Cafe24 マネージド WordPress:2つ以上のドメイン接続時のSSL証明書のインストールに関する問題

Last Updated:2024年04月15日| , | コメントを残す

Cafe24のマネージド WordPress ホスティング商品では、プランに応じて複数のドメインをリンクできます。スタートアップは1個、ビルドアップは2個、ビジネスは5個、グロスアップは10個、スケールアップは最大20個までドメインを追加で接続できます。

Cafe24 マネージド WordPress ホスティング商品

追加のリンク先のドメインはすべて同じサイトにリンクされ、同じコンテンツを表示します。各ドメインごとに異なるサイトを運営したい場合があるかもしれません。 WordPress マルチサイトを利用すれば可能です。詳しくは後で詳しく説明します。

マネージド WordPress 商品は無料のSSL証明書を提供しています。さらに接続するドメインに対してもSSL証明書のインストールが可能かどうか Naver カフェで提起されてテストしてみると、さらに接続するドメインにもSSL証明書のインストールが可能でした。

Cafe24 マネージド WordPress:2つ以上のドメイン接続時のSSL証明書のインストールに関する問題

Cafe24のマネージド WordPress ホスティングでは、接続するすべてのドメインに対して無料のSSL証明書をインストールできます。 SSL証明書が正しくインストールされていない場合 ERR_SSL_PROTOCOL_ERROR エラーが発生します。

SSL証明書の未インストールエラー

この場合、 ホスティング管理 » ドメイン接続管理でそのドメインにSSL証明書の発行を申請できます。

Cafe24 証明書のインストール完了

複数のドメインを接続する場合は、各ドメインに対してSSL証明書のインストール要求を行う必要があります。この部分について Cafe24に問い合わせて、次のような答えを得ました。

接続した2つのドメインが異なるドメインである場合は、各ドメインにSSLを個別にインストールする必要があります。ただし、同じドメインのサブドメインであれば、「SSLワイルドカード」を申請すると、すべてのサブドメインにSSLを適用できます。

各ドメインにSSLを個別にインストールすると、上記のようにSSL証明書が正常にインストールされます。

SSL証明書が正常にインストールされていない場合、ドメインのネームサーバーを変更した場合、またはDNSレコードを追加した直後の場合は、1日ほど待ってからSSL証明書の再発行を申請すると、SSL証明書がインストールされます。ドメインのDNS情報を変更すると、情報の更新に2〜XNUMX日かかります。

ドメインのDNSレコード Cafe24のサーバーを指すように更新されていない状態でSSL証明書をインストールしようとすると、証明書のインストールが失敗します。そのような場合は、ドメインDNS情報が十分に伝播するのを1日待ってからSSL証明書の再発行を試みることができます。

下の図はドメインのネームサーバーです Cafe24に変更して1時間ほど経過した後、DNS情報の拡散を示しています。

ドメインDNS情報の伝播

A レコードを設定して IP アドレスを変更した場合、通常は 30 時間経過すると情報が伝播し、ネームサーバーを変更した場合は通常 1 日ほど経過するとドメイン DNS 情報が更新されます。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy