PayPalで送金受け取るどのくらいの手数料が抜けていくか?

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

私はペイパル(PayPal)を比較的迅速に使用した方かつてはWire Transfer(電信送金)、小切手、PayPal経由で支払いを受けて、どの時点から、主にPayPal経由でほとんどの支払いを受けています。

PayPalで送金される場合、手数料

支払いを受け取るとき、高額少額場合Wire Transferが有利な側面があり、少額の場合、PayPalが有利です。 だから、いくつかのクライアントは、特定の金額以下では、PayPalで支払い、設定金額以上になる場合、Wire Transferで支給する場合もあります。 電信送金の場合、銀行で外貨口座を作成するが、以前とは違って今ではほとんどの銀行では、オンラインバンキングにも対応するので、不快感が多く解消された方です。

そして小切手の場合には、個人的には現金化するために時間がかかり、手数料もたくさん離します。 最悪の支払い手段です。 最近は特に取り立てできる銀行員もあまりなく回収を要求するときにも苦労を食べることができます。

電信送金の場合、送信銀行の手数料を離して、また中間銀行(おそらく通常米国に拠点を置く銀行等しい)で手数料を離して、最終的に受ける銀行の方でも手数料を離すため、固定的にしていく手数料が多いです。 それで少額のとき倍よりも腹が大きくなる不合理な場合が発生する可能性があります。 (小切手も個人小切手の場合、手数料が不合理に出る場合もあります。)

その後、ペイパルの手数料はどうでしょうか? PayPalは、通常、4%程度と考えるとなると思われる。 PayPalのページを見て:

PayPal Fee2上記のように 3.9%+受領した通貨に基づいた固定料金が課されると表示されています。 実際の送金を受けた内訳をみると:

PayPal Fee deductions上記のように手数料が差し引かれるか、あるいは手数料が0の二つの場合のいずれかですね。 送金手数料が0である場合は、おそらく送金者側から手数料を負担したか、手数料表に記載されている「販売手数料割引」と関連があるものと思われます。

手数料が差し引かれる場合、計算してみると3.9%に加え、もう少しついて手数料で抜けますね。 上記の例では、コストが少額なので手数料が高いように見えるが、もし1,000ドルや2,000ドルを受けるなら、手数料だけでも、現在の為替レートで計算すると5万ウォンからほぼ10万ウォンに迫ることになるでしょう。 (国内で他の銀行間送金に最高1000ウォンから2000ウォン未満の手数料を払うことなるものと比べてみると、手数料がいたずらではないことを感じるようになるでしょう。)

PayPalで送金受け取る良くないもう一つは、両替したときに損害を見るということです。 確かめてみればコストが大きくなるほど損をすることがペイパルです。 PayPalは、少額の場合に適しており、便利であるという長所以外最悪(?)のサービスと思われます。

ちなみに昔はPayPalアカウントを作成するときに、 "Personal"、 "Business"の中から選択できるオプションが提供されたが、今は「PayPalで購入する」と「PayPalで販売する "、二つの種類の中から選択する画面が出ますね。 個人であれば、おそらく "PayPalで購入する」を選択すると、なりそうです。

ペイパルに登録して、クレジットカードを接続すると、ペイパルで利用できるクレジットカードのあることを確認するために1ドルを請求しながらコードをメモの形で追加します。 それでは、そのコードをPayPalアカウントで入力する必要がペイパルを正しく使用することができます。 それ以外の場合の制約が続くされます。

このように送金される立場でPayPalは、最悪(?)のサービスであるが、海外のオンラインショッピングモールで便利に使用できます。 そして Themeforestで有料テーマや Codecanyonで有料のプラグインを購入するときにも、PayPalがあると便利です。 詳細については、「有料のワードプレスのテーマ/プラグインを購入する"文を参照してください。

注:



17のコメント

  1. こんにちは、私は外国にいるが、韓国の姉にお金をした1500ドル程度送金する一般的な銀行振込が良いでしょうpaypalの送金が良いでしょう..? そして送信するときにサービスこの名目で送信できますか..? paypalで現地でお金を取るだけ見たの私が韓国にボネヌンゲ初めてだと思いました、ありがとう。

    応答
    • こんにちは、エリ様。

      PayPalアカウントに1500ドル以上の場合、PayPalに送ってもなりそうです。
      ただし、国内のページアカウント間送金することができません。
      ページのアカウントを、米国など海外現地で作成し、現在の口座番号を接続した場合、国内のアカウントに送金が可能になります。

      もしPayPalアカウントに十分な残高がない場合には、電信送金(Wire Transfer)がより望ましいことと思われる。
      PayPalで送るときは送金目的を別々に表示しないことです。

