Bluehost 共有ホスティング/ VPSで無料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を適用する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

韓国ではよく知られている海外のホスティング会社の一つである Bluehost今年2017年初めにすべてのワードプレスのインストールについて無料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を提供すると発表しました。

ブルーホストで 共有ホスティング(Shared Hosting)を使用している場合は、無料Comodo SSL証明書を適用することができます。 (Let's Encryptだと思った確認してみるComodo証明書ですね。)

※ブルーホストのインタフェースが変わり、多くの変化がありました。 ブルーホスト共有ホスティングを利用する場合、ブルーホストにライブチャットで連絡して、ドメインやサブドメインでSSL証明書をインストールするよう依頼すると、ブルーホストの担当者がSSLをインストールしてアドレスをhttpからhttpsに変えてくれることでしょう。 (例えば、ライブチャットで次のように求めることができます:Could you please install SSL certificate on my domain name "example.com"?)

Bluehost 共有ホスティングでSSL証明書を適用する

共有ホスティングの場合cPanelに移動して上から "WordPress ツール"をクリックします。次に セキュリティ タブをクリックします。

Bluehost SSL  -  Bluehost 共有ホスティング/ VPSで無料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を適用する

無料のSSL証明書Onに設定します。 その後、自動的にすべてのhttpアドレスが分かってhttpsに変更されます。

接続する時間帯に応じてTimeoutエラーが発生する可能性があります。 その後、再試行するか、別の時間帯に試して見れば良いようです。 私は二、三回ほど試みて成功することができました。

Additional SSL Options(追加SSLオプション) 横の View All(すべてを表示)をクリックしてみれば Renewal(更新) オプションを確認して設定することができます。

SSL Renewal Options  -  Bluehost 共有ホスティング/ VPSで無料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を適用する

Bluehost 共有ホスティングの場合、最初に登録した後に安定化されるまで数日かかる場合があります。 初めて登録すると、多少不安定になることができ、cPanelにも接続がうまくいかない場合もあるようです。 Bluehost 共有ホスティングで管理されているサイトがありますが、最初に少し苦労を食べたが、数日経ってから安定してよく戻ってね。(笑)ただし、ユーザーが集まる時間帯にcPanel接続が円滑でないときがたまにあるようです。

信頼性の高いサービスを必要に応じてVPSがよいのですが、コスト負担になることがあります。 トラフィックが多く安定したサービスが必要な場合には、VPSを超える商品が適しています。

共有ホスティングの中では Sitegroundはが安定した高速なパフォーマンスを見せてくれるようです。 (参考までに WordPress.orgで Bluehost, Dreamhostの、Sitegroundを公式推奨しています。)Sitegroundは、すべてのプランについてLet's Encryptを無料で提供しています。

Bluehost VPSで無料のSSL証明書を適用する

Bluehost VPSでは少し前まで無料、SSLを提供していないが、最近の政策が変わって無料のSSL証明書が提供されます。

無料のSSL証明書を適用するには、cPanelにログインした後、 Security> SSLを選択します。

これにより、SSLページが表示され、無料のワードプレスSSLを提供するというメッセージが表示されます。

WP SSL Bluehost VPS  -  Bluehost 共有ホスティング/ VPSで無料のセキュリティサーバー(SSL)証明書を適用する

WordPress FREE SSLの下にある「始めます」をクリックします。

その後、Comodo SSL証明書をインストールすることができる画面が表示されます。 installをクリックしてインストールを要求することができます。

インストールした後は、Live Chat(ライブチャット)を介して確認してみることをお勧め。 インストールした後に自動更新オプションを選択して与えるようにします。

2019年7月追加: 最近新規にブルーホストに登録した場合、加入時に追加するドメインに対して自動的にSSLが適用されるよう、ブルーホストに連絡してみるとSSLは、手動でインストールする必要がして、自動的にインストールされないという回答をいただきました。 それとともにブルーホストに連絡すると、ブルーホストでSSLをインストールしてくれることができるととですね。 ただライブチャットで連絡してSSLのインストールを要求すると、世話をインストールしてくれることです(例: "Could you please install an SSL certificate on my domain example.com?」)。

