労働と労働の違い、労働節の起源、労働者の日の変化

Last Updated:2024年04月30日| コメントを残す

明日5月1日は労働者の日です。多くの人が労働者の日を単に休む日ほど認識していないと思います。私が幼い頃には、「労働節」という用語も多く使われていたことを覚えています。労働と労働の違い、労働節(労働者の日)の由来などについてまとめてみました。

労働と労働の違い、労働節の起源、労働者の日の変化

労働と労働の違い

労働は仕事を通じてサービスや財を生産し、主体的に活動する 能動性を強調する一方、労働はユーザーの指示の下で勤勉な労働者の 受動性を強調する用語といいます。 「勤労」は日帝強占期に強制労役を美化しようと作られた用語に由来したそうですね。

労働という良い用語がありますが、北朝鮮の「労働党」を連想させて忌避する用語になったのではないかと考えられます。良い意味の用語も北朝鮮が使うと不思議に照らされるのが現実のようです。代表的な用語として「民衆」という言葉があります。

民衆は「民」、「群衆の中」からなる単語で、単語の意味そのままでは「国に属する民の群れ」程度で理解でき、辞書的な意味は「国や社会を構成する多数の一般国民」を意味します。しかし、北朝鮮が被支配層としての意味を強調しながら、この言葉を使うので、韓国では忌避する用語にならなかったかと思います。

労働節の由来と労働者の日に名称変更の経緯

労働節は1886年、米国で「一日8時間だけ働かせてほしい」という要求を争取するための労働者たちの闘争を記念する日です。

労働節の歴史は韓国で特別な変化を経験しました。もともと韓国の労働祭は5月1日ではありませんでした。 1958年に大韓労総の創立日である3月10日を労働節に指定し、現在の「労働者の日」の始まりが設けられました。

しかし1963年、パク・ジョンヒ政府はこの日を「労働者の日」に名称を変更し、労働の共産主義的なイメージを避け、国家的に統制されたイメージを強化しようとしました。以後、1994年、金英三政府が国際的な労働節である5月1日に日付を変更して先進国との一致を追求しました。

※年上の方とこの部分について話をしてみると、以前は 労働者の日と労働節(メイデー)が別々に存在として、私が若い頃に二つの用語を同時に接したと考えられます。政府は3月10日を労働者の日として制定し、「産業発展の主役である労働者の功を狙ってキリは行事」を開いたが、労働団体は本来労働節の日付である5月1日の意味を生かすことを主張し、 、文民政府が入った後初めて1994年から5月1日を「労働者の日」として記念しています。結局、日付は労働団体が主張するように5月1日になりましたが、名称は労働節とは意味が異なる「労働者の日」となる多少奇形的な姿を備えているようです。これはおそらく政府が労働団体と経営団体の両方の意見を反映した結果ではないかと考えられます。

公務員などが労働節に休まない理由

労働者の日は原則として労働基準法による有給休日ですが、公務員や教師等は国家公務員法及び教育公務員法により別途の労働条件が規定されており、この日勤務しなければなりません。公務員等には特別法優先の原則が適用され、一般的な勤労基準法の適用が排除されるという。

労働者の日に公務員が休むことができないため、2020年7月に教育公務員が憲法願いを提出したが、憲法裁判所は当該憲法願い審判請求を裁判官7対2の意見で棄却しました。

労働者の日と非正規職

多くの非正規職労働者は、労働者の日にもきちんと休むことができないのが韓国の現実です。非正規職は一般的に年次使用に対する制約が多く、正式な休日にも出勤を強制されることが多い。

労働者の日(労働節)の意味

韓国だけでなく世界中で行くほど貧富の格差が激しくなり、労働者と経営陣間の対立が激化しています。

過去には労働者たちが不利な位置にありましたが、今では労組が一つの権力となりました。労働現場で働く知人たちの話を聞いてみると、労組の横暴がひどい方だそうです。

現代社会で労働者の日は、単に休日としての意味を越えて、労働の価値を再照明し、労働者の役割などについても考えてみる時間があればいいと思います。

かつては勤勉誠実が美徳でしたが、最近は権利は主張し、義務は怠惰な人々が多くなったようです。コロナ市国に「静かな退職」という用語が登場しました。

「静かな退職」とは、意味のあるまま会社を辞めるのではなく、与えられた業務だけに最小限に働き、追加の努力をしない態度を意味します。この方法を選択した人を「Quiet Quitter」(静かな退職者)と呼びます。これらは割り当てられた基本的な業務は遂行しますが、それ以外の追加的な業務は遂行したくないという特徴があります。

仕事をさせれば好きな人はいませんが、仕事を引き受けたら異王ならスッキリ処理するのが良くないかと思います。

参照


コメントを残す

コメント