【海外ホスティング] iPageでパーミッションエラーが発生した場合

Last Updated:2019年11月24日| , | 2のコメント

iPageは、低コストで無制限のストレージ容量、無制限のトラフィックを、無制限ドメイン接続をサポートし、最近では、PHP 7.0 / 7.1サポート速度まで改善されて、コスト魅力的な選択肢であることがあります。

しかし、子供のページにいくつかの方がパーミッションエラーが発生するというコメントを残してくれて、ここにしばらく見てみましょう。

私もipageを数年前から知っていた一人ですが。
無制限のストレージ容量、無制限の接続ドメイン。
非常に魅力的だったんです。
だから私も利用してみんです。 ドメイン設定の管理がcPanelより面倒なのが多いです。

他のものは分からなくても上に言われたWebホスティングは、私としてはお勧めできません。
パーミッションを1つだけ間違って設定しても、そのパーミッション設定が変更されたファイルに入ったフォルダは使用不可、Webページのエラー表示とするほどなものだ。
パーミッションの設定がちょっとこうかつんですよ。
VPSや専用サーバー部分は分からない。
そしてパーミッションとは関係のない作業をされる方は、どうか分かりません。

私の子供のページを知ったのが、おそらく2012年だったんです。 最近使って、本件2016年イオトグヨ。
2012年時より速度の改善が多くなりました。 But。パーミッションの部分はそのままですよ。

前の問題について初めて認識し、問題の原因がルートに制限があるからだということをiPage担当者と相談しながら知りました。

当時知人のサイトに WordPressをインストールし、iPageが初めてでした。 子供のページの担当者がルートにインストールされてことをサブフォルダに移動し、そのサブフォルダをルートに設定してくれるので、問題が解決されました。 (どのようにしたのかわかりません、以下で説明するドメインPointer機能とは違うようです。)

だからiPageを紹介する文でも、この問題に言及しました。 (しかし、この部分を関心を持って見た方がどのようにおられるかは分かりません。)

WordPressルートより下位のディレクトリにインストールすることをいいようです。 iPageは、セキュリティの問題にルートディレクトリにいくつかの制限があります。 サブディレクトリにインストールしてcpanelのDomainCentralで登録したドメインをそのサブディレクトリに接続(Pointer)させてくれれば良いです。

ルートに WordPressをインストールせずに(あるいはルートに別のCMSプログラムをインストールせずに)サブフォルダにインストールし、そのサブフォルダにドメインを連結させてくれれば、問題が解決されています。

ルートに WordPressをインストールすると、最初は問題がないが、突然奇妙なエラーが発生する可能性があります。 したがって、なるべくサブディレクトリに WordPress などを設置して、ドメインをマッピングさせてくれるのがいいようです。

ドメインを接続させる作業は、iPageにログインした後 Domain> DomainCentralで行うことができます。

【海外ホスティング] iPageでパーミッションエラーが発生した場合、2

もし、このような措置にも問題が解決しない場合、ライブチャットを介して問題の解決を試みることができます。

[box type="info"] ルートにインストールされていてサブフォルダに移動するのが簡単でない場合は、iPage に連絡して問題の症状を説明し、ルートをサブフォルダに移動し、そのサブフォルダにドメインを関連付けることができるかどうかリクエストしても構いません。[/box]

サポートチームに連絡して連絡するときは、問題についてできるだけ詳しく説明することをお勧めします。 問題の症状、どのような状況で問題が発生するのか、そしてどのような措置を取ったのかなど…ただし、英語で話すことに負担がかかる場合、周囲に英語を上手にしている方がいらっしゃると助けを受ければいいようです。 (私に依頼してもいいです。ㅎㅎ)

参考にした時に、問題が解決されない場合があります。 問題を正確に説明していなくてそのような場合もありますが、 担当者の知識レベルが少しずつ違いがあります。 だから、最初の解決がうまくいかないと、少しているが、再問い合わせしてみると、他の担当者が意外に簡単に問題を解決したり、問題の原因を知らせることができます。

2019年3月更新: iPageは期限が切れて終了しiPageにホスティングていた すべてのサイトを Bluehost 共有ホスティングに移動しました。 Bluehost 共有ホスティングは数年前まで不安面があったが、昨年からソンヌンガ安定性が大幅に改善されたようです。 安価にまともなリソースを使用する場合は、まともな選択があります。

メモ:


2のコメント

コメント

  1. 情報提供ともしかしたら助けいただけるかわからない文章書いて見ます。
    子供のページを要する数日間、おそらく20-30回程度消したしたものです。 その理由は、正確に分からないのに上記の作成されたかのようにパーミッションの影響が一番大きいようです。 同じ時期に、Amazonライトセール、フィリピンcパネルホスティング、ロシアのcパネルホスティング社など、世界中の複数の場所の設定が必要ホームページインストールしましたが、他の場所は、すべてやすかった,,子供のページのみ、最初はうまくインストールされた後、いくつかよりインストールすると、このように500単位エラーがトゥヌなど,,あまりに多くのエラーに使用していない試みたお金ネンゲおり、このように何度もしましたリニューアルオープン
    最後とたのが、まだ以上なかった部分お知らせします。 真の中間に速度がすごく離れて知ってみると、私はアイピーを米国に変更したところ、落ち
    解決策(正しいしれません。ただ助けなれ少なくなります。)子供のページで WordPress 押して、自動インストール後に(自動インストールしなければ、初期設定時にパーミッションが644ですべてになります。これは、韓国のホストメカや他の場所でこのようにftpで WordPress ファイルを直接上げた時のパーミッションが、このように644で入れたのです)
    とにかく子供のページでは、単に WordPress インストールクリックしてインストールした後、(真、ここでも記事では、サブと表示ましたが、少し違います。 WordPress 押す前のドメイン登録後の点かをクリックして、サブディレクトリおよびそのサブパスフォルダを書き留めた後、 WordPress 自動インストール時にドメイン名のみを選択してインストールすると、自動的にサブディレクトリに自動的にインストールされます。)
    その後 WordPressが当然良いです。 さて、この時正しい分からない設定画面でハングル部分に一つチェックしていない。 つまり英語版のみ見えるのです,,そうなので、まだホームページが正常に出てくるリニューアルオープン,,,参考希望とお知らせします。
    また、少し意外インゲ初期の子供のページで自動 WordPress インストール時はジェトペクなど別のプラグインをインストールようになります。 ところが、この状態でサイトの速度をチェックするとすごく速いです。 ところがジェトペクなどが速度食うようプラグインをすべて消せるのだろう(有料テーマソルジ前)、かえって速度が悪く行う,,,不思議東洋紡,,この部分もお知らせします

    応答
    • こんにちは?

      経験談を教えていただきありがとうございます。

      iPageホスティング期間が満了され、子ページでホストれたサイトをすべて Bluehost 共有ホスティングに移動しました。 (本文の内容をこれに合わせて変更しました。)

      iPageはURLにハングルが入るとエラーが発生し、SSL証明書を無料で提供しないため不便な点がありました。 「安い味」に利用したい場合は考えてみましょう。 期限切れになる前にiページにSSL証明書を提供するかどうかを問い合わせましたが、提供する予定がないという話を聞いて移転を決意しました。

      楽しい週末と休日送ってください。

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy