金持ちと一般人の違い - 必要なものvs. ほしいもの

1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

今日のユニークな考え方を持っている人に接するようになりました。 ドメインを生涯無料で使用する方法を見つけることの方がたんです。 Freenomようなサイトから無料でドメインを登録することができますが、テストの目的で使用するのに適しています。 .com、.co.krなどのドメインは有料で登録する必要が、その期間中に使用することができます。 無料でこんなドメインを登録してくれるところは見たことがありません。

古代ディ 同じメーカーを使用すると、ドメインを安価に登録することができます。 ブルーホスト(Bluehost)の場合は、Webホスティングに加入すると、ドメインが無料ですが、ドメイン登録料は、Webホスティング費用に含まれていたと解釈することが合理的である。

VPNを使用して、米国のIPアドレスに、Googleに接続して「cheap domain registration」を検索すると、1ドル程度にドメイン登録が可能なところもあります。 この方法を教えてくれるので、「無料が安い」という異色の回答をしますね。

無料サービス

少し考えてみると、程度の差はあるだろうが無料にしたい心理は誰にでもあるようです。 このサイトに「サービス問い合わせ」ページがあります。 多くの方が「サービス=無料」という認識を持って無料でサービスをしてくれと要請します。〓〓

そんな問い合わせを受信すると、サービスは有料ですので、一般的なお問い合わせは、このブログの任意の文にコメントをつけてくれれば答えを与えると返信します。 どなたこの返信に対して「じゃあお金を与えるサービスを提供して与えるのか?」というふうに聞いて来たことがありました。 私必ずお金を言う人のように扱っても、まったく返事をくれました。

「世の中にタダはない」という言葉がありますが、無料の望む人は多い」ことを感じることがあります。

次は150万人以上の者を置いているイギリス人黒人有チュボの金持ちと一般人の間の違いについて知らせているYouTubeの映像です。

数ヶ月前にこの映像をレポート忘れていたが、今日突然気がしました。 この方が指摘している金持ちと一般人の差の一つは、「必要なものを購入するか、または必要なものを購入するか」です。

Rich people only buy what they need。 Normal people on the other hand buy what they want。

「金持ちは必要なものだけを購入したが、一般人は、所望のものを購入する。」 じっくり考えてみると、本当に正しい言葉です。

大学生時代とき、「学生なのでお金がない」という言葉をよくしたが、少し詳しく見てみると、「学生なのでお金がないのではなく必要なものにお金を費やすみる必要なものを購入するお金がないこと」がファクトです。

私は実際にそうでした。 お酒を飲んだり、無駄なものを購入することを最小化し、お金を惜しんだが、必要なものがあるとき購入すべきですが、普段の私が欲しいものを購入してみると、いざ必要なものを購入していないことが多かったようです。

数千ウォンを与え、コーヒーを飲んで、数万ウォンを与え、お酒を飲むお金は惜しまずに、ドメインを登録するためのコストが、惜しくも考えたら「金持ちは必要なものだけを購入したが、一般人は、所望のものを購入する」という言葉を覚えてといいそうです。

私は金持ちになることに興味がありません(実際にはそう能力がありません)、不必要な消費を減らすために、もう少し気を使わなければならという思いがしますね。

注:



1のコメント

コメント