【海外ホスティング] Siteground 共有ホスティング値下げ

Last Updated:2023年07月17日| , | コメントを残す

海外ホスティング Sitegroundの共有ホスティングプラン値下げ

海外ホスティングの一つである Sitegroundで共有ホスティングプランの一括60%割引して価格を引き下げるとね。 Sitegroundの共有ホスティングプランには、StartUp、GrowBig、GoGeekなどのXNUMXつのがありますが、今回の値下げにより、GrowBigとGoGeek二プランの価格が引き下げられました。

海外ホスティング Siteground

GrowBigの場合7.95usdで5.95usdで、GoGeekの場合14.95usdで11.95usdに引き下げられたようです。

通常、海外ホスティングの共有ホスティングは、ストレージの制限がない場合が多いが、 Sitegroundトラフィックは無制限ですが、プランに応じてストレージと訪問することができ(Visits)の制限があります。 このためか Sitegroundを使用している知人の話を聞いてみると速度がいいし、安定とね。 そして、顧客サービスも大丈夫です。

PC Magazineの評価をみると、利点として、パフォーマンスとセキュリティの向上、自動バックアップ、優れた顧客サービスなどを挙げることができていて欠点としては、ストレージと帯域幅が限られている点を挙げています。 そしてWindowsサーバーオプションがないとします(WordPressを使用している場合、この部分は、問題がないと思われる)。海外ホスティング Siteground

したがって訪問数月に25,000回もしくは月に10万回を超えていない場合 Sitegroundの共有ホスティングも考慮してみるべきものです。 (ある程度大きなブログも月10万セッションを超えません。一日に3,300セッション以上がなければならずそのサイトが珍しいです。)

現在、このブログの場合 Bluehost VPSを使用しているが、現在の訪問者の規模でみると、 SitegroundのGoGeekに変えることが、コストがより低減されると思われる。 (ただし、サイトが現在どの程度安定しており、また、約定期間が相当期間残っているので、当分の間は、 Bluehostを使用してから、約定期間が終了した回考えてみるいたします。)

***追加: 최근 Sitegroundでサイトを移転して管理する作業を担当しています。 Siteground 共有ホスティングでサーバーの位置を「シンガポール」に指定した状態で体感速度が Bluehost VPSと同様に出てくるようです(Avada テーマ基準)。

メモ:


コメントを残す

コメント