Googleは2024年3月のコアアップデートでスパムコンテンツを45%削減

Last Updated:2024年05月08日| , コメントを残す

Googleは3月に大規模なコアアップデートを実施しました。 2024年3月5日に開始されたGoogleの 2024年3月のコアアップデートは45日が去る2024年4月19日に完了しました。 Googleは本来、低品質で価値のないコンテンツを40%まで減らすことを目指しましたが、実質的には45%のスパム性コンテンツが減少したとブログを通じて明らかにしています。

Googleは2024年3月のコアアップデートでスパムコンテンツを45%削減

Googleは2024年3月のコアアップデートでスパムコンテンツを45%削減

Googleが今年3月に行ったコアアップデートにより、多くのサイトが影響を受けています。海外では何千ものサイトがピュアスパムで飛んだというニュースも聞こえますね。

Googleの今回のコアアップデートは、次の点に焦点を当てています。

  1. 期限切れのドメインの悪用: 期間が切れて落ち着きドメインになったドメインを登録してGoogle検索結果でランキングを操作するために、そのドメインを使用してユーザーに価値が全くないかほとんどないコンテンツを提供したい場合
  2. 拡張コンテンツの悪用: 大量にコンテンツを生成することを規制しようとするもので、自動投稿(コンテンツ自動化)だけでなく、人が直接何らかの操作を通じてコン​​テンツを大量に生産することも含むようです。
  3. サイト認知度の悪用: 検索ランキングを操作するために、外部ページをホスティングサイトのランキング信号を活用して配置する行為を意味すると言います。これはGoogleドキュメントを読んでみても具体的に何を意味するのかは確かに理解できませんが、人気サイトに寄りかかって自分のサイトのランキングを上げようとする試みを意味するようです。

Googleの3月のコアアップデートは、ChatGPTなどの自動生成AI(人工知能)によって生成されるコンテンツを含む、ユーザーに価値を提供しない、または価値の少ないコンテンツをフィルタリングすることに焦点を当てています。

Googleのスポークスマンは、「Webとスパム技術が進化し続けるにつれて、Googleは検索で品質が低く、固有性のないコンテンツを減らす作業を続けていきます」と述べています。

検索結果からスパム性の低品質コンテンツと戦うための3月のコアアップデート検索ランキングの改善が完了しました。 3月5日、私たちは[Googleは]スパムポリシーのいくつかのアップデートで、コアシステムにいくつかの意味のある改善点を発売し、検索で検索されることを目指して生成されたコンテンツを減らしました。

Googleは今回のスパムアップデートを通じて、低品質で有用ではないコンテンツを40%程度減らすことを期待したが、最終的に45%まで減少したとします(New ways we're tackling spammy, low-quality content on Search を参照)。

最近の3月のスパムアップデートにより、多くのサイトが影響を受けているようです。海外では数千のサイトがピュアスパムで飛んできたとし、我が国でも(GNUBOARDで制作された)コミュニティサイトが価値のないコンテンツ問題に直接対処されるなどの事例が報告されています。

価値のないスパム性コンテンツを除外するというGoogleの意図とは異なり、正常なサイトも今回のアップデートにより被害を見ています。😥

Googleは過去にコアアップデートによって悪影響を受けた場合に考慮すべき事項についてのアドバイスを提供しましたが、今回のアップデートには実質的に新しいアドバイスはあまり提供していません。

結論として、ユーザーに役立つコンテンツを作成し、検索エンジンで親にさらされるようにコンテンツを作成しないでください。また、サイトの速度が遅くなったり、コンテンツを読み取ったりするのを妨げる要因などを改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる努力も必要となる場合があります。

とても原論的な事項ですが、Googleで提示する内容なので見落とすべきではありません。

チャットGPTが登場しながら自動生成された価値のない文章が増加しています。これらの価値のないコンテンツをフィルタリングするために、Googleなどの検索エンジンは常にスパムポリシーとコアシステムを更新しています。この過程で、遠いサイトも被害を受けています。

検索エンジンポリシーの変更により、低品質のケースが頻繁に発生してきました。今回のGoogleの3月のコアアップデートで訪問者のトラフィックが減少した場合は、訪問者に役立つコンテンツを作成することに焦点を当てて、 Facebook, Instagram, Twitter(X)、知識人、 Naver カフェなどのチャンネルを通じて外部流入を増やす努力も並行して、困難な時期を乗り越える努力をしなければならないようです。

最後に、

今後、チャットGPTがさらに発展して人間に比べて落ちない文章を作成することになり、検索エンジンで区別することが難しくなれば、ブログは事実上終わりではないかと思うこともあります。すると検索エンジンの立地もさらに狭くなり、チャットGPTなどの生成型AIに市場を奪うかもしれません。 Googleなどの検索エンジンはそのような状況をできるだけ遅らせるよう努力し、その過程で正常なサイトもダメージを受けない状況に行くのではないかと心配です。

一方、危機は機会という言葉があるように、このような状況で機会を捉えてより大きな収益を生み出す方もいらっしゃると思います。

参照


コメントを残す

コメント