SSLは、アカウント内のすべてのドメインに対してインストールが可能です。

SSL can be installed for all the domains in an account。 Free SSl can be installed for any one domain and can be used by all the domains in the account。

おわりに

カフェ24は、最近まで、標準ポート443をサポートしていなくて、セキュリティサーバー(SSL)証明書を適用すると、ドメイン名の後にポート番号を付さなければならない不便さがあったが、最近では、有料SSLを購入すると、標準のポートを提供するとします(外部証明書のも提供しているかどうかは確認する必要があります)。

オレオレというWebホスティング会社の無料SSLを提供する商品を、私置い多くの顧客をドラッグ集めました。 しかし、最近ランサムウェアに感染しているオレオレを利用した多くの顧客が床を受けるようになりました。 今は回復が仕上げされたが、ランサムウェア攻撃のために最小2州で1ヶ月以上のサイトを運営していなかった方が多く、いくつかのサイトは、回復不能とね。

無料SSLを使用する場合 Sitegroundは私 Bluehostを考慮してみることができるようになります。

Linuxについて少し知って Vultr 同じサービスを利用して直接Let's Encryptをインストールし、自動更新されるようにする方法も検討してみることができるようです( "LinuxのUbuntu 16.04 / 16.10でLet's Encryptを設定する(Nginx環境)"参照)。

※参考までに、この記事のリンクをクリックして、Webホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 直接使ってみ経験を通じて長所と短所の両方を記載しようと努力したから、いくつかの点を考慮して、ニーズに最も適したサービスを選択してください。

歌声雨良いホスティングをご希望の場合、ブルーホストを考慮してみることができるようです。 特に このリンクをクリックして、ブルーホスト共有ホスティングに加入すると、月に1ドルが割引された月の最低2.95ドルからサービスを利用することができます。 サイトグラウンドは、他のホスティングより便利で速度も早い方です。 サイトグラウンドは、特に無料のワイルドカードのSSL証明書を提供するため、サブドメインでのSSL証明書をインストールする必要がある場合に便利です。

注:



4のコメント

  1. 証明書のインストールに24時間程度かかるね。

    共有ホスティングの場合、複数のドメインにインストールが可能です。
    インストールしてすぐにhttpsで接続するから、証明書エラーが発生しますね。 (性格急を捨てに言葉です。笑)

    応答
  2. Bluehost VPS( https://www.thewordcracker.com/go/bluehost )は、Let's EncryptはなくComodo証明書が適用さね。 共有ホスティングも同じようです。

    応答
  3. ssl適用のために、海外のホスティング調べていた支援が多くなりました。 ありがとうございます。 ^^

    応答
    • ブログを訪問していただきありがとうございます。

      ちなみにSiteground、 Bluehost、A2ホスティングなど、ほとんどの海外ホスティング会社で共有ホスティングについて無料Let's Encrypt SSL証明書を提供しています。 しかし、HTTP / 1.1規格にSSLを適用すると、速度が遅くなることがあり、セキュリティも何の助けにはならないとします。

      http 1.1 =遅い
      http 2 =高速

      SSL =そう遅いない
      http 1.1 + SSL =ヘル
      http 2 + SSL =高速

      今の時点としては、多くのWebホスティングでは、HTTP / 2をサポートしていないようです。 いくつかのウェブホスティングを利用するサイトをチェックしてみると、ほとんどHTTP / 2をサポートしていないSiteground( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )を利用するサイトでは、HTTP / 2をサポートすることで出ますね。 HTTP / 2サポートするかどうかは、次のサイトでチェックを試みることができます。

      https://tools.keycdn.com/http2-test

      韓国のウェブホスティング会社もほとんどHTTP / 2規格をサポートしていないようです。 (Cafe24 などいくつかの箇所のサイトをHTTP / 2サポートするかどうかをテストするサイトでテストしてみると、すべてHTTP / 2規格をサポートしていないこと出ました。)

      そのためか、(韓国では)普通の速度のためにログイン/決済/お申し込みフォームなどが、歩いて使用するとですね。

      応答