[ポップソング] Air Supply - Making Love Out Of Nothing At All

ポップソング - Air Supply - Making Love Out Of Nothing At All

仕事を始める前にAir Supplyの曲(Making Love Out Of Nothing At All)を一つ上げます。 エアサプライは、ラッセル・ヒッチコック(リードボーカル)とグラハムラッセル(ギター、ボーカル)で構成された、オーストラリア2人組のグループです。

したとき、エアサプライ音楽にすっかりはまってテープやCDをほぼすべて購入しました。

Googleを検索してみると今ラッセルとグラハムがほぼ祖父があるなりましたね。 (月日の流れは、誰も避けることができないということが感じられますね。)

グループ名がAir Supplyですが、Airは「空気」という意味が一般的ですが、「音楽」、「メロディ」という意味もあります。 おそらくこの点を念頭に置いて名前をつけなかったと思いますね。 空気がなくてはならない要素のように音楽もそうでしょ?

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。