[コンピュータ]フォルダ内のファイルのリストを抽出する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

翻訳をしてみると、たまに、クライアントが数百を超えるファイルを圧縮して送られてくる場合があります。 いちいちファイルを開いて単語数カウントも多くの時間がかかります。 もし、ファイルがMS Officeファイルまたはhtmlファイルである場合 トラドス(Trados)のような翻訳ツールを使用して簡単に分量を算定することができますが、画像ファイルまたはPDFファイルであれば分量算定も容易ではない作業になります。

難しく仕事を受注しても、ファイルがあまりにも多くて、ファイルを管理するにも困難を経験したりします。 だから、最初はFolder Viewと呼ばれるプログラムを購入して、ファイルリストを作成し、Excelにまとめて作業を管理しました。 しかし、後にファイルのリストを抽出する方法は、Windows自体でサポートされてかどうかは更新がないだろう。 だから最近は "フォルダとサブフォルダ内のファイル名をテキストに抽出する"という文に記載されている方法を主に使用している方です。

フォルダ内のファイルのリストを抽出する

コマンドプロンプトウィンドウで、いちいちそのフォルダに移動することが面倒のみ dir / b> list.txt または dir / b / s> list.txtのような簡単なコマンドでサブフォルダを含むファイルのリストをテキストファイルに抽出が可能です。 別のプログラムをインストールする必要がなく、良いようです。

この方法が少し面倒ならsnoopyさんが作成して展開している レジストリファイルを利用すれば、マウスの右ボタンをクリックして、より簡単にファイルのリストを作成することができます。 フォルダが1つの場合は、この方法が便利です。

翻訳の過程で、このように単純な作業を効率的に処理する方法を身につけるより効率的に作業処理が可能となる場合があります。

フォルダ内のファイルの一覧をエクセルで読み込み

フォルダ内のファイルのリストをエクセル(Excel)にインポートすることもできます。

list to Excel compressor 1030x512  -  [コンピュータ]フォルダ内のファイルのリストを抽出する

データ(①)をクリックして、 データのインポート(②)> ファイルの > フォルダからを選択して、フォルダを指定すると、フォルダ内のすべてのファイルのリストをExcelにインポートすることができます。

インターフェースは、Excelのバージョンに応じて、他のものがあります。 上記のUIは、Excel 2019のバージョンの基準です。



コメントを残す