[海外のウェブホスティング] iPageでサブドメインを作成する

Last Updated:2020年09月09日| コメントを残す

iPageは、比較的安価な海外Webホスティングサービスを提供する海外Webホスティング会社です。 最低価格でiPage Essentialプランがあり、月1.99ドルで無制限のスペース/トラフィックを提供します。 個人的には、このEssentialプランを使用していますが、比較的信頼性が高くスピードも大丈夫です(「iPage.comホスティングユーザー」を参照)。

iPageではハングルのURLがサポートされず、無料のSSL証明書が提供されていなくて、子供のページは終了しました。 この記事を作成した後、多くの変化がありました。 この記事を作成当時(2016年度)には、 BluehostSSL証明書が提供されていなかったが、数年前から無料のSSL証明書が提供されており、2020年9月現在のPHP 7.4をサポートします。

参考までに 下のバナーをクリックして Bluehostに加入すると、月1ドル割引された月の最低2.95ドルからサービスを利用することができます。 手ごろな価格のホスティングをご希望の場合まともな選択があります。 下のバナーをクリックして Bluehostに登録すると、私はいくつかの手数料を受け取ることができます。 しかし、私は手数料のために、特定のサービスをお勧めしません。 Bluehostを6年以上使って感じた点は」海外ホスティング: BluehostとSiteGround比較「で説明していますので参考にしてみてください。

安価なWebホスティングサービス -  Bluehost

海外WebホスティングiPageのサブドメインを作成する

参考までに Bluehostの低コストのサービスは、多くの場合、不安定になるという評があります。 Bluehostを考慮すれば、低コストではなく、中・低価格型のVPS以上のプランが望ましいと思われる。 (現在このブログは Bluehost VPSを使用しています。)

iPage Essentialプランが低コストでありながら、比較的速度と信頼性がまともな方だから、パーソナルサイトやテストサイトが必要な場合はiPage Essentialプランも考慮だけのようです。 企業サイトの場合、VPS以上のプランが望ましいと思われる。 iPageで注意する点の一つは、Rootに WordPressをインストールすると、問題が発生することができるという点です。 Rootにインストールせずにサブディレクトリを一つ作って WordPressをインストールしてドメインをリンクすると、単に問題が解決します(「WordPress インストールとドメインの接続 – iPage" 注). または、昨年他の iPage サイトで同様の問題が発生し、カスタマー センターに連絡したため、カスタマー センターの担当者がサブディレクトリが Root になるように設定してくれました。

iPageでサブドメインを使用する

iPageは、サブドメインを無制限に設定することができます。 参考までに Cafe24でファーストクラスの商品以上からサブドメインをサポートします(2016年10月初め現在)。

Cafe24でファーストクラス以上の商品のみのサブドメインをサポートします。
Cafe24でファーストクラス以上の商品のみのサブドメインをサポートします。

iPageでは、次のような簡単なプロセスに基づいて、サブドメインの設定が可能です。

  1. まず、Rootを基準にサブディレクトリにホームページを作成します。 仮に WordPress 自動インストール機能を使用して /デモ サブフォルダに WordPressをインストールすることができます。
  2. 次にcPanelで DomainCentralをクリックして、 DomainCentralに入ります。
    domaincentral
  3. ドメインのリストが表示されたら、そのドメイン名をクリックします。
    iPageサブドメインの設定
  4. 上記のような画面が表示されたら、「サブドメインタブ(1)をクリックし、(2)のサブドメイン名(例: demo.example.com)を入力します。 そして(3)に該当するホームページが実際インストールされているサブディレクトリ(サブディレクトリ)をルートディレクトリを基準に指定します(例えば、 /デモ).
  5. WordPressを基準に説明すると、自動的にインストールされて WordPressにログインし、伝言板(ダッシュボード)の 設定>一般から WordPress アドレスサイトのアドレスを変更できます。
    WordPress URLとサイトのURLを変更する

今サブドメインを使用して接続が可能となります。 追加可能なサブドメインの数に制限はありません。

メモ:


コメントを残す

コメント