千里眼サービス終了(+メールデータバックアップ)

Last Updated:2024年07月11日| , コメントを残す

最近では Naver メール、Gmailなどの無料メールサービスが多いですが、千里眼は、従来の有料加入者が長く使用しながらメールアドレスを変更できない点を利用して毎月料金を課してきました。

千里眼サービス終了(+メールデータバックアップ) 5

私は30年以上千リアンサービスを利用してきました。当初は月1万ウォン水準だったようです。それから現在のプランに変わり、CHOLプラスプランを長く使ってきました。しかし、Gmailなどより良いメールサービスも無料ですが、良くない千里眼メールサービスが有料なのは千里眼会員には不満だったでしょう。メール転送サービスでも提供してはいけないか問い合わせたことがありましたが、不可という回答を聞きました。

昨日(2024年7月9日)千里眼から千里眼サービスが終了するという案内メールを受けて、ようやく来るものが来たんだという気がしました。

千リアンサービス終了

千リアンは2024年10月31日に千リアンサービス終了を案内するメールを会員に発送しました。そして、千里眼のホームページにアクセスすると、次のような「千里眼サービス終了案内」ポップアップが表示されます。

千里眼サービス終了(+メールデータバックアップ) 6

以下は、千リアンが明らかにする主な終了スケジュールです。

2024年 7月 11日メール/アドレス帳バックアップ機能オープン
メール自動配信/メールアドレス変更案内申請オープン
2024年 8月 1日千リアン基本料無料変換
2024年 9月 1日千リアンキャッシュ払い戻し申請開始
付加サービス終了
2024年 10月 1日千リアンメール受信/発信停止
2024年 10月 31日千リアンサービス終了

メール自動配信とメールアドレス変更案内は2024年7月11日から10月31日まで申請が可能で、千里眼メールの受信および発信が中止される2024年10月1日から2025年10月31日までサービスカニ提供されます。

千里眼サービス終了(+メールデータバックアップ) 7

メール自動配信/メールアドレス変更案内

  1. 申請期間:2024年7月11日~2024年10月31日
  2. 利用期間:2024年10月1日~2025年10月31日

申請者に限り、メール自動配信/メールアドレス変更案内機能が利用できるそうです。このサービスが無料であるか有料であるかについての情報はありませんが、(有料という言及がないため)無料で提供されないかと推定されます。

千リアンサービスはずっと前に終了したものでも同じだったのですが、これまで引き寄せて、今やサービスが公式終了しますね。メール配信サービスは引き続き提供されれば良いと思いますが、2025年10月31日まで提供され、その後は千リアンメールが完全に歴史の中に消えます。

過去10年間、千里眼メールの代わりにGmail Naver メールを使ってきましたが、それ以前に散らばっていたところが多くて泣いてマスタード食べるようにしばらくはありませんが、毎月3,300ウォンを支払ってきました。 😥

時間をかけて千リアンメールで登録したサイトにアクセスして、メールアドレスをすべて変更する必要があります。面倒で遅れてきましたが、もう足の甲に落ちた火になりましたね。😄

久しぶりに使いながら情がたくさん聞かれたのにこんなに消えると言うのでシウォンソプソプですね。

千里眼メールデータのバックアップと移行

千里眼メール/アドレス帳データを2024年10月31日までバックアップできます。

千里眼サービス終了(+メールデータバックアップ) 8

データをバックアップして、OutlookやThunderbirdなどの電子メールクライアントからインポートできます。

2024年10月1日に千リアンメールの受信/送信が中断されるため、以前にOutlookまたはThunderbirdで千リアンメールを設定してメールサーバー上のメールを受信できます。これにより、メールデータをバックアップしてインポートする手順は必要ありません。

About 천리안

千里眼はメディアログで運営するポータルサイトで、最初はデイコム(現LGユープラス)でビデオテックスサービス「千里眼」で始まりました。その後、BBSサービス「PC-SERVE」と統合し、大韓民国のPC通信サービスに発展しました。千リアンはかつて専用プログラムベースのGUI中心サービスである千リアンマジックコールも試みたが、インターネットが広く使われてLGインターネットのWebベースのマルチメディア通信サービス「チャンネルアイ」を吸収し、インターネットポータルサービス「CHOL.com」に改編されました。現在はユープラスの子会社であるメディアログで運営しています。

千リアンは1985年にパイロットサービスを開始し、1986年に本格的にサービスを開始しました。当初はPC通信を通じて海外にEメールを作成して送信できる商用Eメールサービスを提供し、1991年には中央教育振興研究所とともにコンピュータで家庭学習が可能なAプラス教育情報を提供し始めました。 1994年には千リアン家族誌「月刊千リアン」を創刊し、インターネット接続サービスを開始しました。 90年代初頭までは従量制を導入しましたが、90年代半ばからは定額制を導入して利用者に大きな人気を集めました。かつて有料加入者が350万人を突破したが、超高速インターネットの普及とCHOL.comの発足により利用者が減少しました。 2007年にTelnetサービスを停止し、その後すべてのサービスをインターネット経由で提供するようになりました。

参照


コメントを残す

コメント