【海外ホスティング] iPageでPHP 7.0 / PHP 7.1適用する

Last Updated:2023年07月16日| , コメントを残す

Ipageをは、比較的安価なプランを提供する海外のウェブホスティングの一つです。 共有プランの場合経験上、安価ながら、比較的安定したようです。 軽い WordPress テーマを使用すると、速度に特に問題はありません重いテーマの場合、速度が遅くなることがあります。

しかし、PHP 7.1 / PHP 7.1をサポートするため、PHPのバージョンを7.0または7.1に上方修正すると、速度がどの程度改善されるものと思われます。

私は主にテスト目的でiPageを活用しています。 サイトの操作が必要な場合は、テストサイトを構成してテストすることができ、それなりに便利なようです。 (このブログでサイトの速度をチェックみることができます。)

iPageでPHPのバージョンをPHP 7.0 / PHP 7.1に変更する

iPageの共有ホスティングの一つである WP Essentialを基準に、近年でまでPHP 5.6まで提供した昨日確認してみるPHP 7.1まで適用可能ですね。 iPageで次のようにPHPのバージョンを変更することができます。 (WP Essential Plan目安であり、他のプランやVPSの場合は異なる場合があります。)

Control Panelにログインした後、 Tools> CGI and Scripted Language Supportを選択します。

海外ホスティングiPage

その後、 CGI and Scripted Language Support 画面が表示されます。 「PHP Scripting」を選択します。

海外ウェブホスティング -  iPage

これにより、基本的なPHPのバージョンを訳さしPHPの値を変更することができる画面が表示されます。

海外ホスティングiPage  -  PHPのバージョンを変更する

Select Default PHP Version(基本PHPバージョンを選択)で、目的のPHPのバージョンを選択することができます。 ドロップダウンメニューから目的のバージョンを選択して保存した後に、サイトが正常に表示されることを確認します。 サイトが異常なしで表示されたら Edit your php.ini file for PHP xxでmemory_limitなどのPHPの値を調整するようにします。

たとえば、次のように変更することができます。

php_value upload_max_filesize 64M
php_value post_max_size 64M
php_value max_execution_time 600
php_value max_input_time 300
php_value memory_limit 256M

この時までにPHP 5.6を使用している途中PHP 7.1に変更したところ、懸念とは異なり、サイトがすべて異常なしで表示なりますね。

このブログがホストされている Bluehost(Bluehost)でもPHP 7.0 / PHP 7.1を選択できます(」Bluehost 共有ホスティングでPHP 7適用する"/"Bluehost VPSでのPHP 7適用する注)現在、PHP 7.0を使用していますが、PHP 7.1を選択しているため、このサーバーで動作している一部のサイトでエラーが発生し、問題ではありません。 WordPressにインストールされてテーマやプラグインのためのサイトが正常に動作しない場合があります。

iPage共有ホスティングは、個人のブログや画像などの容量が多く必要なサイト、テストサイトなどの用途で大丈夫なようです。 より安定した高速なサービスをご希望の場合VPS以上のプランを考慮してみることができます。

メモ:


コメントを残す

コメント