無料Let's Encrypt SSL証明書の有効期限を確認する - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

無料Let's Encrypt SSL証明書の有効期限を確認する

Last Updated:2022年2月7日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

前へでUbuntu 16.04 / 16.10でLet's Encryptセキュリティサーバー証明書をインストールする方法について説明しました。

無料Let's Encrypt SSL証明書の有効期限を確認する

Cronを使用して自動更新されるようにする方法も説明しましたが、証明書の残りの日がどの位か確認してみたい場合があるでしょう。

この場合は、次のようなコマンドを実行すると、簡単に確認が可能です。

echo | openssl s_client -connect :443 2> / dev / null | openssl x509 -noout -dates

hostnameは、 hostname コマンドを実行すると、表示されます。

上記のようなコマンドを実行すると、次のように証明書の開始日と終了日が表示されます。

notBefore=Jan 9 11:29:14 2018 GMT notAfter=Apr 9 11:29:14 2018 GMT

この場合、2018年4月9日までに、証明書が有効です。

無料Let's Encrypt SSL証明書の有効期限を確認する

別の方法として ssl-cert-check -c cert.pem コマンドを利用することができそうですが、この場合 apt-get install ssl-cert-checkを実行して、 ssl-cert-checkをインストールする必要があります。 そして、このモジュールをインストールした後でも、 ssl-cert-check -c cert.pem 命令を下せば、正しい情報が表示されないですね。

root@xxxx:~# ssl-cert-check -c cert.pem Host Status Expires Days ------------------------------ ----------------- ------------ ------------ ---- ERROR: The file named cert.pem is unreadable or doesn't exist ERROR: Please check to make sure the certificate for FILE:cert.pem is valid

証明書を削除する場合は、不必要なドメインの証明書を削除します。

rm -rf /etc/letsencrypt/live/${DOMAIN} rm -rf /etc/letsencrypt/renewal/${DOMAIN}.conf rm -rf /etc/letsencrypt/archive/${DOMAIN}

または、 certbot deleteを入力し、リストから削除された証明書を選択することができそうですね。 それではlive、archive、renewalディレクトリからファイルが削除されます(参照).

安価に苛性サーバーホスティング(VPS)を利用したい場合は、Digital OceanやVultrなどのサービスを利用できます。 Let's Encrypt証明書も直接インストールできます。 ただし、サーバーを直接構成して運営しなければならない負担(あるいは面倒)はあります。

このリンクをクリックしてVultrにサインアップすると、100ドルのクレジットを受け取ることができます。 商品によって異なりますが、XNUMXヶ月から半年程度は、積算されたクレジットで使用が可能です。

このブログは、管理型VPS(Managed VPS)の Bluehost VPSを利用しています。 root権限が与えられてなり、同時にcPanelでの基本的な機能を管理することができ、問題が発生した場合は、サポートを求めることができますので、私のようなLinuxサーバの知識が限られたユーザーにまともなオプションです。 より安価に海外ホスティングを利用しようとする場合には、VPSより性能が落ちるが、費用対効果の Bluehost 共有ホスティング(共有ホスティング)を利用することができます。

Cafe24 など国内ホスティングでは有料セキュリティサーバー証明書を購入してドメインに適用したり、商品によって無料SSL証明書が提供されることもあります。 Bluehost, Siteground、FastComet、GreenGeeks など海外のホスティングでは、すべてのドメインに対して無料のセキュリティサーバー証明書を利用することができます。

メモ:

参照:

  1. It there a command to show how many days certificate you have? (証明書がどのよう残っているかを表示するコマンドはありますか?)
  2. Correct way to completely remove issued certificate(s)for a domain(ドメインに対して発行された証明書を完全に削除するための正しい方法)
  3. How To Find And Change Your Hostname On An Ubuntu System(Ubuntuのシステムでは、ホスト名を確認して変更する方法)


コメントを残す

コメント