phpMyAdminのタイムアウト(Timeout)問題

0

どなたアマゾンライトセールの WordPress 環境でphpMyAdminで500kb程度のデータベーステーブルが挿入がないされて5分ロードされた後504エラーが発生するとですね。 これに関連し、少し検索してみるとphpMyAdminのSession Timeout設定値と関連があるようです。

stackoverflow記事によると、phpMyAdminのルートディレクトリにあるconfig.inc.phpファイルを開き、次の設定を(任意の場所)を追加してくれればSession Timeout値が増加するとします。

$cfg['LoginCookieValidity'] = <your_new_timeout>;

ここで、<your_new_timeout>は1800より大きな数字を入力します。

上記のコードがうまくいかないと、次のようなコードでテストしてみてください(出典: Increase timeout session in phpMyAdmin(phpMyAdminでタイムアウトセッション増やす)).

$cfg['Servers'] [$i] ['LoginCookieValidity'] = <your_new_timeout>;

そして次のstackoverflow文も参照してみてください。

上記の方法を試してみろお知らせジュニパーconfig.inc.phpファイルを見つけることができないとし、アマゾンライトセールがマトニャゴ聞いですね。〓〓

phpMyAdminのインストールフォルダの場所を見つけることができない場合は、次の記事を参照してください。

注意:上記の方法で、実際に問題が解決されるかどうかは、確認してみました。

最近アマゾンAWSやアマゾンライトセールを利用するユーザーが増えたことを感じることができます。 アマゾンウェブサービスに関連する質問(問題)が WordPress カフェにたまに上がってきますね。 サーバーがわからない場合は、Amazon Webサービスを利用する過程で、さまざまな問題を経験することができます。 そのようなプロセスで発展を遂げることができますが、一方では、付加的な仕事にもストレスを受けることができます。

非常に大規模なサイトを運営していない場合は、一般的なWebホスティングを利用することがストレスの少ない受けて、時間を節約することができて、より効率的です。 このブログの場合 Bluehost VPSという管理型VPS商品を利用しています。 ルート権限が提供され、同時にサポートとcPanelを利用でき、簡単にサーバーの管理が可能です。

Vultr 同じ価格の仮想サーバーホスティングを利用すれば、今よりも、Webホスティング費用が半分近く節約されますが、運用中に問題が発生して、サイトが一日二日程度ダウンされても損害が大きくなって、ストレスも多く受けるようになるようで気楽に現在のWebホスティングサービスを維持しています。

Bluehost 共有ホスティングや SiteGround 同じサービスを利用すれば、(root権限がないサーバーを直接管理することができませんが、)より低コストで容易にホームページを運営することができます。

メモ:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください