ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Adobeから著作権侵害の疑いの申告を受けた

Last Updated:2021年10月10日| 6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

12月中旬に、Googleから一通の電子メールを受け取った。 誰かが私の文のいずれかを著作権侵害で申告をしたね。

Adobeから著作権侵害の疑いの申告をされている

侵害申告対象は "Dreamweaverにテストサーバーを設定する」というタイトルの文として一昨年に書かれています。

見てみると別の問題がないようだAdobeの私の文を、著作権侵害が疑われる届出を切った。

Adobeから著作権侵害の疑いの申告をされている

米国DMCAを侵害したという内容ですが。 次のように少し難しい表現で侵害の内容を説明しています。

デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)の条項に基づいて、Googleで把握したところによると、サイトに掲載された一部のコンテンツは、米国著作権法によって保護されたコンテンツをバイパスするためのツールとして使用されているようです。 ここでは、暗号化されたか、他の方法でアクセスが制限され、著作権保護コンテンツにアクセスするためのキージェネレータ、メディア復号化プログラム、アクセスコードが該当することができ、これに限定されません。

アクセスが制限され、著作権保護コンテンツにアクセスするためのキージェネレータ、メディア復号化プログラム、アクセスコードというフレーズがあることから見て、おそらくDreamweaverのライセンスキーを生成するためのツールやクラックを配布するサイトに疑われたようです。

いくつかの文が著作権を侵害するもので疑われる場合は、Googleにお届けすることができます。

そして、このような著作権の削除リクエストに対して異議がある場合は異議を申し立てることができます。

まずは異議を提起しましたが、それだけで問題になるの文を削除しました。 Dreamweaverのがもうこれ以上使用されているツールでもなく、実際に文章自体も今の価値がないようです。 そしてAdobeて争ったところまあいいこともないようだよ。

海外では、時々、このブログのドメインのアドレスのために違法の資料をダウンロードするようにしているサイトである行勘違いする場合があるようです。 実際に海外のいくつかのプラグイン開発会社では、このブログがホスティングされている Bluehostでクレームを提起して、特定の文を削除してくれることを要請したこともあります。

参照



6のコメント

コメント

  1. ああ、多くのことがあったんですね。
    うまく解決なるように祈ります。

    常に肯定的に考えると、このサイトが有名の間にこのアップデートになって牽制も入ってくると思います。

    応答
    • ブログを運営しているため、生まれて初めて経験するものたまにあります。(笑)

      初めてこのようなことをあうみる少し不十分に対応した感があります。
      (そうことはないだろうが)、以下の似たようなことをやられたら、さらに積極的に対応する考えです。

      応答
  2. 「海外では時々このブログのドメインのアドレスのために違法の資料をダウンロードするようにしているサイトである行勘違いする場合があるようです。」 - はい。 クラックという単語がそのような意味です。 (笑)

    とにかくアドビのDreamweaver、猟奇ね。 最近IDE全部オープンソースのうえ、誰機能も10年は遅れているDreamweaverのをお金を与え、使用する。よwww

    ディスカスが数ヶ月前からなくなってコメントを残すがちょっと気まずいしました。 (私の電子メールアドレスがオンライン広告会社に売れたり悪用か心配。笑)

    応答
    • 初めてのドメイン名を慎重に定めなければならなかったが、今考えてみると残念感があります。
      アドレスを変えてみようかと考えたが、あまりにも遅い感があっては使用中です。

      2018年には計画してすべてのことが達成されることを願っています。
      新年あけましておめでとうございます^^

      応答
    • 問題となる文を削除ところ現在Google AdSenseで「ポリシー違反」ページでは、広告掲載が停止されたメールが来ますね。

      ちょっと悔しいようで、Googleのフォーラムに加え、この問題をあげました。 問題が解決されると、良くないと、どうしようもないし...そんな心情ですね。

      異議申立の作成文書を見ると、

      私は、私が住んでいる地域の連邦政府裁判所(アドレスが米国ではない場合、カリフォルニア州北部地区)の管轄権に同意し、(c)(1)(C)条の規定により申告書を提出した者又はその代理人からの法的送達を受け入れます。 *

      本人は偽証罰を受けるという条件の下で、上記の記事の内容が誤認や誤って削除または公開中止対象資料に判別され、削除または公開中止されたことを確認します。 *

      上記のようになっています。 「偽証罰を受ける」という文句にあえてこのようなことに巻き込まれる必要はないたく問題となる文を削除たが、今考えてみるとあまり良い考えないようです。 問題がなければ異議申請を提起して決定が出るの待って見ることがより良いようです。

      応答