強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit

Last Updated:2021年10月28日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ブログを運営しているため、画面キャプチャが必要な場合があります。 以前には、無料のスクリーンキャプチャプログラムであるピクピク(PicPick)を使用して、画面をキャプチャして、簡単に編集する必要がある場合は、それ自体に内蔵された編集機能を使用したり、 するFastStone画像ビューアに内蔵された機能を使用していました。

強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit

画面キャプチャと簡単な編集作業の場合PicPickのような無料のプログラムで十分なようです。 特に ピクピクは「企業や団体又は個人を含むすべてのユーザーに無料で提供する "されるため、ライセンス気にせず使用が可能です。

私は昨年7月に SnagItのを購入して、メイン画面キャプチャプログラムで使用しています。 価格が高く感じられたので、購入を決定する際に少し躊躇したが、今はそれほど悪い選択ではなかった気がします。

キャプチャした画像をSnagit Editorで簡単に様々な効果を適用することができるという機能が個人的に必要でした。 特にPhotoshopに効果を与える場合は、粗雑な実力で、Photoshopを使用して手間、時間が結構かかるされたりしたが、そのような時間のリークが減少したことは、確かに利点であると思われる。

強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit

スナギットは画像キャプチャだけでなく、動画キャプチャも可能です。 キャプチャした画像はSnagit Editorの一番下 項目の部分に表示されてすぐに編集することができます。

強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit

吹き出し、矢印、文字の挿入など基本的な機能と一緒に様々な効果とStampを適用することができます。 現在使用しているバージョンは、13(現在の最新バージョンは2018)であるが、矢印、吹き出しなど全体的なスタイルは、以前のSnagitのバージョンよりも洗練されました。

2018バージョンでは、機能がより強化されたようだが、現在のバージョンに満足しているため、あえてアップグレードをせずにいます。 無料アップグレードしてくれればいいのに、その部分は惜しいですね。

2021年10月現在、2021年バージョンを使用しています。 Maintenanceライセンスを購入/更新すると、その期間中にアップグレードが行われても無料でアップグレードできます。 2021年12月に2022バージョンがリリースされるそうですね。 私はMaintenanceライセンスを購入したので、2022バージョンでも無料でアップグレードできます。

キャプチャしたメディアファイルを簡単に共有できます

キャプチャして編集したファイルを画像アップロードサイトに直接アップロードして簡単に共有できます。

また、画面をキャプチャするか、無料の画像サイト(Pixabayなど)から画像をダウンロードしてから、Snagitから呼び出して非常にすばやくサムネイルを作成することもできます。

画面キャプチャが多くないか、撮影した画像に、基本的な編集のみ必要な場合には、前述のように無料の画面キャプチャプログラムに十分なようです。 画面キャプチャすることが多く、様々な効果を迅速に適用したい場合には、 SnagItの 同じ有料プログラムを考慮してみることができるようになります。

強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit
強力な編集機能を提供するための画面キャプチャプログラムSnagit 2

簡単なスクリーンムービーのキャプチャと編集プログラムが必要な場合は、Sangitを作成したTechSmithで作成したCamtasiaを使用できます。

イメージビューアプログラム

参考までに、イメージビューアプログラムには、主にFastStone Image Viewerを使用しています。

アルシやアルキャプチャなど知るシリーズを使用している方をたまに見るんですが、アルシリーズの場合、個人は無料で使用できますが、企業は、購入する必要があります。

非営利目的で使用する国内のすべての個人ユーザーに無料で提供されているライセンスで企業、公共機関、教育機関、PC部屋、海外では購入する必要があります。

アルジプ/アルシ/錠剤/錠剤悪用シールド/アルドライブ/アルキーパー/アルPDF国内公開用の製品は、非営利目的で使用する国内のすべての個人ユーザーは、誰でも無料で使用が可能です。

したがって、アルシリーズは個人的に使用することは関係ありませんが、会社で使用すると、高価なライセンス料を支払う必要があります。

そしてアルジプはKbenchで実施した圧縮プログラムのベンチマークで、事実上最下位を占めて恥たことがあるほど、圧縮性能が低下します。 また、最近イーストソフトは、個人情報まで流出して放送通信委員会の調査を受けています。

なるべくわかりシリーズは使用していない方がいいようです。 代替プログラムがない場合に使用するしかないだろうが、少し検索してみると、良い代替プログラムが多い(例えば、アルジプ代わり蛍家や7-Zip)。

参照



4のコメント

コメント

  1. 昔に Naverキャプチャを多く使用した終了になったんですよ。^^
    今では、Windows 10自体キャプチャ機能を使用してあるけどね。

    そのthe7に変えでした。(笑)
    ブラックフライも価格がそのままであるようで、昨日購入。
    現在最近の投稿のみ見えるようにしておいた。

    いろいろメイン飾るとき気使わなければならが多いようです。
    ワンページthe7は数年前に私が見たテーマの中あまりにもクールだと感心が出てくるようなテーマでした。^^

    応答
    • ホームページリニューアルが楽しみですね。

      どなたBeテーマ( https://www.thewordcracker.com/go/betheme )とThe7( https://1.envato.market/vmqNd )が韓国情緒に合っていると言った。(笑)

      The7テーマは昨年に価格を下げた後、その価格を維持していますね。 価格を下げたおかげで Avadaに続いて販売2位を維持しているようです。

      個人的には、BeやThe7にVisual Composerが含まれており、あまり好まないが、 Visual Composerが好きなユーザーには良い選択になると思われる。

      応答