Disqusの移行ツール - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

Disqusの移行ツール

Last Updated:2019年11月24日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Disqusのコメントシステム

寀ーや他のプラットフォームでDisqusを使用している途中 WordPress などに移行する場合、文、URLが変更されることがあります。 またはドメインを変更したい場合もあるでしょう。 その場合Disqusから提供される移行ツールを使用して、新しく移転したサイトの記事にDisqusコメントが正しく表示されるようにすることができます。

この記事は、DisqusのKnowledge BaseのMigration Tools(移行ツール)という文を参考に作成しました。 原文は以下のリンクを参照してください。

Migration Tools(移行ツール)

Disqusが提供する移行ツールを使用してサイトのディスカッションスレッド(Discussion Thread)を新しいスレッドに移動させることができます。 一般的に、次の状況では、このツールを使用することができます。

  • ドメインを変更する場合。 たとえば、Webアドレスをwww.old-url.comでnew-awesome-url.comに変更した場合、
  • CMS /ブログシステムを変更し、文URLの構造はもはや同一でない場合。 例:寀ーで WordPressに移転
  • 二つの議論(Discussion)を一つにマージする必要がある場合

考慮事項と制限事項

  • XNUMXつのスレッドを結合すると元に戻すことができません。
  • この移行ツールは、コメントを新しい Disqus shortnameに移転しません。 したがって、新しいサイトで同じshortnameを使用します。
  • 移行は、最大24時間程度かかる場合があります。
  • コメントはなかったページで更新されたコメントスレッドが表示されることを確認して、移行の進行状況をチェックできます。
  • ユーザー定義 disqus_identifierを使用している場合は、以前した後も引き続き動作します。
  • XNUMXつのスレッドを同じURLにマージしidentifierが異なる場合は、新しいスレッドには二つのidentifierをすべて含んでいます。

移行ツールの位置

Disqus Adminに移動し、 Tools> Migration Toolsをクリックします。

Disqusの移行ツール3

使用可能な移行オプション

Disqusの移行ツール4

  • Domain Migration Wizard - ウェブサイトの基本的なドメインが最近変更された場合は、新しいデフォルトのドメインを使用するようにコメントスレッド(Commenting Thread)のURLを移行する必要があります(例えば、www.old-url.com - > new-awesome-url.com)。
  • URL Mapper - サイト記事のURLスラグが最近変更された場合、URL Mapperを使用してコメントスレッドを前URLから新しいURLに移行する必要があります(例えば、yourdomain.com/p=23 - > yourdomain.com/new-page-slug)。
  • Redirect Crawler - 301リダイレクトを設定した場合は、Redirect Crawlerを使用すると、サイトのページをクロールしてコメントスレッドのURLを自動的に移行することができます。 上級ユーザーにのみ推奨します。

[box type = "info"] 警告!

移行の過程で少しでもエラーが発生した場合の回復ができないことがありますので、慎重を期してください。 なるべく他のShortnameを作成し、同様の環境のテストサイトを一つ設定して、事前にテストヘボシン後進行すればいいようです。[/ box]

メモ:



2のコメント

コメント

  1. タイトルとURLのsが落ちました。

    disqusを使用して悪い点が、ハングルURLの場合みんながリンクの認識を下手サイトに進み来404エラーが浮遊ましたよ解決方法ありますか?

    応答
    • ありがとうございます。 5子を変更しました。(笑)

      時々、他のユーザーのスレッドでリンクをクリックすると、エラーが出て、もう一度クリックすると正常にいく現象がハングルURLからだったよね。

      私は、最初に、URLに、英語のみを使用している途中SEOに良いして、ハングルのURLに変換しました。

      しかし、チェックしてみると、URL自体にハングルがあるといって、より多く訪れるないようです。 ただし、外国人がクリックする確率が低くなって直帰率を防ぐには、助けになると思われる。

      だから最近はハングルURLと英文URLを混用して使用している...特にどちらが良いと判断を下すのは容易でないですね。 ハングルのURLを使用すると、SEOの面で少し(個人的な考えは、それほど多いようでない - 人々がURLまで確認していないようです)は、利得があるか分からないのURLをコピーすると、ハングルが文字化けしてくる汚く見え、またDisqusのように予期しない問題が時々発生していて...

      応答

カフェで WordPress 情報を共有できます。

ありがとうございます!