ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

シャオ米無人偵察機(Xiaomi MI Drone)公式映像

Last Updated:2020年11月15日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

噂によると、全体的なスペックは、ドローン最強のDJIのファントム3アドバンスとプロフェッショナル仕様を搭載したことで見ていて、価格は基本的なモデルであるファントム3アドバンスに合わせ映像は4K対応がされているプロフェッショナル仕様に合わせたものとします。

価格の発表は25日に予定されています。 予想はフルセットで構成されたハイエンドの場合3999元(約72万円)に似たような性能のドローンより最大40%以上安く策定されるものとしますね。 ちなみにソニーEXMOR 1 / 2.3 "12.4Mカメラモジュールを搭載4K映像がサポートされているDJIファントム3プロフェッショナルの場合6499元(約117万円)で販売されています。


公式映像で変えました。 価格が公開なりましたね。

  • 1080Pモデルの場合2499¥(380 $)
  • 4Kモデルの場合2999¥(457 $)

現在クラウドファンディングを行って7月にベータテスターを募集した後、公式発表はその後に行われたそうです。



2のコメント

コメント

  1. スマートフォンと外装バッテリーを除いた大部分の小米製品は、自分たちが投資した中小企業で撮った製品と呼びます。
    おそらくドローンもシャオ米のブランドを借り中小企業の作品であると推測されます。

    個人的には、Androidスマートフォンの初期の頃、xda-developer.comでmiuiカスタムROMを受信したときから、シャオ米のファンだったが
    いざ製品が発売されて、私は後から真の失望に思いましたよ。

    特許侵害とバックドアの問題を脇に置いても、多くの問題を持つ企業であることには間違いない事実ですㅠ特に製品の耐久性は、本当に最悪でした〓「大陸のミス」として韓国で人気が高くなったとき、小米科技製品いくつかを購入するしたことがあったが、一つのように耐久性が良くないんですよ...

    応答
    • 前シャオ美を使ったことがなかったkorbuddyさんのコメントを見ると、今後も使用みることがないようですね。
      シャオ米の成長が最近停滞になったという記事を見て、おそらくスマートフォンでの成長鈍化を多少無茶が様々な製品の市場投入を通じて克服しようとするものだという印象がしますね。

      シャオ米ドローン発売でドローンの値が全体的に低くなるきっかけになれば良さそうです。

      応答