ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

インターネット決済時の注意点 - 自動請求支払い

Last Updated:2016年8月2日| 1のコメント

eコマースインターネットが発展して、電子商取引が活性化されることによって、海外直球が大きく増えました。 特に、PayPalのような決済システムの利便性のために今すぐ簡単に海外からの商品(有形無形)を購入できるようになりました。 WordPressの場合、ほとんどのテーマとプラグインは、海外で制作され、販売されるので、多くの方々が海外サイトでペイパルもしくはクレジットカードで テーマやプラグインを購入しています。 このようにインターネットを介して、海外サイトで決済することが多くなっている状況です。

海外サイトで決済する場合の注意事項がたくさんあるだろうが、その中の一つで "自動的に請求される決済」により被害を見ることができる点が挙げられます。 特に最初の取引をする場合、このような事で困惑を値の可能性が高いようです。 海外からのソフトウェアやプラグイン、テーマなどを購入するときの支払い条件を注意して見なければします。 「Monthly」、「Annually」、「Recurring ... "、" Per month "、" Per year "このような言葉がある場合は注意が必要します。 場合によっては、「毎月」、「毎年」を定期的にコストがかかる場合があるからです。

たとえば、Lynda.comの場合を見てみると、これらの点を理解することができます。

Lynda.com Plan  -  Lynda.com料金プラン

オンライン講義サイトLynda.comで上記のように、4つの料金プランを運営しています。 最初と1番目Planは、毎月の請求されます。 二番目とXNUMX番目Planは、一度に請求され、XNUMX年の間に維持されます。 Basic Month-to-monthやPremium Month-to-monthを利用する場合、1ヶ月が経過する前にキャンセルしなければ毎月請求されます。 Lynda.comの場合は、クレジットカードのみ決済が可能でPayPalは受けなかったが、今でもそうなのかは分からないですね。 Lynda.comを利用する場合の利点に留意して、不要な決済が起こらないようにする必要があります。

PayPalで決済する場合にも、毎月請求されることがあります。 この場合は、アカウントにログインして、事前キャンセルしたり、PayPalのページでキャンセルすることができます。

Cancel Recurring Payment in PayPalペイパルで自動支払い請求をキャンセルするには、 プロフィール>私の資金管理をクリックして、「事前承認された支払い「右側にある「アップデート」を押して、その取引件の「定期支払い」、「自動請求決済」、「割賦制度決済」を管理することができます。

思わず「自動請求」されている場合がまれにあります。 このような場合、事前に確認してキャンセルしてくれれば被害を防ぐことができます。 (クレジットカードの場合、カード会社に電話して処理を要求するとなると思われる。)

メモ:


1のコメント

コメント

  1. ペイパルで事前承認支払いをキャンセルする方法が変わりましたね。

    次の記事を参考にしてください:
    https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%8E%98%EC%9D%B4%ED%8C%94%EC%97%90%EC%84%9C-%EC%9E%90%EB%8F%99-%EA%B2%B0%EC%A0%9C-%EC%B7%A8%EC%86%8C%ED%95%98%EA%B8%B0/

    応答