[モバイル]カレンダーアプリのおすすめ - DigiCal

Last Updated:2023年07月17日| コメントを残す

翻訳作業をしてみると、プロジェクト管理に気を使うようになります。 だからスマートフォンを使い始めた当初から、カレンダーアプリを購入して使用してきました。 当時は、Googleカレンダーと連動されているアプリがあまりありませんでした。 当時購入したアプリがBusiness Calendar Proというカレンダーです。 PC上でのGoogleカレンダーにプロジェクト納期、記憶すべき事項、やるべきことなどを入力すると、スマートフォンでもすぐに表示されて、数年の間によく使用しました。

そうするうちに、今回 DigiCal + アプリを得てい DigiCalをインストールしてみると Business Calendar Proより機能が全く落ちず、Google連動が上手くなるだけでなく、デザイン面でより良いようです。 特にハングルですべてが自動的に表示され、日付も「12月14日」の式でちゃんと出ますね。 (アプリによっては「12月4」もしくは不思議に出る場合もあります。)

DigiCal Calendar  -  Androidカレンダーアプリ

上の図は、ウィジェットの種類を選択設定画面です。 ウィジェットの種類を選択した後、ウィジェットのテーマを選択することができます。 テーマはHolo Light、Holo Darkなど2つの無料のテーマと7つの有料テーマ(9つのテーマ)が提供されます。

DigiCal  - カレンダーアプリのテーマ

そして、これは月間カレンダーの形です。

DigiCal Calendar  - カレンダーアプリ(月額)

テキスト月刊(Text Monthly)カレンダーを選択すると、棒状の代わりに、一定のテキストで表示され、代わりに、以下の詳細な日程が消えます。

フォントサイズやその他の設定がほぼすべてハングルになっており、簡単に設定が可能です。 Business Calendar Proは、現在見てみると、英語のみ出ますね。 ハングルの言語設定があるか分かりません。 (多分、ハングル翻訳のために英語に設定したものでもありますが、思い出せないですね。)

そしてDigiCalは天気アプリと統合されています。 ウィジェットを「スケジュールリスト」として選択すると、天気(曇り、晴れ、雨などの記号)と最高気温、最低気温が一緒に表示されますね。 地域は私が住んでいる場所に近い仁川で捕まるのに天気設定に入り、「現在位置を追加」ボタンを押すと現在の位置を知って捕まえて設定してくれますね(Oh, Good)。 天気機能(Weather Subscription)は、おそらく1ヶ月間無料で提供されるようです。 ただ、画面のウィジェットに「リフレッシュ」ボタンがあったらいいのに、設定があるかわからないですね。

複数のタスクを同時に実行する場合は、プロジェクト管理のため、実際のダイアリーやカレンダー(カレンダー)アプリが多くの助けになるでしょう。 Androidスマートフォンを使用する場合は、無料で提供されているDigiCalを使用ヘボショもよさそうです。 そして、より多くの機能が必要な場合DigiCal +のような有料版も大丈夫そうです。


コメントを残す

コメント