      応答
  2. さて..一つ抜き食べたものがあって、さらに書き込むします。
    ペイパルギフトカードを韓国のお金やドルで受領するPayPalで送金されることが必要なのだ。

    ペイパルでみると、ギフトカードを現金に換えてくれるサービスがあるが、それは単に変えるか、ギフトカードを売買したお金を与えるかわからないが、
    まぁ、ペイパルでギフトカードを現金にして、韓国では、お金を受け取る場合には、

    会員登録を、個人ではなく事業者?にすべきか知りたいです。
    可能だったら、これもちょっと知りたくて、グロー残します。

    ありがとうございつけます。

    応答
    • ペイパルギフトカードについては、ペイパルのお問い合わせ見れば良さそうです。 ペイパルギフトカードについてペイパルでは、次のように述べています。

      Is there a PayPal gift card?
      Yes。 Anywhere in the US where PayPal is accepted you can use prepaid gift cards that have aVisa®、MasterCard®、AmericanExpress®、orDiscover®logo on it。 ... For users without PayPal account、you can just enter the card information during checkout in the same way you would do with credit or debit cards。

      https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/template-management/prepaid-gift-cards

      ペイパルを受ける米国内のすべての場所でpaypal gift cardを使用することができそうです。 他の国への言及はないですね。

      応答
  3. こんにちは。
    ペイパルを初めて見る脾臓気になって内容を見ているが、それでもヘトガルリョソもし助けできているか文残します。

    海外から韓国にお金を受け取るとき、PayPalのみれることによって、ペイパルを登録しなければならんですが。
    上私がよく理解精通ヘッガルリが、韓国ペイパルず海外ペイパルサイトに登録することが良いことを理解しました。

    また、手数料は一通り4%にみるといいですか?
    どなた文を見れば15万ウォン以下は1500ウォンの手数料が追加でいくあったが、
    海外で韓国の第通帳に送金を受ける場合、もちろん手数料は、私が出す場合です。 このような時にも追加料金は私かどうかを気にします。

    うーん..送金される金額は、平均3万ウォン程度? のようです。

    もしかしたらお気づきと、ご存知の部分について答えお願いします。
    ありがとうございます。

    応答
    • 韓国PayPalと海外ペイパルが区別がされているわけではないようです。
      韓国国民がPayPalのを登録すれば、国内のPayPalアカウントの間には、送金が禁止されます。

      ペイパルに登録すれば、国内ウォン通帳を接続する必要があります。

      たまに外貨通帳(ドル)を接続したが、二重に手数料が掛かる場合が目撃します。

      米国で開設した通帳があれば、米国でアドレスをして登録することもできるようです。 その後、米国で開設した通帳を開設し、国内ペイパル加入者からも送金を受けることができます。 (国内PayPalアカウント間の送金禁止は、国内規制のためになされた措置です。)

      PayPalは少額を送金したり、受信したとき、ガラスで、送金額が多ければ通帳に受けることが有利です。

      応答
      • うーん...ペイパルをよくソボミョン分かるが、中使ってみると感がないきますね。
        ありがとうございます。
        一度機会があればギフトカード一旦ソブワヤ分かるようです。

    • 国内で作成されたPayPalアカウント左の場合、ドルに引き出すことができず、国内ウォン口座に引き出すことができます。
      (国内で作成されたPayPalのアカウントの間には送金が禁止されており、海外のPayPalアカウントにドルに送金が可能です。)

      PayPalは、両替時の損害をたくさん見ることので、なるべく海外で商品やサービスを購入する際に決済すると利益を得ることができます。

      応答
    • 参考までに、私はPayPalのアカウントを作成するときには簡単に銀行口座を登録することができたが、最近では、銀行口座を登録すると、ペイパルで2件の小口(例えば、15ウォン、12ウォン)を登録した口座に入金させてくれて入金された金額を入力ししなければなら該当口座を正常に利用することができます。 口座を登録する際に、国内ウォン口座を登録しなければならず、アカウントの種類に「当座」を選択する必要があります。 そうではなく誤って設定したり、名義が異なる場合5000ウォンの手数料がかかります。

      https://iwordpower.com/%ED%8E%98%EC%9D%B4%ED%8C%94%EC%97%90-%EC%9D%80%ED%96%89%EA%B3%84%EC%A2%8C-%EB%93%B1%EB%A1%9D-%EC%8B%9C-%EC%B0%B8%EA%B3%A0-%EC%82%AC%ED%95%AD/

      応答
  4. 海外取引をしてみると、時々、売り手が取引キャンセルができなくてPayPalで1〜2ドル程度を返金してくれる
    実際に入ってきたお金を見れば、送金された金額で0.36 $程度がFeeに捕まって私がね。ㅜㅜ
    二回ほど送金受けてきたすべての0.36 $が差し引かドゥェドンデあれなぜそのようなんですか?
    手数料率などを計算してみても比率が大きすぎるという...

