渠状態での性犯罪加重処罰されることがあり、

Last Updated:2021年07月02日| | コメントを残す

我が国は酒による犯罪に寛大な方であり、特に酒臭状態を心身微弱状態と認めて刑量を減らす不思議な判決がなされる国でもあります。

しかし、性犯罪の場合、今後お酒を言い訳に刑が減ならず、むしろ加重処罰されることもあるようです。

ノウンレ加え、民主党議員が数ヶ月前に 飲酒や薬物による心身障害の状態で性犯罪を犯した場合には、裁判官が裁量的に軽減できないようにする内容を盛り込んだ「性暴行犯罪の処罰などに関する特例法改正案」を代表発議したね。

酒に寛大なこのような文化は酒の最大消費層が両班だった朝鮮時代の時両班たちが犯罪を犯しても強く処罰していないことに由来したという文をいつが読んだことがあります。

朝鮮は強力な統制社会だったが、今週令はあまり効果がなかった。 むしろ朝鮮電気は「飲酒の時代」と呼ばれるほど人々が酒をたくさん飲んだ。'朝鮮時代の酒文化と今週の霊 - 酒を飲んだ者の賃金が直接喉をかけた… ')

「社会生活をするには酒をすることを知っておかなければならない」、「大学生になったので酒はできますか?」、「男は酒は少しできなければならない」… 。

特に社会生活をしてみると、お酒を拒否することができない文化が形成されることもあります。

私は酒を切ってから10年少し超えました。 お酒を食べないと言えば、周りで「じゃあどんな楽しみで買うの?」という方もたまにあります。 酒を切ると良いことがたくさんあります。 すぐに酒代が出なくていいし、時間的な余裕もたくさんできます。 お酒の友達が出て行くのは良くありませんが…この点が問題になったら、余裕のある時間に他の人と交流関係を形成すればいいのでしょうか? 酒を通さずに社交生活をする方法を見つけることができるでしょう。

何よりも酔った状態での会話は、実際に無意味です。 むしろミスをして床を見るがちです。 また、ブラックアウト(フィルムが切れ)状態で各種犯罪の被害者になったりして、さらに殺人を犯し犯罪者になることもあります。

今酒による犯罪寛大な文化と判決への反省が行われているようで幸いだと思ってますね。 酒を言い訳に刑を減量受け取らないようにして意図的な場合加重処罰する法律が一日も早く制定された場合と思います。


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy