StartSSL使用時に「SEC_ERROR_REVOKED_CERTIFICATE」エラー

最近StartSSLを発行受けたサイトで使用しています。 そうするうちに、今日、Firefoxで 「SEC_ERROR_REVOKED_CERTIFICATE」 エラーが発生することを発見しました。

SEC_ERROR_REVOKED_CERTIFICATEエラー

StartSSLが発給やすく利用したもので戸惑う状況ではないことができません。 そして、Google Chromeでは、「安全でない"というフレーズがアドレスの横に表示なりますね。

Googleのクロム安全でない

最初は、クッキーの問題かと思ったStartComサイトを訪問してみると以下のような案内フレーズがあることを発見しました。

1。 Mozilla and Google decided to distrust all StartCom root certificates as of 21st of October、this situation will have an impact in the upcoming release of Firefox and Chrome in January。 Apple's decision announced on Nov 30th of distrusting all StartCom root certificates as of 1st of December will have an impact in their upcoming security update。
...
3。 StartCom will provide an interim solution soon and will replace all the issued certificates with issuance date on or after Oct 21st in case of requested。 Meanwhile StartCom is updating all systems and will generate new root CAs as requested by Mozilla to regain the trust in these browsers。

StartComにこの問題を連絡したら、次のような返事をくれますね。

All certificates issued before 21.10.2016 are not affected。 Certificates issued after 21.10.2016 are distrusted in Chrome、Firefox and Safari browsers。

2016年10月21日以前に発行されたすべての証明書には影響がないが、2016年10月21日以降に発行された証明書にはクロム、Firefox、Safariで信頼しないとします。 ここでの詳細については、 Mozillaのブログで確認することができます。 StartComでは、この問題を解決するために努力しているが、少し遅れているとします。 詳細については、2月末や必要があり知ることができるようになります。

アップデート: 今日StartComウェブサイトを訪問してみるとChromeで安全でないサイトというエラーが発生してIEに接続するから正しく接続がされますが、サイトが異常変わったね。

ちなみにStartComは2016年にWoSignという中国のCAに売却されたとします。 StartComこのWoSignの誤った慣行のためにほぼ滅びそうです。 SSL証明書に問題がある中でも、証明書の販売を継続したね。 とにかくチャンゲ企業に売却されると、正常な企業も不思議か表示します。

無料のSSL証明書をご希望の場合Let's Encryptを使用してください。

注:


コメントを残す