほぼ死ぬまで噛んで増えるのではないかと思われます。それから時間が経つと、いつそうだったかのように忘れてしまい、また尋ねるのを食い込む感がないのか、うんざりしています。

簡単に扇動し、簡単に忘却して…他の国も似ているでしょうが、我が国が有毒激しいようです。

開通令論議、また魔女狩りが始まったのか? 3

開通令論議、また魔女狩りが始まったのか?

最近、一人の退社者の狙撃文が記事化され、マスコミを通じて拡大生産されており、多くの人々が開通令でよく知られているカン・ヒョンウク氏に対する非難に多くの人々が同調しています。愛犬の一人として切ない心ですね。😥

一方で、このような世論モール移植非難は、韓国でずっと前から繰り返されています。

4年前、イ・スンジェ氏に対する突然の議論が起きたことがあります。当時、マスコミがイ・スンジェさんを飢えたハイアナの群れに投げてくれ、イ・スンジェ氏が万神槍になったが、結局はあまり意外なハプニングで仕上げられました。

開通令に対する非難は、ある退社者の文から始まったことがわかります。これも我が国だけの特徴なのか分からなくても会社を出ると、前の会社について肯定的に話す人々が稀です。熱なら熱…ほとんど退社した会社について悪く話します。

開通令論議、また魔女狩りが始まったのか? 4
ソース:Client Community Screen Capture。

実際に急になったら警察や労働庁に届け出ればいいでしょう。そして違法があったことが判明したら、それに対する適当な対価を払えば良いのです。

しかし、世論裁判をしてしまえば、星ではないことに対して一人を埋葬したり、致命的な被害を与えることができます。 (罰金刑や軽微な処罰を受ける事件に対して、全国民が加えて非難​​する刑国に似ていると言えます。)

社長と職員の間の葛藤はどの会社でもあって、マスコミでそういうことでイシュモールをする理由がわかりません。

最近政府で直球禁止方針を発表したが、国民の激しい反発に阻まれて謝罪したことがあります。政府では直球制限方針について謝罪はしたが撤回したことはないが、不思議に言論では直球禁止撤回というタイトルで報じられました。

一部では世論が沈み込んでいくとスグマニ一部製品に対する直球が禁止されることもあると疑っています。

イシューはイシューで覆うという言葉があるように、そんなのかは分からないが、クリック商売をするマスコミがイシューを投げて多くのネチズンたちが同調する現象が繰り返されればこのようなことは繰り返されるでしょう。

違法が疑われる場合は、正当な手続きを通じて法的判断を受けることが正しいです。しかし、このような手続きなしに大衆が集まって非難し、ある個人を烙印撮って社会的に埋葬することは魔女狩りと変わらない。これは社会や政治に対する不満を不当に特定の個人に投射する行為であり、群衆が扇動に容易にさらされる弱さを明らかにし、私たちの社会がまだ成熟していないことを示す一つの事例だと思います。

ちなみに、この文は開通令の誤りについて話すのではなく、正当な法的手続きを無視したまま世論を通じて過度の非難を広める大衆の行動に関するものです。改めて申し上げますが、開通令の違法行為が明らかになれば、それに対する法的処罰を受ければよいでしょう。そして、間違った分量に合わせて非難をしなければならず、殺人犯でもないのに過度に非難することは不合理ではないかと思われます。あらかじめ魔女狩り式で断罪したら司法部がなぜ必要なのでしょうか?

参照


1のコメント

コメント

  1. 最近はソン・フンミン選手の父親であるソン・ウンジョンSONサッカーアカデミー監督が児童虐待の疑いで告訴され、問題のモールになっている状況です。蜂蜜の夜何代、お尻ちょっと合ったものでサッカー志望生の中3学生に対して児童虐待が適用されるかわかりません。被害児童の親が5億を要求する録音録が公開され、反転が起こった状況です。

    実際、この事件は最初から問題になる理由がないと思います。司法部で早く結論を出すには解決されることなのですが、親が孫興民選手のイメージ値で過度な合意金を要求しながら仕事が複雑になったようです。

    法的な問題があったら、法で解決すればいいのですが、その問題をインターネットに公開したことから不当な意図があったと疑うことができます。世論裁判を通じてイメージを毀損しようとしましたが、結果的には当該親が逆風を迎えています。

    応答