【ナクソジャン]アーサー・アンダーソンが滅びた理由

0
倫理(Ethics)と良心(Conscience)を破ったエンロンを批判する漫画(Cartoon:Birmingham News)
倫理(Ethics)と良心(Conscience)を破ったエンロンを批判する漫画(Cartoon:Birmingham News)

アーサーアンダーセンは、米国の伝説的な会計士であったアーサー・アンダーソン(Arthur Andersen)が1913年同業者たちと一緒に設立した会計法人を母体とし、世界の会計市場でPWC、デロイト、アーンスト・アンド・ヤング、KPMGと一緒に「ビッグ( Big)5」を形成していた会社だったが、エンロン事態*当時粉飾会計に関わっされ、結局ドアを閉じました。

この会社が亡びた決定的な理由は、一通のメールからだったそうです。

エンロン事態当時、政府の調査が行われている間、アーサーアンダーセン従業員は、関連文書を破棄しました。 このような行為が原因で、司法妨害罪(Obstruction of Justice)で起訴され、最終的には市場で退出されました。

アンダーソン社の運命を決定した陪審員が会社の弁護士であるNancy Templeが作成した一件のメールのために有罪と決定したと明らかにした。

Nancy Templeは、電子メールで同僚に当局の調査から「会社を保護するために「メモかを変調(偽造)するように要求したとします。 以後、アーサーアンダーセン事件は、最終的に控訴審で判決が裏返したがその時はすでに会社がドアを閉じた後でした。

他にも不適切な電子メールのために巨額の罰金を課すたり訴訟で不利益を受ける場合があります。

たとえば、1995年頃には、石油会社であるChevronは、会社の電子メールシステムに流布された不適切なメッセージ(セクハラ関連)のために事件を解決するために220万ドルの巨額を支払っています。 訴訟で提出された1つのメッセージが「ビールが女性よりも良い25つの理由(25 reasons why beer is better than a woman)」と呼ばれるリストだったとします。

Chevronはセクハラ訴訟を補うために220万ドルに合意した。 (Los Angeles Timesの記事)
Chevronはセクハラ訴訟を補うために220万ドルに合意した。 (Los Angeles Timesの記事)

私は2000年代初めの数年間、多くの分量のCode of Conduct(行動規範、倫理規範)の資料を継続的に翻訳しました。 メールが訴訟で非常に不利に作用する一連の事件を経て、倫理綱領の資料に「メール」の部分が強化されたようです。 (最近では「フィッシング」、「ランサムウェア」、「ソーシャルエンジニアリング(社会工学手法)」などの内容が追加された資料を翻訳しました。このように、しっかりとした企業は、継続的に倫理規定を更新して、従業員を教育しています。 )

韓国でも、かつての企業が倫理経営を強化するという記事がたくさん出てきたことがあります。 TV広告も 倫理経営を叫んましたし。 しかし、言葉だけ倫理経営を叫んだからといって、倫理経営のですか?

サムスンとアップルの訴訟で決定的な役割をしたことがGoogleと交わした不適切な内容のメールであることが見て、韓国では、このような教育が形式的に行われているか、適切に行われていないようです。

ここで、サムスンの内部電子メールとGoogleの「とても似ていたらちょっと直せ」という趣旨の警告、いわゆる「ベンチマーク」という名目で、iPhoneのすべての機能を一つ一つ比較しながら指摘した内部文書などは、陪審員たちに「知りながら故意にコピーした」は、結論を下すのに決定的な影響を及ぼした。 (Source:http://slownews.kr/5335)

また、エンロン事態で与える教訓は、「隠蔽行為は別に処罰され、調査対象の問題よりも大きな罰を受けることができる」という点です。

この点で、韓国企業の行動は後進性を抜け出せずにおり、政府当局も、違法な企業行動について強く処罰していないようです。

以前にサムスンから公取委の調査を妨害したが、ニュースに出てきたニュースには罰金を受けたのが精一杯であるようです。

国政監査資料によると、公取委の調査を控えた三星系列会社は、徹底した事前準備を介して問題になるほどの資料の廃棄・操作をすると同時に、公正取引委員会の調査官の資料アクセス遮断のために万全を期しことが分かった。

...過去2004年11月に「サムスン電子下請け取引公正化に関する法律違反」関連調査当時公取委調査官が従業員のコンピュータを検索していた中、社内電算網稼動が突然中断されたことがあった。 このネットワークは、中央制御が可能なことだ調査官がコンピュータの中の内容を覗き見ること源泉封鎖することができたのだ。 下請け業者関連の書類に問題になるほどの内容をサムスン職員が修正液で消した後、これをコピーして公正取引委員会の調査官に提示したことが後で発覚したこともあった。 このことサムスン電子との関連スタッフにそれぞれ2000万ウォン過料が課せされた。

公取委調査官が入手した重要書類を奪取して破棄したこともあった...( "サムスンの途方もない公取委の調査妨害")

公取委調査官が入手した重要書類を奪取して破棄しても軽い処罰で終わるのが韓国です。 捜査官が令状を持ってきても、建物の入り口で警備員が、セキュリティ上の理由から、捜査官や検査官を防ぎ、その間に重要な資料を廃棄したり、隠匿不合理な行為をしても正常に処罰が行われません。

最近ロッテ事態でも、ロッテの従業員が証拠隠滅を試みたという記事も出てきていて。 もし、このような証拠隠滅行為を強く処罰し、さらにそのような行為をすると、企業が気かもしれないというメッセージを、政府から与えたらそのような行為をすることができたのでしょう?

韓国企業は、このような良くない慣行を海外でもそのまま途中役員が起訴をされたり、巨額の罰金をかむ醜態もしばしば報道されています。

ハイニックス社の幹部4人に続き、サムスン電子の役員3人DRAM価格談合行為に対する有罪を認め、米国で懲役刑を受けることにしたと、米司法省が22日(現地時間)発表した。 ( "サムスン電子の役員3人、米国で懲役刑")

事態がこうなって、外国企業も韓国法当局のはずっと先の傾向があるようで残念です。 (例えば、最近オキシ事態では、英国の企業に見せてくれた行動は、韓国をどれだけ無視するかも示しています。)

政府の厳正な法執行と倫理教育を通じた企業の自浄努力がこれまで以上に切実な時であると思われる。

*エンロン事態(Enron scandal):エンロン(Enron)は、世界最大のエネルギー企業で2000年の総収入が1,010億ドルに達した2001年10月16日エンロンは2001年2四半期の業績報告を介して赤字額が6億1,800万ドルと発表した約二ヶ月後の12月2日に正式に破産裁判所に破産保護を申請した。 米国史上最大の規模の企業倒産で、数百億ドルの資産を保有している企業が倒産し、長い間、会計不正(粉飾会計)があり、きたという事実も暴露された。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください