ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

phpMyAdmin #1146 table does not existエラーが発生した場合

Last Updated:2019年11月24日| コメントを残す

phpMyAdminで#1146 - Table '...' does not existエラーが発生した場合

phpMyAdminにアクセスして、テーブルを選択したとき #1146 - Table」table_name 'does not existが表示されるエラーが発生する場合があります。

#1146  -  Table does not existエラー
#1146 - Table does not existエラー

この問題は、MySQLのバージョンを変更したとき、主に表示されます。

"phpmyadmin#1146 table does not exist"文を見ると、新しいバージョンのphpmyadminのインストールファイルをインストールして、mysqlのバージョンを更新した後databaseディレクトリを新しいバージョンに貼り付けた後、このような問題が発生するとします。

この場合、次のXNUMXつのファイルを交換すると、問題が解決されると思われます。

  1. ibdata1
  2. ib_logfile0、ib_logfile01

これに関連し、別の文書には、次stackoverflow文を参照してみることができます。

#1146 - Table」phpmyadmin.pma_recent」does not exist

転ばぬ先の杖(有備無患)

#1146 - Table」table_name 'does not exist 問題が発生した場合、上記の方法で解決を試みてみることができますが、このような作業に慣れていないか、または直接、このような作業を行うことができる権限がない場合には、解決が容易ではないことがあります。 もしウェブホスティング会社に依頼する必要がある場合は、Webホスティング会社で適切に処理してくれないと、問題の解決が困難になることができます。

したがって、このような状況が発生する前に、データベースをバックアップしておけば、簡単に復旧が可能です。 バックアップは、phpMyAdminから手動で、または WordPressを使用する場合には、プラグインを使用して簡単にできます( "WordPress バックアップ/復元する"参照)。 UpdraftPlusのようなベンダーから提供されるバックアップサービスを利用するのも一つの方法になることがあります。

転ばぬ先の杖(有備無患)という言葉があるように、定期的にバックアップをしておくと、万一の事態が発生しても容易に回復することができます。


コメントを残す

コメント