VMware上のWindows 10のインストール時にブートマネージャにエラーが発生した場合

VMwareやVirtualBoxのようなプログラムを使用すると、仮想マシンに別のオペレーティングシステムをインストールして駆動させることができます。 他のオペレーティングシステムをテストしたり、新しいプログラムをインストールしてテストしてみたいと思った場合、あるいは古いオペレーティングシステムでのみ帰るプログラムを実行する場合など、さまざまな状況でVMwareを活用することができます。

また、ウェブパブリッシャーである場合、クロスブラウジング対応をしなければならない状況では、Windows XP、Windows 2000、Windows 7など、複数のオペレーティングシステムをインストールして、様々なIEのバージョンで作成したサイトが正しく表示されるか、エラーが発生しないことを確認する用途にも活用が可能と思われる。

VMwareのWindows 10をインストールするときに、ブートマネージャで移らないエラーを体験することができます。

VMware、Windowsのインストールに失敗し

私はISOファイルをCD / DVDドライブに指定した後に起動しようとする、上記の図のように Time out。EFI Network ...が表示され、これ以上進行されていない。 (この問題を検出してみるとTime outの代わりにunsuccessfulエラーメッセージが表示される場合もありますね。)

この状態で F2を押すと、ブートマネージャ(Boot Manager)画面が表示されます。

VMware、WindowsのインストールブートマネージャBoot Manager

VMwareのWindows 10をインストールするときに、このようなエラーが発生した場合は、次のような方法で簡単に問題を解決することができます。

VMware上のWindows 10のインストール時の起動エラーが発生した場合の解決方法

  1. 新しく作成された仮想マシンのファイルがあるフォルダに移動します。
VMwareの起動エラーのトラブルシューティング

2. vmxファイルを検索して、テキストエディタで開くようにします。

UEFIセキュアブートを無効

上記の図のように次の行を見つけて削除します。

firmware = "efi"

3.保存した後に再び仮想マシンを起動すると、正常に起動されます。

UEFIセキュアブートには、VMwareのサイトを参照してみることができます。

UEFIセキュアブートは、PCの起動時にPCメーカーから信頼されるソフトウェアのみを使用するように保証するセキュリティ規格です。 特定の仮想マシンのハードウェアバージョンとオペレーティングシステムの場合、物理的なシステムと同様の方法で、セキュリティ起動を使用することができます。

VMware Workstation Playerにウィンドウ10をインストールする方法は、次の記事を参考にしてください。

※VMware Workstation Playerは、非商用(Non-commercial)でのみ使用が可能です。

注:


コメントを残す