親日派清算に失敗した大韓民国 - 新親日派の反撃

0

日本が韓国をホワイトリストから除外し、触発された経済戦争が韓国に大きな影響を及ぼしています。 個人的にはムン・ジェイン政府の対応が気に入らないが、一方では、韓国のように多く親日派がいたという事実を悟る機会になったという点で、現在の状況が必ず悪いことだけではないようです。

日本35年占領を経験した韓国では、親日反逆者の死刑ジプヒョンが0人だったが、フランスは4年の間、ナチス占領後、ナチス反逆者767人を死刑執行したとします。

歴史は繰り返される言葉があるよう、今の周りの状況が旧韓末の状況と似ているようです。 変わったことがある場合は、旧韓末には国力が弱く大国に振り回されたが、今ではその時とは比較できないほど、韓国が発展したということです。

しかし、外部の勢力よりも危険が内部の的であることです。 いわゆる「チンシン一派」と命名された現代版親日派が彼らです。 日本の資金支援を受けて、日本の主張に同調しつつ、独立軍をテロリストと呼んで慰安婦と強制徴用にも、日本の主張を代弁しています。

「反日種族主義」という本は、このような新親日派の公然の反撃です。 以前まで打って抜ける戦法で日本の主張を繰り返している途中、今露骨に本を出して宣戦布告したように感じられますね。

ホン・ジュンピョ前の自由韓国党代表が Facebookに「反日種族主義という本を読んでみるとそうではないのに、なぜこの本を補修有チュボが浮かべるか理解していない」という文を上げよう、いくつかの極右、保守性向の市民が強く反発し、話にならないコメントでホン・ジュンピョ前者唐代表を攻撃しています。

出典:ホン・ジュンピョ前の自由韓国党代表 Facebookをキャプチャしたアイアムピーターtvブログ

壬辰倭乱の時、日本のビル付い朝鮮地理を知らない日本軍の道案内をした朝鮮人たちがいました。

旧韓末、日帝に協力した親日派の子孫は今もトントンながら暮らして独立運動家の子孫たちのほとんどは、貧しい生活をすることが、韓国の現住所です。 国を相手に訴訟を提起した親日派の子孫の手を聞いてくれる司法を見ると、韓国の親日派が権力のあちこちに入って行ったということを実感していない可能性があります。

最近、韓日紛争は、自分自身を振り返るきっかけになったようです。 2018年韓国を旅行した日本人は292万1千360人だったが、日本を旅行した韓国人の数は753万9人という統計があります。 それだけ日本にたくさんの旅行に行ったのだがね。 しかし、日本は、福島放射能に対して多くのことを隠していて、福島産農産物が日本のホテル、コンビニエンスストアなどで売ら観光客によって消費されているそうですね。

私たちが知らない間に、経済などで日本に依存して自給してきた代償を今払っているのではないかと思われます。 いつか近づく問題であるため、避けるという能はないでしょう。 この機会に反省する部分をしっかり反省して冷静に対応して、この困難を賢く克服して欲しいです。


表面上は笑いながら後ろからナイフを狙う日本の特性は、日本の戦国時代を見てみると、ある程度理解することができるようです。


メモ:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください