Cafe24でPHPのバージョンを変更する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

カフェ24でPHPのバージョンを変更する

カフェ24でPHPのバージョンをPHP 7.3、PHP 7.0、PHP 5.5、PHP 5.3、PHP 5.2での変更が可能です。

サイトの速度を向上させるためにPHP 7.3または(PHP 7.3この問題を引き起こしている場合)PHP 7.0に変更することをお勧め。 PHP 7.3で変更した場合のデータは、DBすべて初期化されるので、必ずバックアップを取るおい開始してください。

もしバックアップを受けずに進行した場合、カフェ24掲示板に支援を要請すると、バックアップファイルをダウンロードすることができるように措置してくれるでしょう。

一昨年にカフェ24でPHPのバージョンを変更する方法についての掲示板に簡単に言及したことが、将来のPHP 7が追加されるなど、変化があって新たにまとめてみました。

カフェ24でPHPのバージョンを変更するには、カフェ24サイトにログインした後に "私のサービスの管理」をクリックして、 延長/変更/追加オプション 下の "変更申請"をクリックするします。

私のサービスの管理> 複数のIDがある場合は上部の 「私は申請したユーザ名のリスト "で、IDを選択 >延長/変更/追加オプション>変更申請

カフェ24からPHP 7にアップグレードする

これにより、次の図のように、現在使用しているサーバー環境とPHPのバージョンを変更することができるオプションが提供されます。

カフェ24 PHPのバージョンにアップグレード

PHP 7.0、PHP 7.3でPHPのバージョンをアップグレードすることができます。 パフォーマンスとセキュリティのために可能な限り、PHP 7.3を選択してください。

カフェ24 PHP 5.5のダウングレード

この図では、現在のPHP 7.0が適用されており、PHPのバージョンを5.5に変更が可能です。 参考までに、ワードプレスの推奨PHP仕様は5.6であり、近いうちにお勧めの仕様が7.0に上方修正される予定です。ワードプレス推奨仕様がPHP 7.3に上方修正されました。

バージョンを選択して、変更申請を押すと、次のようにFTP非番を設定できる画面と警告が表示されます。

カフェ24 PHPのバージョンに変更

データとDBを必ずバックアップを受けた後に進行するようにします。

PHPのバージョンに変更が完了したら、ダウンロードしたデータファイルとDBファイルをFTP経由でアップロードした後で、 アカウント管理>バックアップ取得/上げるで復元を試みてみます。

たまに自動バックアップファイルの場合、ファイル名が勝手に変わるでも、問題が発生する可能性があります。 特に画像ファイル名にハングルが使用されると、問題を引き起こす恐れがあるでしょう。

可能な限り、手動で直接ダウンロードすることが望まれます。

海外ホスティングでは、簡単にPHPのバージョンを変更することができるオプションを提供していますが、カフェ24は、PHPのバージョンを変更する作業が少し面倒です。

ちなみにPHP 4.xでPHPのバージョンを変更する場合は、新しいサーバーに移転され、データとDBは初期化されます。

php5.5で提供されているphp詳細バージョンは5.5.17ので5.6以上のバージョンが必要な場合には、php7.0 / mariadb 10を利用されることをご検討ください。

現在php4.xバージョンでphpのバージョンを変更時にアカウントのDATA / DBは、すべて初期化され、新しいサーバーに移転されます。

※ワードプレスの場合には、長い時間の更新をしていなかったが、最新のバージョンにワードプレスコア、テーマ、プラグインを更新すると、サイトが正常に動作しない場合があります。 そのような場合、問題の原因を見つけて解決ヘジュオヤます。

おわりに

以上でカフェ24でPHPのバージョンをアップグレードする方法について説明しました。 可能な限り最新のバージョン(例えば、PHP 7.3)で適用してください。 ワードプレスを利用するには、なるべくPHP 7.2以上を選択してください。 PHP 7.1までのセキュリティサポートが終了して、セキュリティ上の望ましくありません。

注:



5のコメント

  1. バージョン変更をどのようにするか知らなかったのおかげで変更しました! ありがとうございます! 😊

    応答
  2. こんにちは。 文よく読みました。 案内ありがとうございます。 私も Cafe24でphp5でphp7に変更しようとする変更申請前に聞いてみたらDBの種類が変わるため、サイトに接続できないことがあるという話をしますね。 さらにいくつかの設定をするか知ることができイトウルジヨ?

    応答
    • こんにちは?

      万一の事態に備えて、DBとデータを徹底的にバックアップしてください。
      自動バックアップに心に置かれなければphpMyAdminにアクセスして、手動でDBをバックアップすると、安心することができるようになります。 そして、FTP経由でデータをPCにダウンロードすることができます。

      参考までに、自動バックアップ機能を利用する場合は、イメージの名前にハングルが含まれている場合、復元後の画像が文字化けすることができます。 このような問題を防ぐために、手動でFTP経由でダウンロードすることが望ましいことがあります。

      応答
  3. こんにちは! 説明してくださった文は本当によく読みました。
    初心者とよく分からなくて。質問ちょっと掛けてみますね。
    データとDBが運んで行くことができますので、バックアップをしなければならないというのは
    既存の積み上げておいたすべての文が運ばということで解釈するといいですか?

    応答
    • こんにちは?

      PHPのバージョンを5.xで7.0に変更するか、逆の場合は、警告メッセージが表示されます。
      https://uploads.disquscdn.com/images/e2aa263239837d79f13ce070d6ae0645936be4da363fa501282cea67ccc4957a.jpg

      図のように

      切り替え後、既存のアカウントのデータとDB、電子メールなどはすべて削除され、復元不可能です。 重要なデータはバックアップした後の申請ください。

      必ずデータとDBをバックアップした後に行わしてください。 それ以外の場合困っ状況が発生しています。

      バックアップ方法は、上記で説明していますので参照してください。 初期化されると、FTP経由でファイルをアップロードして、DBも一緒にアップロードして、復元してくれればされます。

      応答