Google 検索アルゴリズム ドキュメントの漏洩とキーコンテンツ (+ 漏洩したドキュメント URL)

Last Updated:2024年06月01日| , コメントを残す

最近、2,500ページに及ぶGoogleの重要な検索アルゴリズムの内部文書が漏洩しました。これらの記事には、Googleが追跡しているデータと検索ランキングアルゴリズムで使用できる情報に関する情報が含まれています。 Googleは漏洩した資料について言及していないが、その文書は実際のGoogle内部文書であることを認めた。しかし、Googleは、漏洩したデータがGoogleの現在のランキング決定要素と一致しないか、最新の情報ではない可能性があるため、不完全で古い情報に基づいて抑圧しないことを警告しました。

流出した資料を分析した専門家らによると、GoogleがSEOについて主張してきた内容と一致しない情報もあることが明らかになっています。

Google 検索アルゴリズム ドキュメントの漏洩とキーコンテンツ (+ 漏洩したドキュメント URL)

Google検索アルゴリズム文書漏洩ガンの重要なポイント

  • 文書の真正性を確認する: Googleは漏洩した文書が本文であることを認めており、これらの文書はGoogleが追跡しているさまざまなデータに関する詳細な情報を提供しています。
  • データの使用: 公開された文書によると、Googleはクリック数とChromeユーザーデータを収集することがわかりました。 Googleは、これらのデータが検索ランキングに影響を与えないと主張してきました。
  • SEO(検索エンジン最適化)業界への影響: 今回の流出事件はSEO、マーケティング、パブリッシング業界に及ぶ波長が相当すると予想されます。
  • Googleの反応: Googleは、漏洩した情報に基づいて検索アルゴリズムの誤った推定(仮定)を行わないことを強調しています。
  • 関連業界への影響: 検索ランキングを決定するためにGoogleが選択する要素は、小規模のパブリッシャーからオンラインショップ(ショッピングモール)まで、幅広いビジネスに影響を与えます。漏洩した文書はGoogleがどのような考えをしているかについての洞察を提供しますが、データの正確な使用方法は明確ではありません。

Google検索アルゴリズム文書の示唆点

"Google Search Algorithm Leak: Internal Docs Reveal Secrets of Ranking, Clicks, and More「という記事では、流出したGoogleの内部文書が示唆する点を次のようにまとめています。

  • ランキングシステムと特徴: 公開されたドキュメントには、YouTube、Assistant、Webドキュメントなど、さまざまなサービスをカバーする14,014の属性を持つ2,596のモジュールが含まれています。漏洩した文書は ここで確認できます。文書は一般人が分かりにくくなっているようです。
  • Googleの以前の主張に反するもの:
    • ドメインスコア(Domain Authorigy; DA;ドメイン権限): ドキュメントに「siteAuthority」に関する内容があると見て、Googleはサイト全体のスコア(権限)を測定していることを示唆しています。
    • クリック数: グーグルは公的な妻にもかかわらず、NavBoostのようなシステムで検索ランキングにクリックデータを使用することがわかりました。
    • サンドボックス(Sandbox): 公開された文書によると、「hostAge」属性を使用して新しいサイトを(サンドボックスとして)分類することが言及されています。 サンドボックス期間のためのGoogleの妻に相反します。
    • クロムデータ: 過去のGoogleの否認にもかかわらず、Chromeデータがランキングアルゴリズムで使用されていることを示しています。
  • ランキングシステム構造: Googleのランキングシステムは、単一のアルゴリズムではなく、一連のマイクロサービス(Microservice)で構成されています。主なシステムには、Trawler(クロール)、Alexandria(インデックス付け、インデックス作成)、Mustang(ランク決定)、SuperRoot(クエリ処理)があります。
  • Twiddlers: 検索結果をユーザーに提示する前に、検索結果を調整するランキングの再配置機能には、NavBoost、QualityBoost、RealTimeBoostなどが含まれます。
  • SEO関連事項:
    • Pandaアルゴリズム: Pandaは、ユーザーの行動と外部リンクに基づいてスコア調整機能を使用し、ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリなど、さまざまなレベルで適用されます。
    • Authors (作成者): Googleは作成者(著者)情報を明示的に保存します。これは、ランキング決定における作者(著者)の重要性を示唆しています。
    • ランキング降格(Demotion): アンカーの不一致、SERPの不満、正確な一致ドメインなど、さまざまな降格要素が適用されます。
    • リンク: リンクはまだ重要です。ページが索引付けされている場所に基づいてリンクの値を表すsourceTypeメトリックスが含まれています。
    • Googleは短いコンテンツの創造性(固有性)を評価し、トークンを計算し、主要コンテンツを前半に配置することが重要です
  • 開かれた質問: 役に立つコンテンツの更新が「Baby Panda」に関連しているかどうか、NSR(Neural Semantic Retrieval)がどのような意味を持つかについて考えます。
  • 戦略的なアドバイス: (この記事では、著者は)質の高いコンテンツを作成し、宣伝をうまく行い、絶えず実験してSEO戦略をテストすることを助言しています。

SEOの専門家によると、Googleはクリックベースのユーザーシグナルを使用し、クリックとエンゲージメントをGoogleの検索結果に反映しています。また、国と州/都など地域を区分する評価するそうです。他にも様々な情報が公開されています。

これからの対応...

今回のGoogle検索アルゴリズム文書の流出は、 SEO 業界に大きな混乱をもたらすようです。

SEO業界で長い間影響力のあるインフルエンサーであるSparktoro CEO Rand Fishkinは、X(Twitter)投稿を通じて「過去数十年間、Googleの検索部門でこのような規模や詳細な情報の流出はなかった」としながら、世界で最も秘密に包まれているGoogleの内部情報流出が持つ意味を説明しています。

Google 検索アルゴリズム ドキュメントの漏洩とキーコンテンツ (+ 漏洩したドキュメント URL) 2

GoogleはSEOに関するさまざまな情報を提供してきましたが、SEOの専門家は、Googleが長い間検索アルゴリズムの動作方法について正確な情報を開示しておらず、いくつかの点については嘘をついたと主張しています。

Googleは過去2年間で大規模な検索アルゴリズムの更新を行ってきました。その過程で小規模ウェブサイトの検索流入が減少し、一方、レディット(Reddit)、 Instagram などの一部の大規模コミュニティの検索流入は増加したそうです。

Googleが公に否定してきましたが、サンドボックス期間が存在することが今回流出した文書で明らかになりました。サンドボックスは、新規サイトが短期間で検索順位の上位に露出するのを抑制し、特に4~5ヶ月の長い期間中に訪問者数がほとんどなく、途中でブログ/サイト運営を放棄するようにする要素となっています。

GoogleはWeb世界で絶対甲の位置にあるので、Googleの意図をよく把握して対応するしかないようです。

ブログとして成功したり、有意義な訪問者を増やすために、独創的でクオリティの高い文を着実に書くことは基本であり、追加の努力が必要なようです。 Facebook などSNS Naver 知識人、カフェなどの外部チャンネルを通じて宣伝し、外部の流入を増やすことが役に立ちます。

参照


コメントを残す

コメント