貸切金を返さないときに絶対にしてはいけない行動

Last Updated:2023年01月07日| | コメントを残す

近年、金利が引き上げられ、住宅価格が下落し、貸切金を返金できないケースが増えている。 特に「ヴィラ王」のような貸切詐欺機が睡眠の上に浮かぶにつれて、貸切制度の抜け穴が浮き彫りになっています。 実際にどんなに気をつけても狙って詐欺をすれば避けられないのが貸切詐欺のようです。

貸切金を返さないときに絶対にしてはいけない行動

貸切金を返さないときに絶対にしてはいけない行動

私は2年前に家主に家を出るので、貸切保証金をいつまで用意してもらうよう要請したことがあります。 しかし、家主は家が出る前にチャーター保証金を返すことができないという答えを与えました。

このため心苦労しましたが、仕事がうまく解けて今のところに引っ越すことができました。

賃貸借契約が終わって引越しを行きたい場合、法的に家主が預金を返さなければなりませんが、新しいテナントを手に入れる前には預金を返さない場合が多いです。 もし家が何ヶ月も出ていないか、すぐに別の場所に引っ越す必要がある状況で、このようなことに遭ったら、ストレスを受けるしかありません。

別の状況では、引越ししようと新しい家を契約し、引越し当日、家主に連絡したとき、家主が今すぐお金が不足しているので、まず50%だけ支払い、残りの半分はXNUMX週間後に支払うと言えます。

もし家主である言葉を聞いて50%だけ受け取り、残りの50%は一週間後に支払うという借用証を受けて新しい家に引っ越すことになるとどんな現象が発生しますか?

引越しをして新しい家に転入申告をすると、既存の家での対抗力と優先弁済権を失うことになります。 もし既存の家主が悪意を持ってテナントが転出した直後に貸し手を受けて家がオークションに移ると、残りの預金を受け取れないことがあります。

貸切金の一部または全部を受け取ることができず、新しい家に引っ越しをしなければならない場合は、まず既存の家に対する対抗力を維持するために絶対に転出をして、他の所へ転入申告をしてはならず、占有を維持しなければなりません。 (引っ越しながら衣類、運動​​器具などを残して写真撮影をして証拠を残してください。)

裁判所に賃借権登記命令の申請をして占有を維持すれば、対抗力と優先弁済権を維持することができます。 賃借券登記命令の申請をすればXNUMXヶ月以内に登記が完了するというので、 借受券の登記が完了した後に転出する必要があります。

再び上記の状況を考えてみれば、家主が引越し当日にデポジットの一部だけを与え、残りは一週間後に与えるとしたら、新しい家に掛けた契約金を放棄しても、現在家から絶対に出てはいけません。 損害を受けた契約金については、今後の法的争いを通じて返還することができます。

もし余裕資金があり、現在家にかかっているデポジットを受けていなくても、新しく契約した家に契約金を払うことができるという場合(もし貸し出しを受けて新しい家に行けば、後で貸出金に対する利子まで既存の家主に請求できると)、新たに契約を引き受けた担当公認仲介士に事情を話し、賃借券登記が完了するまで引越し延期ができるかどうか、家主に依頼してもらうようお願いしたり、貸切券の設定を求めることができるようです。

転入申告+確定日付方式は「転入申告+確定日付+占有」により効力が維持されるのに対し、貸切券は「貸切券設定」で効力が発生します。 チャーター券は、物権で債券である住宅賃借券よりもはるかに強力です。 貸し手は家主の同意が必要であり、契約の満了後に貸し手を返却できない場合、家をオークションに渡すことができるため、家主が同意しない場合があります。

家を見に行くとき、家は空ですが、衣類やあごの器具やトレッドミルなどの一部の荷物がある場合は、賃貸人とテナント間の紛争がある家である可能性があるため、そのような家主とは契約しないことが安全かもしれません。

最後に、

金利が上昇し、不動産の泡が抜けて家賃がチャーター金より低くなるカントンチャーターが続出し、ギャップ投資を通じたチャーター士が毎日新聞地上に上がりつつ、最近の月税比率が急増しているそうです。 家に問題が発生したとしても、家賃はチャーターよりもダメージを受けませんが、毎月出て行く月税は大きな負担になる可能性があります。

チャーター契約を行う場合、HUGチャーター保証保険などチャーター保証保険を受ければ少し安心できると思います。 契約前に保証保険に加入が可能かどうかを確認し、チャーターローンを受け取る場合でも保証保険加入が可能かどうかを問い合わせると良いようです。

HUGチャーター保証保険に加入する方法の次のビデオを参照してください。

参照


コメントを残す

コメント