    応答
    • こんにちは?

      http://thefeecalculator.com/ サイトから手数料を計算することができます。
      2ドルを入れてみると、ペイパル側で$ 0.36を手数料として持っていくと出てきます。

      ちなみに、実際のとは若干の違いがある場合があります。 手数料ポリシーが少し複雑ですね。

      応答
      • 迅速な回答ありがとうございます。
        お知らせいただいたサイトを見て、商人のアカウントの手数料であるようですね。
        最近運良く(?)の手数料が0 $になった送金を受けたことがあります。
        そのお金は4 $を送金受けFee amountが0 $となっており、最終的な受領された金額は、4 $のままですね。
        ペイパルで送金する方法は何かがあるのではないかと思います。^^ ;;

        質問した1〜2ドル程度入金された場合、これまではFee amountがすべて0.36 $で書かれていた
        Fee amountが0 $の入金と異なる点は、入金された内訳の詳細情報を見る
        0.36 $が手数料に出た場合には、上部に「OK to complete the transaction」という黄色のボックスがあり、
        そのボックスに「What should I do now?」の太いタイトルに「Contact the buyer to confirm the purchase "と" Save all correspondence with the buyer "のような内容があり、「Seller Protection」などの太いタイトルがあると教えて与えられた商人のアカウントの手数料も大方同様出かける見ては、私の送金を受け、売り手として扱われたようですね。

        私通常購入育っ4 $のようにFee amountが0 $に送金殴らするもし送金する際にあんなことを区別することがありますか?
        古い記事を探してみると送金する際に手数料を売主が支払わか送金を受ける人が支給するかを決定して送信し、受信者がAcceptボタンを押しなどの内容があったが、最近に送金されたのはAcceptなどのボタンは見えないですね。 ^^ ;;

        関連の手続きが変わったのか分からないが、何かの手数料が0 $になるように対人(?)の取引に送金する方法があるようたい返金してくれたアリ売り手も上記のような推測(?)の費用でいく部分は全く知らないようですね。^ ^ ;;;
        私は主にアリで1ドル前後のものを多く住む方だコストが大きくはないが、カードのキャンセルができなければ
        やむを得ずPayPalでの払い戻し受けることになる少額の払い戻し受けた理由も分からない手数料に20〜40%以上の損害みる曖昧ね。
        今までの売り手は、PayPalの手数料とする私なんか推測のように取引に関連する送金処理され生じた売り手の手数料なんて私なければなら手数料がないようだが.....
        ペイパルは、時々、PayPalのみのお支払いされているところ以外はサーボかず、周りの人も似たような用途なので...
        差し引かれた手数料が原画と外貨など、PayPalの様々な手数料で、私出すのが合うのかを知らないから.. ^^ ;;

      • PayPalの手数料の条件は、状況に応じて異なる場合があるが、「3.9%+固定手数料」になっていて、売り手の実績が良い場合、販売者の手数料割引料金を適用することができるとされています。

        例えば物品を購入して100ドルを支払う場合は、売り手は、その代金を受けたでしょう。 それでは、その代金で手数料を差し引いた金額を受け取るでしょう。 問題は、返金する場合ですが、それだけでRefundボタンを押して、返金すると、そのコストがそのまま返金されます(受領者がお金を受け取る」Refund」するためのオプションが表示されます)。 しかし、受け取ったお金を、売り手が承認した状態で、後の問題となって返金する場合には、手数料の問題が関連しているようです。

        正確な内容ではないことがあるから、ペイパルに、このような問題を具体的に特定してお問い合わせ見れば、最も正確極寒の回答を得ることができます。

  5. 以前に初めて使用するときに、経験不足で外貨口座を開設してペイパルの取引をしたことが記憶ね(笑)
    数か月が過ぎてようやく2の両替になることを気づいたんですㅠ

    いつも便利で、楽しい投稿ありがとうございます!

    応答
    • そのような場合もありますね。 その後、手数料がすごくていくようですね。 外国で韓国に電信送金(Wire Transfer)でドルを送って来るも送信し、銀行、受け取る銀行だけでなく、中間銀行(米国の銀行)からの手数料をすべての世話を。 PayPalでもし外貨口座に送っていれば... PayPalのも手数料を取りまとめて食べたので...損害が並大抵ではないですね。

      応答