Firefox 61で9つのセキュリティ問題を発見

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Mozillaので9月5日のセキュリティアドバイザリ(Mozilla Foundation Security Advisory 2018-20)でFirefox 61で9つのセキュリティ問題が発見され、最新のバージョンでパッチされたと明らかにした。

バグのいくつかは深刻だが、実際の攻撃は行われていないようです。 Firefoxブラウザを使用している場合、可能な限り迅速に最新バージョンに更新してください。 最新バージョンにアップデートするには、Firefoxブラウザのメニューから ヘルプ> Firefoxについてをクリックすると、自動的に更新があるかチェックして、最新バージョンに更新します。

Firefoxの最新バージョン

Firefoxのアップデートとバージョンが62に変わることです。 Firefoxの61バージョンに関連するセキュリティの問題の詳細については、 ワードプレス 関連するセキュリティ企業であるWordfenceの "PSA:Multiple Vulnerabilities Present In Firefox 61」で確認することができます。

クロムも最近のバージョン69に更新されました。 Chromeブラウザを最新バージョンにアップデートするには、 ヘルプ> Chromeについてをクリックします。 (またはアドレスフィールドにchrome:// settings / helpと入力してもされます。)

クロム69に更新すると、まず第一にUIが以前と変わったことを確認することができます。 私は変わったUIが慣れていなくてChromeテーマをインストールして使用しています。

そしてクロム68からHTTPSにロードされるサイトのアドレス欄に「安全な接続」というフレーズが表示されたが、今ではフレーズがなくなって鍵のアイコンだけが表示されます。

クロム69安全な接続

HTTPでロードされるサイトには、以前のバージョンと同様に、「注意要する」警告フレーズが表示されます( "Google Chromeは、HTTPサイトについて「注意要する」警告フレーズを表示"参照)。

新しいクロム69バージョンでは、以下のサポートが追加されました。

  1. CSS Scroll Snap(CSSスクロールスナップ)
  2. Display cutouts(ディスプレイカットアウト)
  3. Web Locks API

他にも、新しいCSS4機能のサポートがいくつかの追加された。 詳細については、Googleの開発者サイト文を参照してください。

韓国では、IEのためにクロム69に追加された最新の機能を実際のサイト構築に使用みる機会はないようです。

追加:

クロム69で特異的にwwwがつくアドレスは、wwwなしで表示されていますね。

クロム69

URLをコピーすると、wwwが一緒にコピーなりますね。



コメントを残す