5月は総合所得税申告の月

Last Updated:2024年05月02日| , コメントを残す

毎年5月は総合所得税を申告する月です。 2023年に帰属総合所得がある納税者は、今日5月1日から5月31日まで総合所得税と個人地方所得税を申告して納付しなければなりません。

要はインターネットでも簡単に総合所得税を申告でき、直接申告する方も多いようです。私は毎年税務法人を通じて税金を申告しています。😄

5月は総合所得税申告の月

総合所得税申告期間と留意事項

総合所得税 報告の際は、その期間と条件をよく理解することが重要です。総合所得税申告期間および関連注意事項についてまとめてみました。

総合所得税申告期間

  1. 毎年総合所得税申告期間は、翌年の5月1日から5月31日までです。この期間中、総合所得のある納税者は前年度の所得申告をしなければなりません。
  2. 誠実申告確認書を提出した納税者の場合は、翌年の5月1日から6月30日まで申告を完了することができます。
  3. 申告期限が土曜日または祝日の場合、申告期限は翌平日に延長されます。

特別な状況での報告期間

  1. 居住者が死亡した場合: 納税者が死亡した場合、相続開始日(死亡日)が属する月の末日から6ヶ月になる日まで総合所得税申告を終えなければなりません。これは、相続人が必要な書類を準備して申告するのに十分な時間を提供するためであると考えられます。
  2. 国外移転のために出国する場合: 出国日の前日までに総合所得税申告を完了しなければなりません。

洗浄支援

2023年帰属総合所得税確定申告に関し、経済危機等により経営に困難を経験している納税者には、納付期限を9月2日まで職権延長するなどの洗浄支援を行っています。洗浄支援の詳細は、国税庁の「総合所得税の概要」で確認できます。

直接報告vs。税務士事務所または税務法人による申告

申告税額が多くない場合は、国税庁ホームタックスを通じて直接申告をすることを考慮することができるでしょう。

現在ホームタックスサイトを訪問すると総合所得税申告ができる画面が表示されるので、簡単に申告が可能と思われます。

国税庁ホームタックス

総所得税申告をクリックすると、以下の税申告書作成ページが表示されます。

すべて塗りつぶし報告/簡易経費報告書

申告する収入があまりない場合は、すべてを記入申告/簡易経費申告機能で申告できます。

ただし、申告する収入が法律に準拠している場合は、専門家の支援を受けることが望ましいかもしれません。実際、知人が昨年直接申告して納付する税金が思った以上に出てきて、私が利用する税務法人を紹介しました。幸い、税務法人を通じて申告し、納付する税金を減らすことができました。

私は20年以上にわたり税務士事務所に毎年総合所得税申告を任せています。よく知らずに申し立てを申し立てる場合は、税金を増やすか、誤って報告して加算税を請求することがあります。

すべて塗りつぶす

すべて塗りつぶす サービスは納税者にあらかじめ計算された税額を案内してくれるサービスであり、2023年度の総合所得税申告のため、今年は700万人の納税者にこのサービスが提供されるそうです。特に人的用役所得者である配達ライダー、代理運転騎士、学院講師、介護者など460万人には還付予想額を含むすべて満たされた(還付)案内文が発送され、これは総還付予想額が1兆350億ウォンに達します。

このサービスにより、納税者は税務署に訪問することなく、家やどこでも便利に総合所得税と個人地方所得税の申告を終えることができます。すべての塗りつぶし案内を受けた納税者は、電話(ARS)やモバイルアプリ(ソンタックス)を通じて簡単に申告することができ、ソンタックスには5月に「所得税申告する」専用画面が運営され、より便利な申告が可能と予想されます。 。

上記のように、申告する所得が多い場合は、すべてのフィルサービスを利用するのではなく、税務士を通じて申告することが有利かもしれません。

納付(返金)する総税額がマイナスの場合

総合所得税申告書で納付(返金)する総税額がマイナスの場合があります。

総合所得税マイナス

決定税額がマイナスの場合は、払い戻し税額を意味し、その金額を払い戻すことができます。総合所得税申告時に払い戻しを受ける口座番号情報を入力します。

最後に、

毎年5月は総合所得税申告のためストレスを受けることもありますが、最近はインターネットを通じても簡単に税金申告が可能ですので、期限内に総合所得税申告を終えてください。どのように報告するのかわからない場合は、ARSに連絡するか、税務署に行くと助けることができます。報告する所得が多い場合は、専門家の支援を受けることがストレスを軽減し、税金を節約する方法かもしれません。

参照


コメントを残す

コメント