海外ホスティング会社bluehost紹介

0

cafe24を使用している途中のハードディスク容量とトラフィック容量のために、他の企業を知っているよりも、海外のホスティング会社である Bluehost(Bluehost)を利用すれば、 WordPressをサブディレクトリにインストールして簡単に複数の WordPressを運営することができるということを知っていがメーカーに移転しました。

メモ: Bluehost サービスを使用したか今1年6月があるされて行きますね。 これまで利用して経験した内容を新しい記事から作成しました。 更新された内容を この記事で参考してください。 そして商品(プラン)の種類と費用は頻繁に変わりますので、以下の情報は、現在では正確でない場合があります。

この会社のサービスを使用したなるばかりでしたが、その中に経験したことを簡単に紹介したいと思います。 まず、このメーカーの商品を見る次のように提供容量が国内企業とは比較にならないことを知ることができます。

2018_0201追加: Bluehost basicプランの場合月に最低3.95ドルであるが、 このリンクをクリックしてして登録すると1ドルが割引された月の最低2.95ドルで割引を受けることができます(下の価格表は、割引が適用された後の価格です。価格は、いつでも変更されることがあります)。 これにより、登録して、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために推奨されません。 経験を通じて長所と短所の両方を記載したので、いくつかの点を考慮して、ニーズに最も適したサービスを選択してください。 アップデート内容を ここで参考ください。

cafe24は、ビジネス型が3GB5.5GBを提供する一方で、このメーカーのstarter商品は100GBを提供しています。 そしてライブチャットを介してリアルタイムの相談も提供されます。 いくつかを考慮して、大きな心を食べbluehostのstarter商品を申請しました。 (注:後に VPS商品にアップグレードしました。)

そしてまた、付加サービスに申請したサービスが正常にセッティングがでて利用することがなくてライブチャットを介して技術サービスを要求しました。 Bluehost VPS サービスを利用する場合、比較的迅速に技術サービス担当者とのつながりました。 しかし、Starter商品の場合技術者の接続に少し時間がかかる場合があります。

サービスを申請した後、思うようにうまくいかない部分がある場合があります。 その場合、ライブチャットを介して技術サービスを要求するかもしれないが、この会社のヘルプ(あるいはマニュアル)の記事を見てみると、ほとんどの方法が記載されていました。 例えばphpのバージョンが低く実行にならないプラグインがありました。 だからphpのバージョンが高いサーバーに移転してもらう要求するための相談を要請したが、相談の要求をすると待機画面に関連情報を事前にリンクとして提供します(サービス要求の負荷を軽減するための方法でしょう)。 だから提示されたリンクを介してcpanelで簡単にphpのバージョンを変更することができていることを知り、問題を解決することができました。

この会社のサービスの中で最も気に入っている点は、まさに WordPressを任意のディレクトリに簡単に設置できるものでした。 そしてインストールされた WordPress サイトを簡単にSubdomainに接続することができているのも気にしますね。

速度は、サービス商品ごとに少しずつ違いがあります。 Starter商品の場合は、共有サーバを利用するため、他のユーザーのサイトからのトラフィックが発生した場合、他のユーザーのサイトの速度が遅くなることがあります。 利点は、他の共有サーバーも同様です。 VPSサービスの場合、比較的安定した速度を見えます。

最初は使い方とか多くの点で、国内メーカーと異なり、少し慌てたが、全体的に良い選択だと思います。 大容量ハードディスクとトラフィックが必要な場合に適していると思われる。 問題が発生したとき、どうしても海外から対処するのが容易ではない部分は、考慮しなければならないようです。 英語が自由ロオミョン比較的便利に利用できるようになります。

参照

Starter商品の場合は、データエースを作成したいディレクトリに WordPressを自動的にインストールします。 しかし、VPSの商品の場合は、自動インストールをサポートしていないDBを作成した後、FTPを接続して直接フォルダを作成した後、手動で WordPressをインストールする必要があります。 手動でインストールする方法は、 この記事から WordPress ファイルをダウンロードしてインストールする部分を参照してください。 基本的なFTPの使い方は ここを参照してください。

ちなみに私はBuehostに比べて安価なiPageも個人的に使用している懸念とは異なり、速度と安定書面でそれなりにいいようです。 この記事を参照してみてください。

他にも Bluehost古代ディより少し評価が良い Hostgatorのというメーカーもあります。 しかし、Matthew様によると、この三者は、サービスの面でほぼ等しい(良い面で)とね。 Hostgatorの 商品を見てみると Bluehost私古代ディよりも少し安価ほうであるようです。 評価も大丈夫なので、この会社のサービスも検討してみても、大丈夫そうです。 他にも ドリームホスト などがあります。

2016年12月追加:

Bluehostの場合、低コスト(共有ホスティング)の場合、不安である評一部です。 したがってBuehost共有ホスティングは、あまりお勧めしません。 むしろ低コストではiPage Essential PlanやWP Essential Planが大丈夫なようです(参照). Bluehostを考慮した場合には、VPS以上を考慮してみてください。

Bluehost VPSプラン料金プラン(2016年12月5日現在)
Bluehost VPSプラン料金プラン(2016年12月5日現在)

現在VPS Standardが月に14.99ドルで、以前よりも多くの割引価格で提供されています。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください