NASAが公開した、なぜ小惑星セレスの地表面を映像化したアニメーション

Last Updated:2016年01月31日| コメントを残す

Dawn探査機が撮影した写真データを基に、矮小惑星セレス地面を映像化したアニメーションが公開されました。 大きなクレーター(クレーター)が特に印象的ですね。

アニメーションという用語が示すように、プローブが撮影したデータを再構成したもので見えますね。 だからYouTubeの動画ページのコメントを見ると、月面着陸のように陰謀論を提起する人もかなりいますね。 一部の人は、元のは、どこにあるのかと尋ねるとね。 多分NASAが一般の関心を引くための戦略の一環であることもできるという考えがしますね。

とにかく実際の資料を持って再構成したので、どの程度は実際と似ていないかと思います。

ちなみに、太陽系内の歪み惑星(dwarf planet)は次のように定義されるとします。

  • 太陽を回る軌道を持っています。
  • 球形に近い形状を維持するための重力を維持できるほどの質量を持つ。
  • 軌道周辺の他の天体を排除しない。
  • 他の惑星の衛星ではありません。

私が幼い頃には冥王星が太陽系の一つの惑星でしたが、上記の定義に従って倭小惑星(あるいは倭惑性とも呼ばれます)に激下されました。 冥王星が属する軌道内に他の天体(カイパー隊)がまだたくさん残っているからだそうです。


コメントを残す

コメント