9月1日からドットコム(.COM)ドメイン供給価格の引き上げ

Last Updated:2024年04月25日| , コメントを残す

ここ数年で、ドットコム(.com)ドメインの登録価格は絶えず上昇しました。 これは、ドットコム(.COM)ドメイン管理機関であるVerisignが供給価格(リーセル価格)を毎年引き上げたためです。 ガビアなどドメイン登録代理店もやむを得ずドメイン価格を引き上げています。

Verisignが9月1日からドットコム(.COM)ドメインの供給価格を引き上げる

.COMリセル価格9.59ドルで引き上げる予定

ドットコム(.COM)ドメイン管理機関(Registrar)であるVerisignは、2021年9月1日に.COM登録および更新費用を7.39ドルから7.85ドルに引き上げ、2022年9月1日には再び8.97ドルに2年連続引き上げました。 Verisignは2023年にも7%の印象を予告しました。 来る9月1日から現在8.97ドルから9.59ドルに引き上げられるそうです。

印象の時期印象前の供給価格引き上げ後の供給価格
2021年 9月 1日7.35ドル7.85ドル
2022年 9月 1日7.85ドル8.97ドル
2023年 9月 1日8.97ドル9.59ドル
.COMドメイン登録費用の推移

2021年7.35ドルから2023年9月には9.59ドルで、わずか2〜3年の間に大幅にドメイン登録費および維持費用が上昇しました。

複数のドメインを持っている場合、重要性を評価してしまうのは思い切って捨てなければならない時点が来たようです。 私は結構多くのドメインを管理していますが、ドメイン維持費用がかなり負担になりますね。 重要度の低いドメインは、思い切って更新を放棄する必要があるようです。

ドメイン登録費用 ドミノ引き上げ予想

Verisignがリセル価格を引き上げるにつれて、ドメイン登録代理店もやむを得ずドメイン登録料を引き上げています。 国内企業は、.COMドメインだけでなく、.CO.KR、.KRなど国内ドメイン登録価格も一緒に引き上げています。

例えば、ガビアは9月1日からCOM、NET、JP、韓国ドメインの新規登録、延長、機関移転価格の引き上げを発表しました(お知らせ を参照)。

ガビアドメイン登録価格の引き上げ

海外企業もドメイン登録料の引き上げを予定していたり​​、すでに反映して引き上げたりもしました。 印象が予告されている場合は、重要なドメインの場合、印象の前に何年もの更新を検討することができます。

ちなみに、一部の企業は、.COMドメインなどを最初の年に安く供給することもあります。 これはドメインを餌としてウェブホスティングなど付加価値の高いサービス利用を誘導するためのものです。 また、ドメイン登録会社は、ドメイン機関の移転を誘導するために機関移転費用(Transfer fee)を安く策定する場合もあります。

たとえば、韓国でもよく知られています ネームチップ(Namecheap)では、5.98ドルでドメイン登録が可能です。

格安ドメイン登録会社Namecheap

登録時のプロモコード NEWCOM598を入力すると割引を受けることができます。

更新時には通常の価格が適用されるため、ドメインが期限切れになる前に他の企業に代理店に移管すると、ドメイン管理コストを削減できます。

実際、これを行うのは面倒ですが、多数のドメインを管理している場合は、この方法でコストをかなり節約できます。 実際、顧客のドメインを管理しながら、この方法で毎年安い場所に機関移転してコストを削減する方がいます。

ドメイン登録/機関移転の際は、ランダムで安価な場所を選択しないでください。信頼でき、安価な場所を選択してください。 時々機関移転をしないようにする企業があるので注意が必要です。 初めて聴く会社の場合はグーグルして評判を先にチェックしてみてください。

参照


コメントを残す

コメント