インカ後期の遺跡であるマチュピチュ。 写真:SBS
インカ後期の遺跡であるマチュピチュ。 写真:SBS

このような空しい殺さがまたか? ペルー中南部アンデスのインカ後期の遺跡であるマチュピチュで、ドイツの観光客がセルカを撮って墜落死したというニュースが聞こえてきました。 7月1日のオリバー・パーカー(51)というドイツ人が出入り制限区域に入ってハメを撮ろうとして300フィート(約91m)崖下に落ちて死亡したとします。

目撃者はパーカー氏が崖の上宙に浮いているように見える写真を撮ろうと跳んだが中心を失う風に崖下に落ちたと伝えました(記事原文).

この記事を接しながら人とそう不合理に人生を終えすることができることをもう一度実感しました。 高校時に「万物博士」に通じる英語の先生がいました。 どんな質問をしてもすぐに答えをされる方だったその答えがやや特異て学生の間で人気がありました。

一度「死ぬとどうなりますか」と言った友人が質問をするから、その先生の即時回答は「死ぬすべてが終わりだ。」とのことでした。 すると質問した学生が「それでは(私たちの生活が)も非現実的じゃないですか?」とされて尋ねると、その先生曰、「それでは犬豚やアリは、より実用的ではありませないのか?」 「...」

子供の頃の魂についてたまに考えてみました。 子供の頃に大人から私たちが先行を築き死ぬ金持ちのに生まれ変わっ悪に生き死ぬ犬豚やアリなどの微物で生まれ変わりという話を聞いて育った。 もし通り過ぎて足思わず踏んアリが我々の祖先のいずれかであれば、? そしてそのような微物も魂がある場合はどのように多くの魂があることになるか? 未知のことだらけでした。

日本の学生が死後の世界が気にして先生に死ぬどうなるのか質問したら先生が「死んで見て知って」と答えたそうです。 その学生は、本当に死後の世界が気になって、最終的に自殺したという話を聞いたことがあります。

質問

そして一部の人はあまりにも善良住ん法がなくても買うような人なのに、ある日突然、不意の事故に遭ったりして、世界を去る切ない場合がある一方、一部の人は悪に生きながらも、富と長寿を享受する場合もあります。 このような不条理をどのように説明できますか?

これに対してイエスは:

また、シロアムの塔が崩れチア死んだ十八人がエルサレムに除去したすべての人よりも罪があること分かる。 あなたがたに言うではなく、あなたも、もし悔い改めなければ、みな同じように滅び(ルカ13:4)

そして「記録した 義人はいない。ひとり 一つなく "(ローマ3:10)、"罪の報い(対価)は死亡"とも知られました。

死ぬ罪を犯した罪人が刑務所でいくら善良な行動といっても、その罪が消えるか? それで、イエス様は「あなたがたも悔い改め値なければ、みな同じように滅び」という言葉をくださったのです。

どのような方は、「私は罪を犯さなかったなぜ私は罪人なのか?」と反問しています。 私も昔はそうだったからです。 しかし、その罪がこの地での罪ではなく、この地に来る前、だから、私たちが生まれる前に犯した罪とならうか? (私たちが正しいとすれば、私たちの運命を、私たち自分で決めることができなければだろうが、誰も自分がなぜ韓国、米国、または他の所で生まれたのか分からず、また、いつ死ぬ知らないうちます。)

伝道者は言っむなしくハットされむなしくハットので、すべてが無駄ドゥェドダ。 人が日の下で働くすべての手間が自分に何が有益なこと...私は日の下で行なうすべてのことをみると多ハットされて、風を追うことがロダ(伝道の書1:2-14)

私たちの人生が70-80あるいは100歳まで生きるとしても、最終的にはすべて捨ててきたところに戻ることしかできません。 だから知恵の王ソロモンは太陽の下働くすべての手間が無駄と記録しています。 「無駄」という言葉は、英語NIVは「Meaningless」、つまり「意味がない」と翻訳されています。

Our-life

人は死ぬ前に自分が生きてきたこれまでの人生のパノラマのように過ぎていくます。 (実際には何度言う直接聞いたことがあります。)それと共に異口同音に「無駄」と言っている。 この時までに成功のために、より良い生活のために一生懸命に生きてきたが、最終的にはすべてのものを置いて行かなければならハニー私たちの人生がどのように無駄でしょうか? しかし、ソロモンは太陽の下働くすべてが意味がありません意味があるものがあると知らせています。

土はまだ地に帰り新(spirit:魂)は、その与えられた神に戻る前に、注意してください...仕事の最終的に多聞いた神を恐れ、その命令を守るチオダこれが人の本分からである。 神はすべての行為とすべての秘密の仕事を善悪の間審判ハヌニラ(伝道の書12:7-14)

最終的に我々がウォンハゴンそうまい私たちのすべての行為とすべての秘密の仕事に対して、神の前でさばきを受けることになるでしょう。

あなたは青年の時、すぐに苦しい日が来る前に、私は何の楽しみがないとする太陽が近い前にあなたの創作者を覚えて(伝道の書12:1)

人には3チャンスがあるとします。 ギリシャ神話に出てくる機会の神」カイロス(Kairos)」は、「前髪はサイレントが後頭部はハゲで足に翼がついているのユニークな形をしています。 機会と過ぎ去った後に、それは機会だったのかと後悔することになるようです。

Source:http://www.miti3000.it/mito/musei/atene/atene5.htm
Source:http://www.miti3000.it/mito/musei/atene/atene5.htm

神は私たちにこの地で悔い改める機会を与えている。 多くの場合、「年を取って信じたいとき、神様をミトゲトダ」あるいは「お金も少し稼ぐ安定したら、その時に神様をミトゲトダ」という方がいます。 しかし、機会と常に来ることがありません。 だから「あなたは青年の時、すぐに苦しい日が来る前にあなたの創作者を覚えなさい」と知らせています。

あなたがたは、主を満たすだけの時に見つけなさい近くおられるうちに呼び求めよ。 悪人はその道を、不正な者は、その考えを捨て、主のもとに帰れ。 そうすれば、彼はあわれんでくださる私たち神に来なさい。 彼は広く許してくださる(イザヤ55:6-7)

手遅れになる前に 「考え」を捨てて「心をこめて」 神を見つける必要があります。 その後、明らかに満たされるでしょう。

あなたが心をこめて私を探して見つけた場合は私に会いリラ(エレミヤ29:13)

1のコメント

  1. 共感される文章も読みました。 WordPress 検索している途中、ここ来るが、クリスチャンイショソもう一度嬉しく良い心です????

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください