クラウドウェイズ:データベースキャッシュを削除する

Last Updated:2023年11月10日| | コメントを残す

Cloudways でデータベース管理ツールで変更した内容が適用されない場合があります。 この場合、Redisのデータベースキャッシュを削除すると問題が解決します。 Breeze プラグインから Object Cache を削除して DB キャッシュを消去できます。 別の方法でRedisを無効にすることも検討できます。

クラウドウェイズ:データベースキャッシュを削除する

クラウドウェイズでは、アプリケーション管理ページからディビ(DB)にアクセスできます。 アプリケーション管理»アクセス詳細 ページの下部 Launch Database Manager ボタンをクリックすると、クラウドウェイズの独自のデータベース管理ツールが起動します。

クラウドウェイズデータベース管理者

ちなみに、ディビジョブは危険ですので、常にバックアップを取った後に進むのは安全です。 DB操作は元に戻すことはできません。 問題が発生した場合は、Cloudwaysの自動バックアップを使用してロールバックしてください。

ディビジョブ後の変更 WordPress サイトには適用されない問題が発生し、これに関してリサーチをしてみると、データベースキャッシュを削除すれば解決できることがわかりました。

クラウドウェイズで2GBのRAM以上のサーバーを作成すると、Redisのキャッシュシステムを利用できます。

WordPress Object Cacheを削除する

Breezeプラグインこれがインストールされていると、データベースキャッシュを簡単に削除できます。

WordPress Object Cacheを削除する

管理ページで、上部ツールバーの Breeze » Purge Modues » Purge Object Cacheをクリックすると、データベースキャッシュが削除されます。 ただ Purge All Cache(すべてのキャッシュをクリア)をクリックしてすべてのキャッシュ(Varnishキャッシュと内部キャッシュを含む)を消去することもできます。

この方法でDBキャッシュを消去してもデータベースの変更が適用されない場合は、クラウドウェイズにライブチャットに連絡して問題を説明し、Redisキャッシュ(Object Cache)を削除するように依頼することもできます。 お問い合わせ時にサーバーのIPアドレスとアプリケーション名を要求します。 クラウドウェイズにログインし、アプリケーション名とサーバーのIPアドレスを確認してお知らせください。

Redisを無効にする

DBキャッシュを削除しても問題になる場合は、Redisを無効にすることもできます。 Redisを停止しても、サイトの読み込み速度に大きな影響を与えないという答えをクラウドウェイズのサポート担当者から聞きました。

No, the loading speed will not effect much. If you wish, you can disable it.

必要に応じてRedisサービスを無効にできます。 Redisはサーバー管理ページで有効/無効にできます。 Server Management » Manage Servicesに移動し、 Redisの サービスの Force Stop ボタンを押すだけです。

クラウドウェイズ:データベースキャッシュを削除する

ティーストーリーバックアップを使用して WordPressに移転 後にDBから不要なHTMLタグを一括削除しましたが、 WordPress サイトでは変更が適用されず、Redisを無効にしました。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
DiviレイアウトAI発売記念割引!
AIで画像、テキスト、コーディング、フルページレイアウトを生成可能
ベストセラー WordPress テーマDivi
0
仕事
0
시간
0
0
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy